【世界一の七夕】仙台七夕祭りで「紙と竹」の優美な祭典を楽しもう!

7/7日は七夕ですね。
七夕といえば短冊に願い事、そして七夕祭り。なかでも、仙台市で行われる「仙台七夕祭り」は世界一を誇るほど華やかであることは知っていますか?
夏休みの旅行先に迷っているそこのあなた、今年の夏は、宮城県「仙台七夕祭り」に参加してみませんか?


仙台七夕祭りとは

出典:Instagram

仙台藩祖の伊達政宗が奨励したことから日本中に広まった伝統行事“七夕祭り”。
中でもきっかけの仙台市では、日本古来の星祭りの優雅さと飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして「世界一」を誇っています。
旧暦の七夕にあわせ毎年8/6~8/8に開催されており、200万人を超える観光客が訪れているのです。

七夕の七つ飾り

* * * #仙台七夕#仙台七夕祭り#仙台七夕まつり #仙台#SENDAI#吹き流し#きれい#豪華

しょこたん◡̈♡さん(@shokotan1693)が投稿した写真 –

出典:Instagram

仙台七夕には「七つ飾り」といわれる飾り物が欠かせません。これらの飾り物には昔から、それぞれに深い願いが込められていました。
竹のアーチに掛かった七つ飾りを探しながら仙台七夕を見物するといっそう趣が感じられます。華やかな素材で工夫された七つ飾りには、作者の深い思いが込められているのです!

また祭り期間中にお祭り広場(勾当台公園市民広場)では、七つ飾り作りを体験することが出来ますよ!

注目すべきは“吹流し”

Minaさん(@_____mi_na)が投稿した写真

出典:Instagram

一際目を引くのは、やはり大きな吹流しではないでしょうか?
実は伊達政宗の時代には、七夕祭りはここまで“豪華絢爛”というわけではありませんでした。新暦採用を境に廃れ始めた“七夕祭り”の文化を憂いた商店街の有志による大規模な七夕飾りがきっかけで、今のような形になったのです。
仙台七夕祭りの大きな特徴は、これら七夕飾りが全て和紙や紙で作られていることです!現在ビニール製の飾りが多く見られるほかの七夕祭りと違い、作り手の熱い想いを感じることが出来るでしょう。

前夜祭は花火大会

nozomiさん(@nzmi11)が投稿した写真

出典:Instagram

仙台七夕祭りの前夜祭として、8/5(19時~20時半)には、花火大会が開催されます。
仙台西公園付近一帯に、約16000発もの花火が打ちあがるのです!
是非仙台七夕祭りに行かれる方は、その前日からの参加をオススメします!

仙台まで行けない…という方には「湘南ひらつか七夕祭り」(神奈川)

出典:Instagram

「仙台七夕祭り」を模範として始まったのが、神奈川県の「湘南ひらつか七夕祭り」です。
仙台までは行けない…という関西・首都圏の方はこちらも十分楽しめるでしょう!
注意して頂きたいのは、こちらは新暦の七夕日程で行われるということです。今年の開催日は7/8〜7/9となっています!
メイン会場である「湘南スターモール」の飾りは、仙台のものに引けを取らない賑やかさです。七夕飾りのコンクールやパレードも楽しむことが出来ます。

そろそろ夏休みの予定を立て始めているのではないでしょうか?
是非仙台旅行で、実際の七夕飾りの美しさを、その目で確かめてみてくださいね!

このまとめに関するキーワード