「女性なら誰でも、一生に一度だけ願いを叶えます」女性限定最強パワースポット!

皆さま、初めまして!

福井、愛知のテレビ局のアナウンサーを経て、フリーランスとして活動している名越涼子です☺

休日はもっぱら田舎散策、畑・牧場巡り。温泉、サウナ大好き。“健康”と名のつくものは食べ尽してきた健康オタク。類まれなる“シブい趣味”を持っていると自負しています(笑)

散策好きが高じて、気づけば自分の引き出しがマニアックな情報の宝庫に。

いつでもアンテナ高く!掘り出し物を見つけた時のような“わくわく”を発信していきます!よろしくお願いいたします♪

 

さて記念すべき一回目は

その効力が凄まじい、最強のパワースポットをご紹介!

いやはや・・・ここは、本物でございます・・・。

最後までお楽しみあれ・・・・・♪

 

↓↓↓↓↓↓↓

あなたに、どうしても聞きたいことがある。

これまで、何度恋愛の神様にお願いをしてきただろうか。

そして、そのご利益は・・・???

 

かくいう筆者。

「恋愛成就」「縁結び」と名がつく神社は有名なところからマニアックなところまで全国津々浦々巡ってきた。

 

常時5つは持っている恋愛守り。(どんだけ守られとるねん!)

恋愛のおみくじに一喜一憂し、新たなパワースポットを求めて海を渡ることもしばしば。(この前は台湾まで行っちゃったよ!)

 

筆者はもちろんのこと、そんな女性たちの経済効果たるや大変なことに・・・

そうだ、日本経済にちゃんと貢献している!

少しくらい恩恵を受けてもよいのではないか!

 

「あぁ・・神様、仏さま・・・一体、私はいつ運命の人に出会えるのですかああああああああ(爆)

 

 

(´;ω;`)ブワッ

 

そんな悲痛な叫びに共感した女性の皆さまに、朗報!

過去何年にも渡って続けてきた「恋愛成就行脚」に、とうとう終止符が打たれる時が来るかもしれないのだ!

 

なぜなら、日本に

どんなことも1つだけなら叶えてくれる、女神さまがいらっしゃるのだから!!!!!

 

しかも

女性限定でね!!!!!

 

 

そう、

たった1つ。たった1つだけ願いが叶うとしたら、あなたは何を願うだろうか。

 

写真1-2
 

やってきたのは

三重県鳥羽市相差町(おうさつ)。

伊勢志摩サミットが開催された「伊勢志摩エリア」にある、海女と漁師の港町である。

 

名物の伊勢海老をはじめとした海の幸の宝庫であり、

昔から受け継がれてきた海女文化が今なお息づく歴史あるところなのだ。

 

写真2-2
 

そんな相差町の氏神様が、神明神社(しんめいじんじゃ)。

1888年から天照大神の主宰神として祭られている、由緒正しき神社である。

ここに、「石神さま」と呼ばれる神様・・もとい、女神さまが鎮座されている。

 

そう、この「石神さま」こそ女性の願いを何でもひとつだけ叶えてくれる

スーパー女神さまなのである!

 

写真3-2
 

神明神社の参道にある小さな社には休日ともなれば

全国各地から胸に様々な想いを秘めた乙女たちがやってくる。

 

恋人がほしい!結婚したい!子どもが欲しい!

という願い事はもちろん、

出世したい!事業で成功したい! というのも、あり。

女性の社会進出が著しい昨今では願い事も多様化してしかるべき。

そのほか、病気やダイエットなど基本的になんでもあり

なんとも心強い女神さま!!!!

 

写真4-2
 

ただ・・ただですよ。何でもありっていうけど・・・本当に本当に、叶うの?!

 

はい。

気になるのは、その効力。

 

実際に叶ったというエピソードで有名なのがマラソン金メダリストの野口みずきさん。

アテネオリンピックの時に「石神さん」のお守りを持って走ったら優勝できた!とのこと。

そのほか

元バレーボール全日本代表選手の益子直美さんが「結婚できますように!」と願ったところ

なんと3か月後にプロポーズされ結婚した!というのも有名なお話。

ご本人のブログでも喜びが綴られているので必見!

