【どうしても行きたい街】小樽観光に外せないグルメとスポットでのんびり旅

amanaimages

にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸)

Lynseyさん(@lynseys14)がシェアした投稿

出典: Instagram

にしん御殿小樽貴賓館は当時最新の技術を取り入れ、一流の大工に作らせたという、豪華絢爛たる建築物です。見て惚れ惚れする程、美しい建造物です。また、樹齢100年以上の赤松も見どころ。平成22年、国より登録有形文化財に指定されており、現在ではお食事処もあるので庭園を眺めながら絶品のニシン料理を食べることもできます。窓からは日本海を一望でき、中庭にもこだわりがあります。貴賓館自慢の季節に応じた花々が美しいと話題で牡丹やツツジ、桜などが見られます。

■にしん御殿小樽貴賓館
営業時間:9:00~17:00
入館料:大人(中学生以上)1080円
     子供(小学生)540円
※団体割引(10名様以上)970円(子供はありません)
TEL:0134-24-0024
住所:〒047-0047 北海道小樽市祝津3-63
アクセス:中央バス小樽水族館行きに乗車約20分
公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

小樽天然温泉湯の花「手宮殿」

Mihokoさん(@pocochums)がシェアした投稿

出典: Instagram

小樽天然温泉湯の花は天然の源泉が流れる温泉施設です。温泉の種類も豊富で何度来ても飽きません。アルカリ性の良質な温泉で健康増進にも効果抜群。やさしくやわらかな泉質なので、小さいお子様から女性までうれしい温泉です。女性にとても嬉しい岩盤浴もあり、旅の疲れを癒す場所として最適です。また手ぶらで行っても400円のレンタルセットがあるので安心です。併設されている大広間では飲食もでき、温泉上りにビールを一杯、ということも楽しめます。10時30分から22時のラストオーダーまでゆっくりくつろぐことができますので、旅の疲れを取る場所としてオススメです。

■小樽天然温泉湯の花「手宮殿」
営業時間9:00~23:00
入館料:大人(中学生以上)650円
    小学生(6~12歳)300円
    幼児利用料金(1~5歳)100円
    幼児(0歳)無料 
TEL:0134-31-4444
住所:〒047-0041 北海道小樽市手宮1-5-20
アクセス:小樽駅前より「高島3丁目」行き約10分にて手宮1丁目バス停下車
公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

小樽市手宮洞窟保存館

出典: Instagram

小樽市手宮洞窟保存館は今からおよそ1,600年前頃の物だと、洞窟内で発見された彫刻画により判明したそうです。大正10年にはその価値が認められて国指定史跡となり、その後昭和61年には修復保存作業をし、現在に至ります。数千年前の歴史に触れることができ、貴重な体験ができます。さらに貴重なポイントは、日本国内で壁面彫刻が見られるのは小樽市手宮洞窟保存館、余市ふごっぺ洞窟の2ヶ所だけだというところ。貴重な指定史跡を見にいくのも、歴史好きな方におすすめです。

■小樽市手宮洞窟保存館
営業時間:9:30~17:30
入館料:一般100円、高校生・市内にお住まいの70歳以上の方50円、中学生以下無料
※団体利用(20人以上)の方は2割引です
※身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介護者の方は無料です
※総合博物館の共通入館券・定期入館券(年間パスポート)をお持ちの方は、有効期限内に限り無料で入館できます

TEL:0134-33-2523
住所:〒047-0041北海道小樽市手宮1-3-6
アクセス:タクシーJR小樽駅より約15分
公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

長橋なえぼ公園

出典: Instagram

長橋なえぼ公園は自然に触れることのできる森林公園で、野鳥が多く生息しており、天然記念物のクマゲラに出会えるかもしれません。また、約3,000本のエゾヤマザクラがあり、小樽の桜の名所としても有名です。園内の森の自然館には公園内の動植物の資料や図書コーナーなどもあったりと、自然の情報センターとなっています。お子様と自然に触れ合う機会にぴったりな場所です。さらには、鳥のさえずりを聞きながらのんびりとお散歩するのもおすすめです。事前にウォーキングコースのパンフレットを貰っておくと公園の見どころを把握することができます。

■長橋なえぼ公園
TEL:0134-32-4111
住所:小樽市幸1-53
アクセス:中央バス「苗圃通(なえぼどおり)」下車徒歩約10分
公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

神威岬

@xxmaa85xxがシェアした投稿


出典: Instagram

神威岬は日本海側に大きく突き出た積丹半島の先端にある岬です。灯台に向かう遊歩道は断崖絶壁にへばりつくようにして伸びていて、そこから見える景色はかなりの迫力です。小樽海岸国定公園に属しているだけあって、海がとても綺麗で積丹ブルーと言われるほど。積丹ブルーといえば、有名な積丹ブルーソフトクリーム。ミルク味にほんのりとしたミント味がさっぱりとしておいしいソフトクリームです。昔は神威岬に伝わる伝承により岬一帯への女性の立ち入りが禁止されていて、現在にも岬へと向かう道には女人禁制の門があります。なお、現在は男女関係なく自由に入れるので安心ぜひ足を運んでみてください。

■神威岬
住所:〒046-0321 北海道積丹郡積丹町神岬町
アクセス:JR小樽駅前~美国 (75分)
公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

このまとめに関するキーワード