【東京・横浜・埼玉】“オクトーバーフェスト 2016”へGO!本場のビールで乾杯しよう!

ドイツ・バイエルン州の州都ミュンヘンで毎年開催されている世界最大規模の祭り“オクトーバーフェスト”。
1810年以来ミュンヘン市内中心部のテレージエンヴィーゼで9月半ばから10月上旬に開催され、そこには毎年約600万人の人が会場を訪れています。

そんな“オクトーバーフェスト”は数十年前から日本にも上陸していましたが、最近その規模がどんどんと拡大し、全国各地で開催されるようになりました!

今回は、今からでもまだ間に合う関東で開催される“オクトーバーフェスト”をご紹介します!

日比谷オクトーバーフェスト 2016

出典: Instagram

9月9日(金)〜 19日(月・祝)に東京・千代田区にある日比谷公園で開催される「日比谷オクトーバーフェスト 2016」。
東京で最もメジャーな開催地であるここでは、約2週間のあいだ巨大なビアテントが立ち並び、世界中から集ったビールファンが1リットルジョッキを片手に飲んで、歌って、踊る活気溢れるイベントです。

本場の“オクトーバーフェスト”でも人気なビールや、ドイツ直輸入のソーセージを中心とした料理も取り揃えています。

出典: Instagram

日時: 9月9日(金)〜 19日(月・祝)
場所:日比谷公園(千代田)
料金:入場無料 ※飲食代は別途


さいたまオクトーバーフェスト 2016

mai♡さん(@dada_maimai)が投稿した写真

出典: Instagram

埼玉では今年で3度目の開催となる、屋外開催の「さいたまオクトーバーフェスト 2016」。
本場ミュンヘンのお祭りに比べると小規模ではありますが、本場さながらの雰囲気を再現するためにテーブルやイス、グラス、ビールタップなどは全てドイツ製のものが使われています。

また、大宮駅西口から徒歩4分と交通の便もいいので、仕事帰りにも気軽に寄ることができますよ!

大佐さん(@ryo_4200)が投稿した写真

出典: Instagram

日時:9月22日(木)〜10月2日(日)
場所:鎧塚公園(大宮)
料金:入場無料 ※飲食代は別途


横浜オクトーバーフェスト 2016

出典: Instagram

ドイツの建築様式を一部に取り入れた歴史的建造物が立ち並ぶ赤レンガ倉庫ならではの、本場に限りなく近い雰囲気を楽しめる「横浜オクトーバーフェスト 2016」。14回目の開催となるこの会場では、このイベントのために作られた限定のフェストビアを含めた過去最多となる130種類以上のビールが用意されています。

フードでは、ドイツ最高位マイスター(ハム職人)であるロー・シャイダー監修のソーセージや、伝統の郷土料理であるアイスバインなどのメニューが豊富に展開されているので、存分に食べて飲んでと楽しむことができそうです!

出典: Instagram

日時:9月30日(金)〜 10月16日(日)
場所:赤レンガ倉庫(横浜)
料金:入場料¥300 ※飲食代別途


お台場オクトーバーフェスト 2016

@thaicheeが投稿した写真

出典: Instagram

潮風を受けながら日本初上陸の樽生ドイツビールやフード100種類以上を楽しむことができる「お台場オクトーバーフェスト 2016」。
ドイツからやってきた楽団による生ライブで歌って踊って楽しめたり、ドイツ民族衣装“ディアンドル”のレンタル(女性限定)もあるので本場の雰囲気が味わえること間違いなしです!

観光やレジャー、ショッピングとなんでも揃っているお台場へ行ったついでに、参戦するのもいいかもしれませんね!

f.yukoさん(@f.yuko44)が投稿した写真

出典: Instagram

日時:9月30日(金)〜10月10日(月・祝)
場所:シンボルプロムナード公園 セントラル広場(お台場)
料金:入場無料 ※飲食代別途



本場ドイツのビールやフードを思いっきり楽しむことができる“オクトーバーフェスト”。
多くの開催地ではグラスの使い捨てや破損などを防ぐために「デポジット制」が採用されているので、ビールを購入するときにグラス代(約1000円)を預け、帰るときにグラスを返却すると代金が戻ってくる仕組みになっています。

ちなみに、ドイツ語で「乾杯」は「プロースト」と言います。
みなさんもお友達と、恋人と、家族と、はたまた見知らぬ誰かと一緒に、元気よく「プロースト!」と乾杯してみてください!


【関連記事】

このまとめに関するキーワード