【年末年始は無料開放!】金沢・兼六園の伝統行事を楽しもう

出典:photoAC

2015年に北陸新幹線が開業して、ますますアクセスが便利になった金沢。古都の街並みが人気で注目を集めていますよね。そんな金沢にある『兼六園』をご存知ですか? 兼六園は、日本三名園の1つに数えられる歴史的文化遺産なんです。

お正月は無料開放もしているので、初めて訪れる方にもおすすめです。この機会に金沢の伝統行事を体験してみてはいかがですか?

『兼六園』とは?

 

최백설さん(@choibaekseol)がシェアした投稿

出典:Instagram

石川県金沢市にある『兼六園』は、日本三名園に数えられる歴史的な庭園です。廻遊式と呼ばれる、土地の広さを活かして全体を遊覧できる造りが取り入れられています。

大きな池や築山(つきやま)、御亭(おちん)、茶屋を巡り、庭園を楽しめます。期間限定でライトアップも行われるのですが、とってもきれいなんです!

 

Y.Yoneさん(@yone_75)がシェアした投稿

出典:Instagram

こちらは、12月9日まで見ることのできた秋の段。今年の冬のライトアップは2018年2月2日~2月20日までです。

『兼六園』の無料開園期間はいつ?

出典:Instagram

日本の庭園の魅力がギュッと詰まった兼六園。実は毎年お正月の期間に無料開園を行っているんです。今年は、12月31日~2018年1月3日に無料開園されます。四季の美しさが色濃く反映される兼六園の中でも、この期間限定の貴重な姿が見られるチャンスです!

開園時間は8時~17時、31日のみ翌日の8時まで終夜開園しているので、年明けを兼六園で過ごすこともできちゃいます! ぜひ温かくして訪れてみてくださいね!

公式サイト/兼六園

出典:Googleマップ

兼六園近くのイベントも欠かせない!

さて、年末年始を金沢で過ごされる方は、兼六園の近くで行われるイベントにも参加してみてはいかがでしょうか? 2つご紹介します。

お正月は無料開館も♪金沢能楽美術館

出典:Instagram

金沢能楽美術館は、1月2日・3日に特別無料開館します。それに合わせ、伝統芸能を間近に感じることができるお正月特別イベントが開催されるんです!

1月2日12時30分からは『御松囃子―加賀藩の謡初』、1月3日14時からは『新春狂言―初笑いは狂言で!』という演目が楽しめます。2018年は、伝統芸能で笑ってスタートしてみてはいかがですか?

公式サイト/金沢能楽美術館

出典:Googleマップ

消防団が大迫力!『加賀鳶(かがとび)出初め式』

出典:Instagram

お正月に金沢に行ったらぜひ見てほしいのが、『加賀鳶』です。加賀鳶とは、金沢の義勇消防団のこと。江戸時代に、加賀前田藩が鳶職人で編成したのがはじまりなんだとか。

お正月は、市内の消防団による、はしごの上での勇壮や一斉放水が見られます。その迫力に圧倒され、冬の寒さも吹き飛んじゃいますよ! 2018年1月7日10時から、兼六園近くにある金沢城址公園の新丸広場で行われます。

出典:Googleマップ

古き良き日本が残る街・金沢。そんな金沢でお正月が迎えられたら幸先の良い一年になりそう! 兼六園をはじめ、お得なこの期間に、金沢ならではのお正月を満喫してみてはいかがですか?

【関連記事】

このまとめに関するキーワード