【日本三景】松尾芭蕉も愛した松島のパーフェクトガイド!グルメに観光を楽しもう!

amanaimages

松島佐勘 松庵

出典: Instagram

松島海岸の対岸に位置する岬の突端にある、広い敷地に11室のみの隠れ家的なお宿「松島佐勘 松庵」。松島の観光地とは違った松島の風景を静かに見ることができます。余計な気を遣わずくつろげるように配慮してくれるスタッフの心遣いが嬉しく、喧噪から離れた宿なのでどの部屋からもさざ波の音が聞こえるほど近くで松島の海を眺めることができます。ゆっくりと滞在できるよう、チェックインは早めの14:00、チェックアウトは遅めの12:00というのも嬉しいですね。新鮮な地産の素材を使った料理もちょうどよい量で美味しく味わうことができます。宿から岬へ抜ける遊歩道にはハーブが植えてあり、岬からは美しい朝日や夕日を見ることができますよ。

 ■松島佐勘 松庵
 -チェックイン:14:00
 -チェックアウト:12:00
 -定休日:無休
 -TEL:022-354-3111(9:00~19:00)
 -住所:宮城県宮城郡松島町手樽字梅木一番地
 -アクセス:JR仙石線 高城町駅から車で8分
 -公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

ホテル松島 大観荘


出典: Instagram

松島駅・松島海岸駅・観光桟橋・たいかん亭を巡回している専用シャトルバスが便利な「ホテル松島大観荘」は、大規模なリゾートホテル。大浴場の内風呂と露天風呂は松島湾に面しており、特に露天風呂は湯船が海側に大きくせり出しているため、海に浮かんでいるかのような一体感を味わうことができます。大浴場は日の出に合わせてオープンするので、少し早起きしてのんびり露天風呂に浸かりながら日の出を迎えるなんていかがでしょうか。夕食もオープンキッチンの地産素材を使ったビュッフェ、和食料亭、懐石料理、本格中華、海鮮バイキング、地産素材を使ったレストランと6つの会場から選べるのもポイントの1つですね。

 ■ホテル松島大観荘
 -営業時間:日帰り入浴11:30~15:00(男風呂、月・水は13:00~15:00、女風呂、水・金は13:00~15:00)
 -日帰り入浴料金:大人800円、小人500円
 -定休日:無休
 -TEL:022-354-5214
 -住所:宮城県宮城郡松島町松島字犬田10-76
 -アクセス:JR仙石線松島海岸駅から専用シャトルバスで5分
 -公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

松島四大観


出典: Instagram

日本三景である松島を一望し、260余りの島々を眺望できる名所が「四大観(しだいかん)」です。それぞれの眺めの印象を表す「麗観(れいかん)」「偉観(いかん)」「壮観(そうかん)」「幽観(ゆうかん)」という言葉で称されており、「壮観」大高森の山頂からは360度に湾景が、「麗観」富山の山頂にある大仰寺の庭からは趣のあるしっとりとした松島の景観を臨むことができます。また、「偉観」多聞山の断崖からは打ち寄せては砕け散る雄大な波の様子が、「幽観」扇谷は山頂から松島湾の入り江が扇のように見え、幽玄な松島の全景を楽しむことができます。

 ■四大観
 -大高森:住所・東松島市宮戸 アクセス・JR仙石線野蒜駅から登口まで車で15分、山頂まで徒歩20分
 -富山:住所・松島町手樽三浦 アクセス・JR松島海岸駅から車で10分、山頂まで徒歩20分
 -多聞山:住所・七ヶ浜町代ヶ先浜 アクセス・JR多賀城駅から車で15分、山頂まで徒歩6分
 -扇谷:住所・松島町松島桜岡入 アクセス・JR松島海岸駅から車で5分、山頂まで徒歩3分
 -URL:公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

みちのく伊達政宗歴史館


出典: Instagram

仙台藩主である伊達政宗公の生涯を忠実に再現、伊達政宗になりきることまでできてしまうのが「みちのく伊達政宗歴史館」。伊達政宗の生涯のストーリーをその場面ごとにリアルな「ろう人形」で再現してあり、まるで時代劇を間近で見ているよう。映画やドラマで製作されているのと同じ本格的な甲冑を着て撮影ができる「甲冑着付け体験」(有料)も人気。東北名産であるこけしに絵付けができる体験もあります。軽食スペースでは、熱々の牛タン串や焼き牡蠣、牡蠣フライを食べることができ、喫茶では限定の政宗パフェ・戦国パフェをいただけます。

 ■みちのく伊達政宗歴史館
 -営業時間:9:00~17:00
 -定休日:無休
 -入館料:大人1000円、小中学生500円、未就学児無料
 -TEL:022-354-4131
 -住所:宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂13-13
 -アクセス:仙石線松島海岸駅下車 徒歩10分
 -公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

藤田喬平ガラス美術館

出典: Instagram

2002年にガラス工芸家として初の文化勲章を受章した、世界的に有名な藤田喬平氏の珠玉の作品や、数々の美しいガラス製品を観覧することができる「藤田喬平ガラス美術館」。「これに何を入れるのか」と問われ「夢を入れる」と答え大喝采を浴びた、ガラスとは思えないような箱である「飾筥」をはじめ、ヴェネツィアの光と色彩を取り入れたランプや花瓶のほかにも様々なアート作品を観ることができます。定期的に開催されるガラス展も、可愛いものや美しいものがたくさん。幻想的で美しい水上庭園や外観も一見の価値ありです。

 ■藤田喬平ガラス美術館
 -営業時間:9:30~17:00 ※企画展最終日9:30~13:30 ※月末最終日9:30~15:30
 -定休日:直近の休館日は1/11(水)~1/12(木)、1/30(月)~2/2(木)、3/6(月)~3/9(木) 他はWEBサイトか電話でご確認ください
 -入館料:大人・大学生1200円、小・中・高校生700円、未就学児無料
 -TEL:022-353-3322
 -住所:宮城県宮城郡松島町高城字浜1-4
 -アクセス:JR仙石線 松島海岸駅から車で5分
 -公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

このまとめに関するキーワード