【日本三景】松尾芭蕉も愛した松島のパーフェクトガイド!グルメに観光を楽しもう!

amanaimages

日本三景のひとつである松島は、宮城県松島海岸にある大小260もの島々がある景勝地です。紺碧の穏やかな海に浮かぶ白い岩礁と緑の松のコントラストは美しく、日の出や夕日は時を忘れて魅入ってしまうほど。かの有名な「松島や あぁ松島や 松島や」という俳句は、俳聖松尾芭蕉が奥の細道で松島に訪れた際、松島の絶景に見とれて句が浮かばなかったとの逸話も残されています。今回は、意外と知られていない松島と伊達政宗のつながりや、松島で食べて欲しいグルメスポットなどをまとめてみました。

松島島巡り観光船

@photo_____15がシェアした投稿

出典: Instagram

その美しさから昔から絵画になったり、歌に詠まれた松島の島々。名勝松島の島々を巡ることができる「松島島巡り観光船」では、400名が乗れる大型の定期船「仁王丸」に乗船し、湾内を50分かけてゆったりと楽しむことができます。ペット同伴も可能で、ベビーカーも一緒に乗せることができるのでファミリーでもOK!予約をすれば、15名以上の団体向け中型船、12名以下の個人・グループ向け小型船を貸し切って40分ほどの島巡りを楽しめますよ。大型船では近づけない場所や浅瀬にある島まで行けるのが魅力です。美しい景色を眺めれば、一句浮かんでしまうかも?

 ■松島島巡り観光船
 -営業時間:9:00~15:00(毎時00分の出航。繁忙期は30分出航の臨時便あり)
 -定休日:年中無休(台風時などは運休あり)
 -料金:大人(中学生以上)1500円、子供750円、小学生以下無料
 -TEL:022-354-2233
 -住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内98-1
 -アクセス:JR仙石線 松島海岸駅から徒歩3分
       JR東北本線 松島駅から徒歩15分
 -URL:公式HPはこちらから


出典: GoogleMap

ニュー松島観光船

出典: Instagram

松島湾内だけではなく、塩釜湾からのコースもある「ニュー松島観光船」。松島Bayクルーズは、塩釜港から松島海岸までを50分ほどかけて巡るコース、松島湾内を50分ほどかけて巡るコース、塩釜港から松島湾を巡り塩釜港に戻るコースの3コースがあります。塩釜港と松島を巡回しているので、どちらも観光したい場合には特におススメです。前日までの予約で2名よりナイトクルーズが可能になっています。四季の食事とライトアップした島々を楽しむことができますよ。

  ■ニュー松島観光船
 -営業時間:9:00~15:00(塩釜発は14:00最終)
 -定休日:無休(年末年始は休み)
 -料金:松島-塩釜コース・松島-松島コース 大人1500円~子供750円~
塩釜-塩釜コース 大人2000円~子供1000円~
 -TEL:塩釜営業所022-365-0997 松島営業所022-355-0377
 -住所:塩釜営業所 宮城県塩釜市港町1-4-1マリンゲート塩釜2F
松島営業所 宮城県宮城郡松島町字町内98-1 県営レストハウス内
 -アクセス:塩釜営業所 JR仙石線塩釜駅から徒歩10分
松島営業所 JR仙石線松島海岸駅から徒歩5分
 -URL:公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

丸文松島汽船


出典: Instagram

様々なイベントを行ったり、独自のコースを巡っている「丸文松島汽船」。浅瀬でも航行できるため、島を間近に鑑賞できます。松島や塩釜のお店で使えるクーポンサービスも!要予約の良良っちゃ(いいっちゃ)チケットなら、遊覧のほか笹かまぼこの手焼き体験、焼き牡蠣(1個)がついて1500円! 当日予約可能なので、クルーズと美味しい体験の両方を欲張っちゃいましょう。1月7日~3月12日の金・土・日・祝日には、牡蠣鍋と牡蠣フライなどの食事をしながらクルーズできる「かき鍋クルーズ」を運航(要予約)。松島の美しい景色を見ながら三陸の新鮮な牡蠣を楽しむチャンスですよ!

 ■丸文松島汽船
 -営業時間:9:00~15:00(塩釜発着は10:00~14:00)
 -定休日:無休(台風時などは運休あり)
 -料金:塩釜-松島コース・松島-松島コース 大人(中学生以上)1500円~子供1000円~
塩釜-塩釜コース 大人(中学生以上)2000円~子供1000円~
※お得な割引チケットあり(要予約)
 -TEL:022-354-3453
 -住所:松島乗船 宮城県宮城郡松島町松島字町内98-1 松島海岸レストハウス2番窓口
塩釜乗船 宮城県塩釜市港町1丁目4-1 マリンゲート塩釜
 -アクセス:松島乗船 JR仙石線松島海岸駅から徒歩5分
塩釜乗船 JR仙石線塩釜駅から徒歩10分
 -URL:公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

福浦橋

@hashi_corがシェアした投稿

出典: Instagram

松島海岸と福浦島を結ぶ252mの長さの朱塗りの橋である「福浦橋」は、素敵な出会いがある「出会い橋」と言われており、松島観光でははずせないスポット。橋からは海側からの五大堂を見ることができ、橋を渡った先にある福浦島は、300種を超える植物が自生する自然公園。潮風を受けながらゆっくりと島を散策すれば、草木がすぐそばに生えている小さな砂浜や、弁天堂、甘味やおみくじがある茶店があり、見晴台からは松島の風景を楽しむことができます。ここからの朝焼けや夕焼けは一見の価値あり!夜はライトアップもされているのでより一層きれいにみえるかもしれません。

 ■福浦橋
 -営業時間:11月~2月 8:00~16:30
3月~10月 8:00~17:00
 -定休日:無休
 -通行料:大人200円、子供100円
 -TEL:022-354-3457
 -住所:宮城県宮城郡松島町松島福浦島
 -アクセス:JR仙石線松島海岸駅より徒歩12分
 -URL:公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

双子島

松島海岸から遊覧船に乗ると、福浦島の次に見えてくるのが双子島です。陸寄りに浮かんで見えるこの島は、細長い方の島が鯨島、丸い方の島が亀島といいます。確かに悠々と泳いで背中から潮を吹いているクジラと、長生きして甲羅に苔の生えた亀にも見えてきますね。奥にある散策コースの雄島から見る双子島はとても美しく、写真におさめるのもこちらからのアングルがおススメ。遊覧船から見える双子島とは違う顔を見せてくれますよ。朝焼けと夕焼けの風景は時を忘れてしまうほどの美しさです。

 ■双子島
 -住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内98-1
 -アクセス:JR仙石線松島海岸駅から徒歩10分(各遊覧船乗船)



出典: GoogleMap

このまとめに関するキーワード