また、オセロの松嶋尚美さんと吉岡美穂さんも番組ロケで訪れ2年もたたないうちに2人とも結婚された!というお話も。

 

なんてこったい・・・

こうなったら、ご利益にあやかるしかない!

 

では、参拝方法♪

 

石神さんに直行したい気持ちを抑えて(←ここ、大事。)まずは神明神社へ参拝。

しっかりと自分の名前を伝えて氏神様にご挨拶を。

その後、参道を戻りながら石神さんの社へ。

 

写真5-2
 

桃色の用紙に願い事を書き、鈴を鳴らして願い箱へ。

お賽銭を納めて二礼二拍手一礼。

 

写真6-2
 

せっかくなので

地元の海女さん手作りのお守り「ドーマンセーマン」をゲットしよう!

 

石神さん
 

海女の磯着に見立てた麻の布に、貝紫色で文字書きしたもの。

どこか温かみを感じられるのは、手作りならでは。

 

で、この謎のマーク。

伊勢志摩の海女さんたちが魔除けのために手ぬぐいなどに縫い込んでいるマークなのだ。

 

 

格子縞がドーマン、星のマークがセーマン。

 

星のセーマンは、一筆書きで必ず同じ場所に戻ってくる、ということから

潜水しても必ず浮上できる、という意味が込められていて

格子縞のドーマンは出入り口がわかりづらく悪魔が入りにくいため“トモカズキ”といわれる悪霊から逃げられると信じられているのだそうだ。

 

野口みずきさんも持っていたと言うし、

これはなにやらものすごいパワーがありそうだ。

 

ちなみに、遠方でなかなか来られない、という人のための

郵送袋付きお守りセットも売られているので

同じ境遇で悩んでいる人、恋愛スポット行脚している友人へのお土産にぜひ!

 

さて、筆者はというと

とある番組の取材で初めて石神さんへ行って祈願してきました!

 

良質な筋肉の男性と出会えますように←

 

この願い。

 

なんと叶ってしまった!!!!!!!

 

 

さすが石神さん!

 

しかし、これ・・叶ったのが

 

途中まで。

 

そう・・・・途中まで!!!!

 

(; ・`д・´)

 

“途中まで”という残念な結果の原因(筆者推測)は、

ディレクターがスタジオで願い事を書いた紙を撮影したい、とのことで

祈願用紙を持って帰ってきてしまったことにある。(と、思われる)

 

海に向かって叫びたい。

なんてことしちゃったんだよおおおおおお

 

 

ん?

 

でも・・・でも

 

待てよ???

(‘ω’)

 

と、いうことは。。。。

 

と、いうことはですよ???

 

私、一生に一度の願い事、まだ半分残ってる??!!!!

 

今年中に残りの分を願ってこようかな???(笑)

 

 

なにはともあれ、石神さんのパワー。。。。

 

筆者もお墨付きの成就力、なのである。

(みんなはちゃんと最後まで祈願してね!)

 

こちらもCheck!
>>今ドキ女子は運気もデトックス! あなたの運命を変える浜松の奥地にあるスーパー神社とは

 

ぷらっとグルメ

せっかく鳥羽にきたのだから美味しい海の幸を。

伊勢湾で育まれた新鮮なグルメをいただける「梵天」

梵天
写真9-2
住所:三重県鳥羽市相差町1213-2
電話:0599-33-6039

◆神明神社
住所:三重県鳥羽市相差町1385
http://www.toba-osatsu.jp/ousatu_miru.php
〜アクセス方法〜
公共交通機関:近鉄・JR鳥羽駅・近鉄鳥羽駅からかもめバス国崎行きで40分「相差」下車、徒歩5分
車:伊勢二見鳥羽ライン鳥羽出口から国道167号経由35分

Writer: 名越涼子

フリーアナウンサー/プランナー 福井・愛知のテレビ局を経て独立。テレビやラジオ出演の他、北海道の農業団体をプロデュースするなど“食”分野でも活躍中。神社仏閣・温泉巡り・畑巡りなど類まれなるシブい趣味を持つ。『旅をしながら仕事する』をモットーに全国各地を行脚中。
Instagram: @nagoshi_ryoko
Twitter: @nyagoing
HP: 名越涼子 オフィシャルブログ