【日本で唯一!?】刑務所ミュージアム・博物館”網走監獄”を大解剖!

出典: 写真AC

北海道の東の端にある網走市。
オホーツク海に面したこの地では流氷が有名ですよね。
そんな網走市の観光名所として、ある変わった施設があるのをご存知ですか?
なんと網走市には日本で唯一の刑務所のミュージアムがあるんです!
今回はそんな「網走監獄」についてご紹介します。

日本で唯一・刑務所のミュージアム

 

Alex Chengさん(@alexcheng393)がシェアした投稿


出典: Instagram

網走監獄は、日本の最北に位置する網走刑務所の旧建造物を保存公開している野外博物館です。
東京ドーム約3.5個分の敷地にかつて使用されていた建物があり、中には国の重要文化材も。かつては日本で一番脱獄が難しい刑務所とされており、西川寅吉や白鳥由栄といった明治、昭和の名だたる脱獄王が収監されていました。

国内最古!五翼放射状平屋舎房

 

toKiyotomarEさん(@ke_05i)がシェアした投稿


出典: Instagram

網走監獄を訪れる観光客の中で一際人気なのが、放射状に囚人房が伸びる「五翼放射状平屋舎房」。
中央に位置する見張所からは、囚人房が一望できます。
なんとこの「五翼放射状平屋舎房」は日本で最古なんだそう。実際に投獄されていた囚人の怨念を感じられる独特の雰囲気が漂っています。

館内にはリアルな人形がいっぱい

出典: Instagram

 

ななせさん(@nanase724)がシェアした投稿

出典: Instagram

館内には至るところに当時の様子を再現した人形があります。
囚人房の上部には、昭和の脱獄王「白鳥由栄」の姿が!
また、当時の囚人たちにとって楽しみだったという入浴の時間の再現もされています。
リアルすぎる人形たちに訪れた人は思わずたじろいでしまうんだとか。

囚人食を体験・監獄食堂

 

Maruさん(@pikasg)がシェアした投稿

出典: Instagram

 

大場礼さん(@hatugenchu)がシェアした投稿

出典: Instagram

網走監獄の隣にある監獄食堂では、現在も網走刑務所で囚人たちが食べている食事を体験監獄食として食べる事ができます。
メニューは、麦飯(麦3:白米7)、焼き魚(さんま or ホッケ)、小皿、中皿、みそ汁となっています。(本来はみそ汁ではなく番茶だそう)
お値段は、焼き魚がさんまの監獄食Aが720円、ホッケの監獄食Bが820円。10:00〜15:30の間で食べる事ができます!(ラストオーダーは14:30)

網走監獄に行ってみては?


出典: Instagram

独特の雰囲気に圧倒されつつも、なんだか気になって行ってみたくなりましたね。
そんな日本唯一の刑務所ミュージアム、網走監獄の基本情報は以下の通りです。


開館時間:5月〜9月 8:30〜18:00/10月〜4月 9:00〜17:00
入館料金:大人 1,080円/大学・高校生 750円/小中学生 540円
     団体割引 20名様以上 2割引/福祉料金 540円/網走市民割引 2割引
インターネット割引券 10%OFF


なお、網走監獄は網走駅から約4kmのところに位置するのでバスで約10分で行くことができます!
詳しくはこちらをチェック!
気になった方はぜひ行ってみてください。


【関連記事】

このまとめに関するキーワード