【江戸の街並みを感じて】日本各地の”小江戸”を観光!おすすめ食べ歩きグルメ

出典:写真AC

よく街並みを表すのに使われる「小江戸」。みなさんの地方ではどこが小江戸と呼ばれているでしょうか。

「江戸時代を感じさせる町」として使われる小江戸と比喩される都市は全国各地に広がっています。どこも観光やお散歩、食べ歩きに最適な落ち着く街並みなんです。日本各地で小江戸めぐりをしてみませんか?

小江戸の代表といえば…埼玉県川越市

出典:smartrip編集部

出典:smartrip編集部


「小江戸」と検索して一番頭にくるのが、蔵造りの街並みが残る埼玉県川越市です。休日にはたくさんの観光客がお散歩を楽しんでいます。名物はサツマイモ。様々なお店でサツマイモを使ったおまんじゅうやソフトクリームなどが売られています。

中には菓子屋横丁と呼ばれる、昔懐かしいお菓子ばかりが売られている通りや国の重要文化財に指定されている大沢家住宅という1792年に完成した建物まで。

出典:smartrip編集部

出典:smartrip編集部


川越には行列グルメがかなりあるんです。親子丼と卵サンドで有名な川越オハナや東京に、も進出している頑者ラーメンの本店、またうなぎ屋さんも多く存在します、そんななかでもおすすめなのが、こちらの「ねこまんま焼きおにぎり」。蔵造りの街並みのなかでもおそらく最長の行列グルメでしょう。味はかつお節といわし節の2種類。それぞれを混ぜ込んだおにぎりを炭火で焼き、たれをつけたあとは豪快に節を散らしてくれます。優しいうまみが口いっぱいに広がる絶品グルメです!

関連ランキング:その他 | 本川越駅

出典: 食べログ

舟巡りができる!千葉県香取市佐原


出典: Instagram

千葉県の小江戸は香取市にある佐原。こちらで体験していただきたいのは舟めぐりです。関東で初めて重要伝統的建造物保存地区に指定された古い街並みの残る小野川を舟で約30分ほど散策することができます。古い街並みにしだれ柳を見ながら、船頭さんがお話ししてくれる佐原の歴史や景色についての話に耳を傾けるのは最高のひと時。佐原は測量して日本地図を作ったことで知られる伊能忠敬が30数年暮らしたところでもあり、当時の家を自由に見ることもできるんです。

出典: Instagram

佐原には変わったグルメがたくさんあります。名物のジェラートはなんと醤油味。佐原で作られた生醤油が使われているんだそう。醤油ジェラートが売られえているぶれきめらというお店では、ほかにも薬膳生姜味という変わったジェラートがいただけます。

他にも1782年開業の老舗蕎麦屋、小堀屋本店では日高昆布を練り込んだまっくろなお蕎麦が食べられます。江戸時代から伝わる変わり蕎麦なんです。美容にいいらしいので女性には特におすすめですよ。土日には完売することもあるそうです。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 佐原駅

出典: 食べログ

小江戸と小京都のどちらも名乗る!栃木県栃木市


出典: Instagram

巴波川(うずまがわ)の流れる栃木県栃木市。下野国として交易で栄えた街です。蔵の街と呼ばれていて情緒ある古い町並みが残っています。おすすめは5月。なぜなら川沿いにたくさんのこいのぼりが飾られるからなんです。こちらの川でも舟で遊覧することができます。ワンコもOKなのでペット連れでも一緒にお散歩できますよ。

栃木には歴史ある雑貨店も多く、ひな人形や羽子板、和雑貨などを見ながら歩くのがお勧めです。

mokaさん(@mooooka.s)がシェアした投稿


出典: Instagram

江戸天明元年に油やとして創業したおみせでいただけるのは田楽。油伝味噌はとっても香ばしく絶品なんです。田楽はいも、こんにゃく、豆腐の3種類。ひとつひとつていねいに焼き上げてくれます。ビールや地酒も売っているのでぜひ一緒に楽しんでください。

そのほかにも「ALWAYS三丁目の夕日」でロケにも使われた「ALWAYSカマヤ」という洋食店や、こだわりの粒あんを昭和17年から販売している老舗和菓子田「富士屋」など魅力的なグルメがたくさんありますよ!

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 新栃木駅

出典: 食べログ

城下町といえば!滋賀県彦根市


出典: Instagram

西日本の小江戸、といえば滋賀県彦根市ではないでしょうか。ゆるきゃらひこにゃんの存在により一気に日本中に知れ渡った彦根観光は、やはり彦根城から始めましょう。彦根城は1604年より築城され、天守は国宝に指定されているお城です。彦根城からは滋賀県のシンボルである琵琶湖を望むこともできますよ。屋形船でお堀をめぐるのもおすすめです。

彦根城の城下町は「夢京橋キャッスルロード」と呼ばれています。実は年に一度全国のご当地キャラがそろう、聖地とも呼ばれています。

Miyu Sumiさん(@miyusumi)がシェアした投稿


出典: Instagram

彦根に来たら食べておきたいのが、近江牛ですよね。こちらの麺匠ちゃかぽんでは近江牛の入った一代目、二代目、十三代目の三種類の赤鬼うどんを千円と少しでいただくことができます。アツアツの出汁をかけることでお肉への火の入りを見ながらいただくこちらの二代目の赤鬼うどんは絶品。麺ももちもちしていてお出汁もほんのり味噌風味。肉寿司なんかもいただけるリーズナブルなお店です。

キャッスルロードではほかにも、近江牛串やコロッケなど、食べ歩きもできる近江牛グルメがたくさんあります。西日本ならでは、チーズ味ソースでいただけるたこ焼き「たこ壱」もおすすめです。

関連ランキング:うどん | 彦根駅ひこね芹川駅彦根口駅

出典: 食べログ

江戸の街並みが残る都市って結構いろいろあるんです。

その土地の良さと名品がぎゅっと楽しめるよい町ばかりなので、ぜひ訪れてみてくださいね。

【関連記事】