【東京でアートな旅を】芸術の秋を味わいたい!おすすめオシャレ美術館

9月に入り、一歩ずつ秋が近づいてきましたね。
今回ご紹介するのは、「○○な秋」と称される一つ、「芸術」です!
アートなスポットを巡って、より日本の秋を感じましょう!
大人女子の皆さんにオススメしたい都内の美術館をご紹介します。

東京都写真美術館(目黒)

出典: Instagram

カメラ女子が増えている今おすすめなのが東京都写真美術館です。
なんと2016年9月3日に、開館20周年を記念してリニューアルオープンしたんです!
オープンの皮切りとして開催されるのは、杉本博司の「ロスト・ヒューマン展」。週末を迎えようとする歴史や文明、また廃墟などの倒錯した世界観が楽しめます。世界初の展示となる作品も公開されるそうですよ。
観覧料は大人1000円。月曜日が休館なので注意してくださいね!



21_21 DESIGN SIGHT(六本木)

出典: Instagram

2008年にオープンした比較的新しい美術館です。
安藤忠雄さんが手がけた建物は光の加減や人の影なども計算して作り込まれています。地上一階、地下一階という贅沢な建築設計に加えて、中の空間も広々としてとっても快適です!世界一長い一枚の鉄板でつくった屋根と世界一長いガラスの窓もステキなんです。
時期によって展示内容が変わるものの、市民参加スペースが設けられていて、自分の手で芸術を作ることもできるようになっています。9月25日までは「土木展」が開催されていますよ。デジタルな最新技術と、職人のアナログな手作業は圧巻です!
入館料は1100円。火曜日は休館日になります。



森美術館(六本木)

出典: Instagram

なんと地上53階に位置するのが森美術館。窓からの眺めも良く、美術館ながらに開放的な雰囲気を味わえます!
現代性と国際性を理念に掲げている森美術館では、芸術に詳しくなくても楽しめる現代アートの展示が多く取り扱われています。
来年の1月まで開催されるのは「宇宙と芸術展」。天空の美術館に宇宙への入り口が開きます。また、9月11日まではスカイギャラリー内にて「ジブリの大博覧会」が開催中です。東京六本木でジブリの世界に入り込むことができます!
入館料は展示ごとに異なります。火曜以外は22時まで開館しているので、お仕事帰りにも立ち寄ることができるのも嬉しいですね(火曜のみ17時まで)。



国立新美術館(六本木)

Monica F.さん(@mfanx)が投稿した写真

出典: Instagram

未来志向な曲線で描かれた建物にまず感激してしまうのは国立新美術館です!ユニークさは建物だけでなくもちろん展示そのものも。とっても親しみやすい美術館なんです。
広い美術館では、9月中はルネサンス展とダリ展の両方が楽しめます。しかし国立新美術館の魅力は展示内容だけでなく、レストランも併設しているので一日ゆっくり楽しめるところです!フランス料理界の大御所が手掛けるレストランは、このために美術館に足を運ぶ人もいるほど。また、日本土産にぴったりな一品が見つかる「スーベニアフロムトーキョー」というショップでは、日本人にとっても魅力的な品々が見つかるでしょう!毎週火曜日は休館です。



原美術館(品川)

@puravida411が投稿した写真

出典: Instagram

もともとは館長、原俊夫さんの祖父である実業家の原邦造さんの自宅だった原美術館。そのため建物や庭にも情緒あふれる魅力がたっぷりです。
うねる廊下や細い階段は、原美術館でしか味わえません。
また、観賞の途中にはガラス張りのイタリアンカフェで休憩もとることができます。もちろんワインもいただけるので、優雅な美術館ツアーのしめくくりのもぴったりです!来年の一月までは、快楽の館として耽美なヌード写真が展示されます。休館日は月曜です。



いかがでしたか?
大人の女子力を磨いて高貴な女性に一歩近づくチャンスです!
週末はぜひ美術館でアートに触れてみてください!

【関連記事】

このまとめに関するキーワード