【新たな名所!?】一度は行ってみたい四国の秘境駅まとめ

出典:photoAC

毎日の通勤・通学時間帯は、駅のホームも電車も大混雑で、もううんざり!という経験をしたことがある方も多いはず。でも今回紹介する「秘境駅」は、列車の駅でありながら利用客が圧倒的に少なく、しかも駅から絶景が楽しめるんです!

そんな、鉄道ファンだけでなく観光客の間でもひそかに話題を呼んでいる、四国の鉄道駅をまとめました。


JR予讃線(よさんせん) 下灘駅【愛媛県】

れいなさん(@rekiid)がシェアした投稿

出典:Instagram

下灘駅は、「日本で一番海に近い駅」として知られており、その美しさから数々の映画やドラマのロケ地になりました。まるで海の上に駅が浮かんでいような不思議な光景は、ぜひ一度自分の眼で見てみたいですよね!

線路に沿って国道378号線が通っているので車や自転車でアクセスする方も多いそうです。


Ryotaさん(@1203.ryota)がシェアした投稿

出典:Instagram

ちなみにこのレトロな赤い列車「伊予灘ものがたり」は、休日限定の観光列車でしかも1日に4本しか運行しない、とっても貴重な車両なんです。豪華な車内では、旅の気分を盛り上げるお食事も楽しめるそうなので、これはもうチェックするしかありません!


JR土讃線(どさんせん) 坪尻駅【徳島県】

出典:Instagram

なんとも歴史を感じる雰囲気の坪尻駅。こちらの駅は、現在利用客が1名しかおらず、周囲も山や森に囲まれているので、まさに秘境駅の中の秘境駅といえるのではないでしょうか。

自然の中にひっそりとたたずむ駅舎は、小さいながらもきちんと整備されており、ネット環境にも問題はないそうです。そんな観光客にも優しい坪尻駅で、非日常を味わうのもいいかもしれませんね!


JR土讃線 新改駅(しんがいえき)【高知県】

出典:Instagram

新改駅は、坪尻駅と並んで四国に二つしかないスイッチバック駅です。列車が坂道をジグザグに移動する光景は国内では珍しいので、気になっている方も多いはず。しかしこの新改駅で列車を利用できるのは、1日に5~7回ほどなので、しっかりと下調べをしてから見学したほうがよさそうです。

また、線路と同様、駅前の道路もすぐに行き止まりになっているので、車で向かう方は、注意してくださいね。


JR予讃線 串駅【愛媛県】

出典:Instagram

こぢんまりとした駅舎が目印の串駅は、下灘駅の隣に位置しています。秘境駅巡りをする上で、予讃線はどうやら外せないようですね!

串駅のホームには小さな待合室しかないので、切符は車内販売を利用するのが一般的だそう。いつも乗っている列車とは違う乗車方法に戸惑う方もいるかもしれませんが、そんなちょっとした不便さだって旅の醍醐味です。

列車やホームからの眺めを楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごしてくださいね♪


JR予讃線 北川駅【高知県】

mahoさん(@momochimo_)がシェアした投稿

出典:Instagram

予想外の光景に、思わず二度見してしまった方もいるのではないでしょうか。実はこちらの北川駅、橋の上にあるんです!橋上にある駅は日本全国でも珍しく、やはり多くの鉄道ファンの間で話題になっているそうです。

それにしても、どうしてこんなところに…と思うかもしれませんが、昔この駅も地上にあって、頻発する土砂災害を避けるために橋上に移動したんだそうです。利用客が1日8人という秘境駅ぶりですが、古くから地元の方々に守られてきた素敵な駅は、ぜひ訪れたいところですね!


同じ列車といっても、地域によって景色やサービスに様々な特徴があらわれていましたね。誰も行ったことがないような秘境駅の写真をSNSにアップすれば、話題になること間違いなし!ぜひいろいろな列車を乗り比べて、秘境駅巡りを楽しんでみてくださいね♪


【関連記事】

このまとめに関するキーワード