【躍動感溢れる大地】北海道ニセコの魅力を存分に知るための観光スポット

amanaimages

革と珈琲 fan fun

出典: Instagram

個性的なお店が集まるニセコ界隈において、さらに異彩を放っているのが、皮細工の女性インストラクターがオーナーを務める「革と珈琲 fanfun」です。その名の通り、羊蹄山を眺めながらコーヒーが飲めるだけでなく、バックや財布やキーホルダーなど、オリジナルの革製品を販売しています。レザーワーク体験も行っており、ブレスレットや携帯ストラップ、ワンちゃん大好きな方には、オリジナルの首輪も制作できます。それほど製作時間はかかりませんので、ドライブの途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

営業日・営業時間:10:00~17:00
問い合わせ先:TEL0136-43-2626

出典:GoogleMap
アクセス:JR函館本線 ニセコ駅からタクシーで約10分
公式HP:公式HPはこちらから

鉄板焼 ピルカ

出典: Instagram

たまにはリッチな気分で食事をしたい。そんな気分の時にはヒルトンニセコビレッジの2階にある「鉄板焼 ピルカ」に行ってみましょう。ゴージャスな雰囲気の中、最高級ビーフ、シーフード、地元の新鮮野菜が目の前で調理されます。お酒も充実していて、いつも20種類以上の日本酒・焼酎をご用意。リラックスした雰囲気に中で最高の時間を過ごすことができます。なお、ディナーだけでなくランチのコースもあるので、そちらもおすすめですよ。

関連ランキング:鉄板焼き | 比羅夫駅

出典: 食べログ

グランヒラフ

Margauxさん(@margaux900)がシェアした投稿

出典: Instagram

「グランヒラフ」は東急リゾートサービスが経営する日本屈指のゲレンデです。標高1,200 m 、コース数31本とスケールが大きく、リフト数12本、ゴンドラ1基が稼働しています。正面には羊蹄山を眺め、凍えるように寒い早朝にはダイヤモンドダストがきらめき、また時期によっては雲海が広がり、幻想的な景色を見せてくれます。世界屈指の雪質を誇り、サラサラのパウダーを求めて世界中からスキーヤーや、スノーボーダーが訪れ、国際的な雰囲気を醸し出しています。自信があれば、ゲレンデ外に出ることもできますが、危険な場所も多く存在しますので、注意して楽しんでくださいね。

営業日・営業時間:8:30~20:30
問い合わせ先:TEL 0136-22-0109

出典:GoogleMap
アクセス:JR函館本線倶知安駅からタクシーで30分
公式HP:公式HPはこちらから

ニセコフロマージュ

@nacchel7がシェアした投稿

出典: Instagram

「ニセコフロマージュ」はプロスノーボード選手、関規明さんが開いた工房です。関さんは全日本選手権優勝、長野五輪スノーボードのコーチを務めるなど、輝かしい功績を収めた方ですが、心機一転してチーズ牧場で修行を重ね、2000年に余市町に工房をオープン。2005年にニセコに移転しています。自慢のチーズはカマンベールからウォッシュタイプまで6種類あり、セミハードタイプの「山のチーズ」、ウォッシュタイプの「ニセコウォッシュ」は、2009年に開催されたALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストで優秀賞を受賞しています。おススメはクッキーのようなクリスピーチーズ。パリパリの食感で噛むほどに濃厚な味が口に広がります。ワインやビールのつまみに最適ですよ。

営業日・営業時間:通年 5月~11月 土日のみ営業 10:00~17:00 定休日:5月~11月 月~金 
※11月下旬~4月下旬まで冬期休業
問い合わせ先:TEL 0136-44-3471

関連ランキング:アイスクリーム | ニセコ駅

出典: 食べログ
アクセス:JR函館本線 ニセコ駅からタクシーで20分
公式HP:なし

ニセコ詩風音工房&Cafe味楽屡ゆきや

出典: Instagram

「ニセコ詩風音工房&Cafe味楽屡ゆきや」はJR函館本線ニセコ駅の裏手にあり、駅から徒歩でアクセスができます。「海の家」のような店構えで、コーヒーやケーキのみならず、うどんやそばの文字も並びます。メニューは、お米のケーキセット、お米のうどん、鴨なべやき、鴨なべ黒千石大豆&ミスニセコ豆富・チーズ・ヨーグルトと、バラエティ豊か。なかでも、テイクアウトできるシフォンケーキは人気なので、一度食べてみてください。

営業日・営業時間:10:00~17:00/ランチ11:00~14:00 時間外予約可. 定休日:月曜日・火曜日
問い合わせ先:TEL 0136-44-1400

関連ランキング:うどん | ニセコ駅

出典: 食べログ
アクセス:JR函館本線 ニセコ駅徒歩10分
公式HP:なし

ニセコの魅力は何といっても躍動感。もともと住んでいた住民と、ニセコに惚れ込んで移住した住民が、「ニセコが好き」という共通点のもと、より魅力的な街にしようとするエナジーが、ひしひしと伝わってくるのです。そんな夏も冬も「熱い」ニセコで、楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。

このまとめに関するキーワード