【御朱印巡りの旅をしよう】都内の寺・神社でもらえるカッコよくておしゃれな御朱印

出典:写真AC

近年女性たちの間で流行り出した「御朱印集め」。御朱印と一口に言っても、神社によって異なるのはもちろん、書く人やコンディションによっても異なり、同じものは世界に一つもないという奥深さを秘めています。そんな一期一会な御朱印、どうせならカッコいいものを集めたいですよね。都内でもらえるカッコいい御朱印をご紹介します。

素盞雄(すさのお)神社(南千住)


出典: Instagram

素盞雄神社の御朱印は、奥の細道の作者である松尾芭蕉の印が押してもらえるのです。なぜかというと「奥の細道」旅たちの記念碑があるからなんです。

地元では天王様と呼ばれ愛されている神社で、795年に創建したと言われるかなり歴史のある神社です。

高田氷川神社(雑司ヶ谷)


出典: Instagram

高田氷川神社では、カラフルなふたつの神社の御朱印がいただけます。高田姫稲荷神社と目白登坂神社です。しかも押されるカラフルな印は季節ごとに変わっていきます。秋なら紅葉、早春は梅の花など、何度も訪れたくなってしまう神社です。

代々木八幡宮(代々木八幡)


出典: Instagram

代々木八幡宮は書き手さんがたくさんいることでも知られる神社です。しかもそれぞれの個性が前面に出ているので、こうして何回も通って集まる方が多いのです。


出典: Instagram

力強くカッコいいものから、繊細なものまで…。御朱印マニアになると欲しい方が当たるまで何度も足を運ぶんだとか。ちなみに代々木八幡宮の御朱印長は表紙が木でできていて、かなり趣のあるものになっています。

吉原神社(浅草)

Akaneさん(@jojocoo57)がシェアした投稿


出典: Instagram

遊郭があったことで知られる吉原は、遊女たちからの信仰が厚かったこともあり、現在でも様々な女性の願いを叶えてくれると知られています。

遊郭に隣接していた吉原弁財天の御朱印も吉原神社でもらえるのですが、こちらがなかなかカッコいい。吉の字が弁財天の遣いである蛇を模した形になっています。

烏森神社(新橋)

voce0000さん(@voce0000)がシェアした投稿


出典: Instagram

烏森神社もカラフルで有名な神社です。もともと黒字に赤・黄・青・緑の四つの色の巴紋ですが、イベントによってさらにカラフルな御朱印がもらえます。ひなまつりではピンク色の可愛いものも。今年は昨年の混雑を受け、3月17日~3月31日まで各日300枚でのひな祭り限定御朱印が配布されるそうです。個人的には五月例大祭限定の金字に紫の巴紋のものが一押し。

観蔵院(練馬)

moeさん(@moemohe)がシェアした投稿


出典: Instagram

観蔵院の御朱印は朴筆という筆で書かれた不動明王の梵字。この美しさにメディアでも一時期取り上げられていました。こちらでは美術館が併設されていて機関によってさまざまな展示が行われています。訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

神社によって味も趣も様々な御朱印。

調べていくうちにさらに御朱印の深みにハマっていきそうです。

【関連記事】

このまとめに関するキーワード