ic_mapオアフ島

ヒーリングスポットへ癒やされに行こう!

山下 マヌー

スマートリップ・ハワイ編集長

山下 マヌー

アラモアナでショッピングしたり、ワイキキで美味しいものを食べ歩く・・・。そんな連日浮かれ気分のハワイを過ごすのもいいけれど、たまにはヒーリングスポットに行ってみるというのもいいものです。「理由はよくわからないけどなぜか癒される場所」だったり、「古くからハワイアンに伝わる癒やしの場所」。そんなヒーリングスポットの中から観光客でも手軽に行ける場所をピックアップしてみました。但し、中には神聖な場所もあるということを忘れずに出かけてください。

 

ダイヤモンドヘッド

ワイキキビーチから眺めることはあっても、山頂まで登ったことがあるという人が意外に少ないダイヤモンドヘッド。ハワイアンにとって癒やしの場所でもあり、心の故郷的な存在でもあるダイヤモンドヘッド。ハワイ好きなら一度は登らないとダメだと思います。途中険しい箇所もあったりするので、スニーカーで出かけます。料金所から約1時間半で頂上に。ワイキキの街と海を太陽が照らし、海が輝き出す朝の時間はまさにマジックアワー。他に登る人の数も少なく、頂上の絶景ポイントで心ゆくまで写真が撮れるのも早朝ならでは。

 

プウオマフカヘイアウステートモニュメント

「自分が癒やされる」場所、そこがヒ―リングスポット」というハワイアンの伝に従えば、ノースの小高い丘の頂上にあるここは、自分にとっては相当なヒーリングスポット。古代ハワイアンの人々が神聖な儀式などを行っていたとされるヘイアウが設けられているそんな場所でもあるので、癒やされるのも当然といえば当然?

ヘイアウの先の獣道のようなトレイルを草をかきわけ進み、突き当たりの絶壁に佇めば、聞こえてくるのは風の音と海の音だけ。ワイメア・バレー一望という絶景も加わった、文句なしのヒーリングスポット。

 

ケアイワ ヘイアウ

オアフの島に数あるヘイアウの中、唯一の“ヒーリングヘイアウ”なのがこちら。後方には緑の森、前方にパルハーバーを見下ろす高台にあるここは、風が抜ける心地よい場所で、まさにヒーリング=癒やされる空間。16世紀、医療や治療などを施す場所として作られたというのに納得です。

ヘイアウから更に先に登れば、絶景トレイルコースアイエアループ入り口。ヘイアウと絶景の両方が体験できる、貴重なシークレットプレイスでもあるんです。

 

マカプウヒーリングプール

右手にマカプウ灯台、左手にラビットアイランドを望む海岸線にある幾つもある潮溜まり。実はここ、その昔は潮溜まりごとにそれぞれ「これは00に効く」「こっちは00に」と、目的ごとに体を清めていたたそうです。

この場所に限らず、そもそもハワイの人々は海に浄化作用があると考えていたと、というのは知られた話です。

 

カヴェヘヴェヘ 

ワイキキビーチのアウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチの前もまた、治癒力とヒーリング効果がある場所としてハワイアンの間に知られていた場所。上から見ると、周囲ではこの界隈だけサンゴ礁がなく砂地が延びているのは、水が湧き出ているためです。古代ハワイでは真水と海水が融合した場所にマナが宿ると考えられ、このあたりに宿るマナの力はとても強いことで有名。「毒素を流すためにカヴェヘヴェヘに浸かりなさい」と、ハワイアンから言われたなんていう話を以前何かで読んだことを覚えています。

といいうように、普段観光で訪れている場所の近くにもヒーリングスポットがあるということがおわかりだと思います。是非自分だけけの「ハワイに癒やされる場所」を見つけてみてください。

PREV

モロカイ島・・・“陸の孤島”カラウパパ

モロカイ島・・・“陸の孤島”カラウパパ

NEXT

裏オアフ、ドライブ途中に寄りたい3店

裏オアフ、ドライブ途中に寄りたい3店

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP