【初心者でも大丈夫!】インドで安全&楽しい&コスパよく満喫する方法

出典:Smartrip編集部

みなさんはインドと言えば何をイメージしますか? カレー? タージマハル? 行ったことはないけれど興味はある!という方は少なくないはず。今回は、インド旅行に行ってきた筆者がおすすめするインド、特にニューデリー付近の観光スポットをご紹介します。インドに呼ばれた人は必見ですよ!


<建造物編>


写真撮影NG!アクシャルダム寺院

出典:Instagram

こちらは、世界一大きなヒンドゥー教寺院として有名なアクシャルダム寺院です。敷地内はとても広く、多くの人でにぎわっていました。建物内は非常に美しい彫刻がほどこされており、何時間でも見ていられそうなほど…! メインの建物の他にも、アトラクションのようなものも楽しめます。


注意点は、携帯を含む荷物を入り口で預けなければならないこと。寺院内は撮影禁止のため、カメラも預けなければなりません。目と心にしっかりと焼き付けましょう! また、寺院内は靴を脱いで預けなければなりません。筆者が行った時間帯は太陽がもろに照り付け、歩くときに足の裏がとても熱かったです。靴下を履いていった方が安心かもしれません(笑)



出典:Googleマップ

伝統衣装をレンタルしてタージマハル観光

出典:Instagram

インドと聞いて思いつく人が多いタージマハルは、やはり観光の鉄板ですね♪ 白く輝く大理石や柱に埋め込まれた宝石が、とても幻想的です。そしてここでも手荷物は回収されるので、車などに置いておくことをおすすめします。入り口ではミネラルウォーターと、建物の白さを守るために靴を覆うビニールが渡されますのでご安心を。

タージマハルの正面は絶好の撮影ポイントなので、伝統衣装であるサリーを着て写真撮影も思い出作りにGOODです! ちなみにサリーは、タージマハル周辺にあるお店で日本円で約4,000円(着付け込み)でレンタルできます。タージマハルは有名な観光名所なだけあり、リキシャの客引きや売り付けがしつこいです。断るときははっきりと、そして無視する勇気も大事だと思います。



出典:Googleマップ

<ショッピング編>


ぼったくりに注意!コンノートプレイス

@hariyan1216がシェアした投稿

出典:Instagram

ニューデリーにあるショッピングができるエリアです。アパレルショップやレストランなどが並んでいます。筆者は『ファブインディア』という雑貨店をのぞいたのですが、化粧品やスパイス、衣類など種類が豊富でした。オーガニックのボディスプレーが約2,000円で手に入ります。

値段が格安というわけではありませんが、質が良い商品がそろっているので、お土産によろこばれますよ♪ ただし、コンノートプレイスは客引きが特に多いので、ぼったくりに合わないよう気を付けましょう! 



出典:Googleマップ

サロジニナガル・マーケットは下調べマスト!

Hey Delhiさん(@hey.delhi)がシェアした投稿

出典:Instagram

サロジニナガル・マーケットは、衣類や雑貨がずらりと並んだマーケットです。お店が所狭しと並び、とても活気づいています。カラフルなパンツやトップスがそろっているので、気に入ったものがあればぜひゲットしてみてください。私のおすすめはアジアンパンツです♪ 1点約200円で買うことができました! その他にも、色とりどりのサリーや生地が売られているので見ているだけでも楽しいです。ローカルな雰囲気を味わいたい方はぜひ行ってみてください。

一方で同じローカルな場所でも、『チャンドニーチョーク』に行くときは少し注意が必要です。こちらは“ザ・インド”なお店や人がひしめき合っています。一歩裏道に入ると危険な香りがしたり、空気がよくなかったりと好き嫌いが分かれる場所に感じました。事前に下調べをしてから訪れることをおすすめします!



出典:Googleマップ

【番外編】インドプチ情報

MACHIさん(@tkdmc)がシェアした投稿

出典:Instagram

筆者のインド旅行は5泊6日でした。トランジット有のプランでしたが、5つ星ホテルの宿泊も含めて約85,000円! タージマハルがあるアグラ観光のツアー(約12,000円)と、その他食費や交通費(約6,000円)を合わせて、トータルで約10万3,000円でインドを満喫できました♪ 

ホテルに関しては、5つ星でさえ辺りの治安は良くはなさそうだったので、なるべくきちんとしたところをおすすめします。格安ホテルの相場は約870円、高級ホテルの相場は約1万400円と、かなり差が開きます。安ホテルの場合、シャワーのお湯が出なかったり、場所がわかりづらかったりといったトラブルがあるそう。筆者が泊まったホテルでは、ジムで運動したり、ビュッフェで朝食をとったり、コンシェルジュに観光のアドバイスをもらったりできました。インド初心者の方には、中級以上のランクのホテルが安心だと思います☆


出典:Instagram

移動手段は、リキシャ、タクシー、メトロを利用しましたが、コツをつかめばメトロがとても使いやすかったです。リキシャについては、しつこいくらい乗る前に値段を確認するのが大事! 筆者は、約2,600円で丸一日リキシャを貸切る交渉をしたにもかかわらず、なにかと理由をつけて目的地に連れて行ってもらえなかったので(笑)値段交渉がうまくいけば、インド独特のスリルを味わえていいと思います。


インドは紹介しきれない見どころがたくさんある素晴らしい国です! 日本とは違う刺激的なことがあふれています。ぜひインドの魅力を体験してみてください♪


【関連記事】

このまとめに関するキーワード