【梅雨時期の強い味方】雨の日だからこそ楽しめる!室内で遊ぶ都内のスポット

amanaimages

ついに日本の広範囲で梅雨入りしたこの季節。気温的にはかなり暖かくなってきているので、週末はどこかにでかけたい!と思うのは自然なことですが、なんといっても梅雨の季節のお出かけにつきものなのが雨。雨が降ってしまうと外に出る気がしない…そんな人のために、今回は雨の日でも存分に楽しむことのできるスポットをお送りします!

コニカミノルタ満天(池袋)

出典: Instagram

2015年に「感覚の解放」をテーマにリニューアルオープンした、池袋のランドマークであるサンシャインシティー内「ワールドインポートマートビル」の屋上に位置する、コニカミノルタがお送りするプラネタリウム「満天」。最新鋭の投影機を導入し、その輝きは観る人の心をぐっと掴んで離しません!
壁から天井にかけて設置された多数のスピーカーが織り成すサウンドが、素敵な星空の映像と相まって、なんともロマンチックな空間を作り上げています。

こちらの満天では、普通のシートだけではなく「雲シート」と「芝シート」をご用意。普段のプラネタリウムでは体験することのできない感覚で星空を眺めることが可能になっています。こちらのシートはすぐに予約が満席になってしまうので、座れるかどうかは運次第。しかも寝転んで見れてしまうので、本当に寝てしまう人も多いんだとか…!それでもとっても気になるシートですよね!
季節ごとに様々なプログラムが上映されているので、気になるプログラムをチェックしてから訪れてみてくださいね!

▼チケット料金
・プラネタリウム作品
雲/芝シート:2,900円(一律2名まで)
一般シート:高校生以上/1,200円、小・中学生/600円、4才以上/500円、65才以上/1,000円
・ヒーリングプラネタリウム作品
雲/芝シート:3,500円(一律2名まで)
一般シート:1,500円(小学生~大人)※プログラム上、小学生未満は入場不可

■コニカミノルタ 満天

出典: GoogleMap

江戸東京博物館(墨田区)

出典: Instagram

非日常を楽しみたいあなたにオススメなのがこの江戸東京博物館。JR両国駅から徒歩3分に位置するこちらの江戸東京博物館は「江戸と東京の歴史や文化を伝える博物館」として1993年に開館しました。常設展示と企画展示が階で分かれて催されていて、江戸や東京の文化を中心に展示が行われています。
浮世絵などの資料から、江戸時代の庶民の食文化などを知れるものまでとその展示物は幅広く、その他にも明治の東京文化や関東大震災などの展示も行われています。特別展としては過去に手塚治虫や水木しげる展なども開催されていたので、自分の興味のある催し物に合わせて訪れるのも手です!
今は感じることのできない江戸の空気感にふれて、昔の東京を体感してみてください!

▼常設展観覧料(企画展示観覧料を含む)
 一般:600(480)円
 65歳以上の方:300(240)円
 大学生(専修・各種含む):480(380)円
 高校生・中学生(都外):300(240)円
 中学生(都内在学または在住)・小学生・未就学児童:無料
※( )内は20名以上の団体料金
※特別展観覧料は館の公式ホームページをご確認ください。

■江戸東京博物館

出典: GoogleMap

大江戸温泉物語(お台場)

出典: Instagram

日本最大級の温泉テーマパークである大江戸温泉物語は、江戸の風情を感じながら老若男女が楽しめるスポットです!入館すると、リストバンドをもらえるのですが、なんとこちらで館内の支払いが可能なため、お財布を持ち歩く手間がないんです!しかも男性は4種類、女性は5種類の中から好きな浴衣をチョイスして館内を歩き回れるので、ここでも日本文化の風情にふれることができます。
地下1,400mから湧き出る温泉の効能は様々で、その温泉の数はなんと13種類!全てに浸かるのも一苦労な数なので、1日で回りきるのはむずかしいかも!と思えるほどに多彩な温泉をご用意。また縁日気分を味わうことのできる広小路もあり、そこでは手裏剣投げやスーパーボールすくいなどのゲームを楽しむとも可能です。もちろんご飯処も充実していて、1日中いても飽きない作りになっています!
リフレッシュとお出かけ、さらにはおいしいごはんまで食べることのできる大江戸温泉物語は家族で楽しむことも、デートにも向いている素晴らしいスポットですね!

▼入浴料金
昼間料金
┗<平日>2,280円(税込2,612円)
┗<土日・祝日>2,480円(税込2,828円)
┗<特定日>2,580円(税込2,936円)

ナイター料金(18時以降に入館の場合)
┗<平日>1,780円(税込2,072円)
┗<土日・祝日>1,980円(税込2,288円)
┗<特定日>2,080円(税込2,396円)
※深夜追加料金(深夜2時以降在館の場合)は、追加料金一律2,000円が発生します。

朝風呂料金(朝5時~7時に受付をした場合)
┗大人(中学生以上):1,300円(税込1,554円)
┗小人(4歳~小学生):980円(税込1,058円)
※4歳未満は一律無料

■大江戸温泉物語

出典: GoogleMap

エプソンアクアパーク(品川)

出典: Instagram

音・光・映像と海の生き物が融合した、都市型のエンターテイメントをお届けするエプソンアクアパーク品川。水族館好きの人にはぜひ訪れてほしいこちらの水族館は、今までの水族館以上のエンターテイメント性に溢れています!
水族館の目玉であるイルカショーもここでは普通のものとは一線を画しています。「感動」と「新感覚」をテーマにしたドルフィンパフォーマンスは「12.1chデジタルマトリックスサウンド」の音響システムから、「水中LED照明」や「スモークマシーン」などのライブホール仕様の設備が揃っているため、観る人に様々な角度から楽しみを提供する施設になっています。
そのため、写真映えするフォトスポットも様々あるのでインスタグラムにアップすると多くのいいねももらえるかもしれませんよ?

▼入場券(当日・前売)
おとな(高校生以上):2,200円
※年間パスポート:4,200円
小・中学生 1,200円
※年間パスポート:2,300円
幼児(4才以上):700円
※年間パスポート:1,300円

■エプソンアクアパーク

出典: GoogleMap

どの施設も雨だったとしても存分に楽しむことのできるスポットですよね!逆に、雨の日だからこそこちらの施設に行くという楽しみ方をすれば、晴れの日はアクティブにアウトドア系の楽しみ方をし、雨の日はインドアの楽しみを取っておくという賢いプランで遊ぶことができます。次の雨のお休みには、ぜひおでかけを楽しんでみてくださいね。


【関連記事】


このまとめに関するキーワード