【雲海だけじゃない!】竜王マウンテンパーク付近の冬の楽しみ方

出典:photoAC

長野県といえば、リンゴやソバなど、おいしいもので有名ですが、大自然に囲まれて絶景が楽しめることはご存知でしたか?

残念ながらこちらで雲海が見られる期間は終了してしまいましたが、竜王山周辺には、スノーシーズンならではのスポットも充実しているんです。

今回は、マウンテンパークの他にも、冬の長野では絶対に外せないエリアをいくつかご紹介しちゃいます!


一度は見てみたい!竜王マウンテンパークの雲海

出典:Instagram

竜王マウンテンパークはその名の通り、標高1,770メートルもの竜王山頂から絶景を楽しめるスポットです。眼下一面に広がる雲海は、なんとも幻想的ですよね。

長野に行ったらぜひ訪れてほしいところですが、こちらで雲海が見られるのは、6月上旬から11月上旬にかけてのみなんです。

しかし、冬場の竜王山付近は、スキー場として営業しているそうなので、オールシーズン満喫できることは間違いありません!そして、近くには観光スポットもたくさんあるんです!


公式サイト/竜王マウンテンパーク



出典:Googleマップ

野生のニホンザルが観察できる、地獄谷野猿公苑(竜王から約25分)

出典:Instagram

長野県の北部にあるこちらの公園は、標高850メートルという高台に位置しており、なんと一年の約三分の一が雪に覆われているそうです。

そんな過酷な環境から「地獄谷」と名付けられたわけですが、天然の温泉が湧き出る岩場は、サルたちにとってはむしろ天国。彼らのいる地獄谷までは、最寄りのバス停からさらに30分ほど平坦な道を歩きますが、気温の低いこの時期は、サルが温泉に入っている可能性もかなり高いそう。

見学の際は、彼らの生活を邪魔しないように注意してあげてくださいね♪


大人(18歳以上)800円
子ども(小学生~高校生)400円


公式サイト/地獄谷野猿公苑



出典:Googleマップ

100%源泉かけ流し!効能が豊富な渋温泉(竜王から約20分)

出典:Instagram

温泉につかるサルを見ていたら、何だか自分も入りたくなってきた…という方に紹介したいのが、渋温泉。九つの共同浴場がある温泉街です。

ここは、温泉王国と呼ばれる長野県の中でも特に、豊富な湯量と泉質に定評があるんだとか。渋のすべての旅館と外湯は、100%源泉かけ流しですが、温泉によって効能は様々です。神経痛や美肌に効くものもあるので、お年寄りや女性も嬉しいですよね。

日帰り入浴を提供している宿もあるので、ぜひ自分なりの湯めぐりを楽しんでくださいね♪


公式サイト/渋温泉



出典:Googleマップ

旬を愉しむ、小布施町巡り(竜王から車で約35分)

森蔵さん(@moss_lanp)がシェアした投稿

出典:Instagram

江戸時代からの伝統が息づく町、小布施では、豊かな自然に囲まれて独特の文化が発達しました。

秋も深まったこの時期は、新鮮なりんごやぶどう・身の詰まった栗などの味覚を堪能できるので、ぜひとも行っておきたいスポットです。紅葉も見ごろを迎えているので、インスタ映えする写真もたくさん撮れちゃいますよ!

人力車やレンタサイクルの利用もできるので、のんびり、まったり、五感で秋を味わってみてくださいね♪


公式サイト/小布施町



出典:Googleマップ

信州のパワースポット!善光寺でお参りしよう(竜王から車で約60分)

出典:Instagram

長野を代表する観光地である善光寺ですが、近年パワースポットとしても人気を集めています。今の時期は、着物姿で七五三を祝う子供たちでにぎわっていますが、静かなお寺を楽しみたいなら、早朝がおすすめです。

境内には、善光寺資料館(入館は有料)も併設されているので、お参りのあとはこちらで立派な仁王像を拝むのもおススメですよ!


公式サイト/善光寺



出典:Googleマップ

長野県は都心からもアクセス良好なので、気軽に自然を楽しめるのはとてもうれしいですね!

竜王山周辺には、この時期ならではのおすすめスポットが充実しているので、普段は味わえない雰囲気で、ぜひ心も身体もリフレッシュしてくださいね♪


【関連記事】