【ひたち海浜公園だけじゃない】全国の青い絨毯はココ!美しいネモフィラ穴場スポット

出典:Smartrip編集部

ネモフィラという花をご存知ですか?美しい凛とした青い花で、昨年は茨城県のひたち海浜公園が書籍化もされた「死ぬまでに見ておきたい!世界の絶景」に選ばれたことで話題になり、たくさんの人が訪れていました。
ですが、ネモフィラ畑があるのはひたち海浜公園だけではありません!人を気にせずネモフィラを鑑賞できるスポットをご紹介します!


ネモフィラって?

Jun Fさん(@organic_power)がシェアした投稿


出典: Instagram

こちらは、「死ぬまでに見ておきたい!世界の絶景」に選ばれた茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園の「みはらしの丘」。一面に広がる瑠璃色の絶景は、思わず言葉を失ってしまいますよね。これが日本で見られるなんて本当に驚きです。

ネモフィラの見ごろは4月下旬から5月中旬。GWは毎年大混雑のようです。ちなみにネモフィラは時間の経過とともに色が薄くなってしまう花。早めに行くのがおすすめです。そんな大混雑のひたち海浜公園以外にも、この青の絶景がみられるスポットがあるのでご紹介いたします。

国営昭和記念公園(立川)

TOSHiさん(@toshi_10432)がシェアした投稿


出典: Instagram

都内で唯一ネモフィラが鑑賞できるのは、立川にある国営昭和記念公園。ほかにも様々な花が植えられているので、4月下旬なら桜やチューリップと、5月上旬ならポピーやフジ、ツツジなどとも一緒にネモフィラを楽しむことができるんです!ネモフィラの植えてある渓流広場下流の丘には、リナリア、カリフォルニアポピーが一緒に植えられており、それぞれ水色、赤紫色、オレンジというとっても春を感じられるカラーリングが楽しめるんです。
ちょうどネモフィラの時期はフラワーフェスティバルが開催中。通常大人410円、子供80円の入場料が4/29の昭和の日は無料になるんです。この機会にぜひ訪れてみては?


国営武蔵丘陵森林公園(埼玉)


出典: Instagram

埼玉にあるこの国営公園は、東京ドーム約65個分の大きさを誇る日本で最初の国営公園です。西口ひろば花畑に広がるネモフィラは早くも見ごろ。画像では3分咲きなんだそうですが、これでも一面空色ですよね。ネモフィラ畑はなんと4000平方メートルに約10万本が咲いているんです。
ほかにも今見ごろの植物はアイスランドポピーやクリスマスローズ、そして散り始まっている桜やチューリップ。別名昇り藤と呼ばれるルミナスも、そろそろ開花がはじまります。埼玉の地でゆっくりと草花鑑賞を楽しみたい方におすすめです。

横須賀くりはま花の国(神奈川)

IORIさん(@iorknst)がシェアした投稿


出典: Instagram

ポピー園内に咲くネモフィラがつつましく可愛らしくみえるのが、横須賀にあるくりはま花の国。ポピーもアイスランドポピー、紅白に咲くをつけるシャーレーポピー、オレンジ色のカリフォルニアポピーの3種類咲いているんです!くりはま花の国は入場料無料でペットの入場もOKの公園なので、愛犬と美しいネモフィラとのコラボ写真も撮れちゃいます。
また、くりはま花の国はハーブ園があることでも有名で、ハーブ味のソフトクリームや季節のハーブの湯を無料で楽しめる足湯などもあるので、日中遊ぶことができるのが魅力です。


国営明石海峡公園(兵庫)

Yukiさん(@etoy6)がシェアした投稿


出典: Instagram

西日本でネモフィラ畑があるのは、兵庫県淡路市の国営明石海峡公園。ポプラの丘にはおよそ9万株のネモフィラが植えられているのです。花壇にまとまっているのではなく、青い川のように道を描いて咲くネモフィラはとっても気分が涼やかになります。ネモフィラのほかにはリビングストンデージーが鮮やかに、デルフィニウムが艶やかに迎えてくれます。また明石海峡公園からは海も見え、ネモフィラの青、空の青、海の青…と美しい青に身すべてを包み込まれるような体験ができてしまうんです。
西日本のお住みの方は是非一度訪れてみてください。


可愛らしく凛としたネモフィラ。
落ち着いた環境でゆっくり鑑賞したいなら、今回ご紹介したような穴場を狙うのが絶対におすすめです!
今年こそこの青の絶景を実際に目にしてくださいね。


【関連記事】