【農協が運営!?】遊園地で農業体験ができる!埼玉県「むさしの村遊園地」

出典:photoAC

休みの日は、家族で思いっきり遊びたい!そんな願いをかなえてくれるスポットが、埼玉県加須市にあります。

敷地内には遊園地エリアと農業体験エリアが設けられており、楽しみながら農業について学べると人気を集めているんです。アトラクションも小さな子どもも遊べるよう工夫されているので、家族でのお出かけにぴったりですよ♪

今回は、埼玉県にあるむさしの村遊園地をご紹介します。イベントの情報なども載せているので参考にしてみてください。


農業体験ができる遊園地!?

micaring39さん(@micaring39)がシェアした投稿

出典:Instagram

むさしの村遊園地は、遊園地エリアにある観覧車が立派な観光スポットですが、一番の特長は、何といっても園内の広大な畑。こちらはJA(農業協同組合)が経営しているので、遊園地にいながら本格的な農業体験もできちゃうんです!


楽しみながら学べる農業体験♪

nozomi.tさん(@nozomi_t211)がシェアした投稿

出典:Instagram

むさしの村最大の魅力である農業体験は、遊園地内にあるわくわくファームでできます。季節によって旬の作物の収穫作業が体験できるので、普段はあまり知りえない農業について身近に感じることができますよ。

冬の農園(12・1・2月)では、いちご狩りをはじめ、ブロッコリー(1個200円)やきゃべつ(1個200円)、ねぎ(5本250円)といった作物が収穫できます♪ いちご狩りは一般(小学生以上)が1,250円、幼児が850円で、30分食べ放題できちゃいます。

当日の申し込みが必要で、開園時間からファミリー館のフロントで申し込みが可能です。ハウスの中は暖かいので、思い切りいちごを味わってくださいね。


toranecoさん(@yakichiyo)がシェアした投稿

出典:Instagram

その他の季節も、たくさんの作物が皆さんをお出迎え。春の農園では引き続きいちご狩り、夏の農園ではブルーベリーや夏野菜、そして秋の農園ではくり拾いや芋ほりなどの秋野菜がもりだくさんです。自分で獲った作物は特別感があっていつもよりおいしいかも?


遊園地エリアには23種類ものアトラクションが!

onkiさん(@onkick)がシェアした投稿

出典:Instagram

園内の遊園地エリアには、サイクルコースターやゴーカートなどのアトラクションが、なんと23種類もあるんです。しかもどれも年齢制限が低めに設定されているので、小さな子どもでも保護者の方と楽しめます。大人にとっては、懐かしさを感じるアトラクションも多いはず。

1日券の他にも、入園料(大人(中学生以上)1,200円、子ども(3歳以上)650円)にのりもの券(11枚つづり1,000円、単券1枚100円)をプラスして楽しむこともできますよ。


どうぶつとのふれあいコーナーもあります

hideさん(@grv1174)がシェアした投稿

出典:Instagram

自然の中で育ったどうぶつたちとふれあうこともできます。ポニー、ウサギ、ヒツジ、ヤギ、ミニブタといった面々が元気よく待っています! 普段あまりどうぶつと一緒に過ごす機会が少ない子どもにいい刺激になること間違いありません◎


3月のイベント情報

むさしの村では、3月にもイベントが予定されています。

3月中旬には、子どもたちに大人気のキャラクターショーが開催予定です。詳しい情報は、公式サイトでチェックしてみてください!

農業体験ができる新感覚の遊園地はユニークなポイントが盛りだくさん。いつもとはちょっと雰囲気を変えたい、家族や友人とのお出かけにおすすめのスポットです☆


休園日:2月1・2・5~9・14・21・28日
入場料金:フリーパス 大人(中学生以上)2,900円
小人(3歳以上)2,300円


公式サイト/むさしの村



出典:Googleマップ

【関連記事】

このまとめに関するキーワード