飾りたくなる写真を撮ろう。moron_nonさんに学ぶ“光のつかい方”。

出典:Instagram

次の週末に決まった旅行。滅多に行けるわけではないから、とっておきの思い出を残したいですよね。お部屋に飾りたくなるような、ステキな写真を撮ってみませんか?
インスタグラムで大人気のmoron_nonさんから学ぶ“光のつかい方”をご紹介します。

光をつかった幻想的な写真がステキなmoron_nonさん

nonさん(@moron_non)が投稿した写真

出典:Instagram

インスタグラムでフォロワー数6万人を超えるほどの人気を誇るmoron_nonさん。こちらは構図を決めて撮ってもらった写真だそう。光と影が交互に落ちている場所を選ぶことで、写真に奥行きが出ています。光の活かし方がとってもステキ!

太陽の光をつかおう

nonさん(@moron_non)が投稿した写真

出典:Instagram

台湾にある台南孔子廟での一枚。光をうけて透き通ったお花がとっても可愛いですね。この角度から撮ることなんてめったにないのでは。ぜひ挑戦してみてください!太陽の出ている正午がオススメです。

nonさん(@moron_non)が投稿した写真

出典:Instagram

夏らしいけれど、とってもノスタルジックな写真。あえて西陽の光を顔にかぶせることで、どこか懐かしい雰囲気が出ています。

nonさん(@moron_non)が投稿した写真

出典:Instagram

海にうつる光がなんともステキ。こんな写真が撮れたら、みんなにみせたくなってしまうこと間違いなしですね。光のキレイな時間帯を選ぶことがポイント。

ろうそくの光をつかおう

nonさん(@moron_non)が投稿した写真

出典:Instagram

バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂にて。ろうそくの暖かい光がなんとも落ち着く写真です。手前と奥はぼかして、あえて一部分だけに焦点を当ててみて。

花火の光をつかおう

nonさん(@moron_non)が投稿した写真

出典:Instagram

moron_nonさんは花火の光もステキにしてしまうんです!これからの季節、あえて冬の花火を撮るのもキレイかもしれません。シャッタースピードを遅めにするのがポイント。

水に映った光をつかおう

nonさん(@moron_non)が投稿した写真

出典:Instagram

水に映った光もこんなにステキになります。実際にはとてもキレイなのに、写真に残せなくてがっかりしたことがある方も多いのでは?写真を撮った後、どこを切り取るかで印象が変わります。

照明の光をつかおう

nonさん(@moron_non)が投稿した写真

出典:Instagram

ベトナム・ホイアンでの一枚。赤っぽいランタンの光が主張されて、雰囲気ある写真になっています。まずは主役を決めて、それが一番きれいに撮れる構図を考えてみて。

次はどんな光をつかう?

moron_nonさんに学ぶ色々な光のつかいかた、いかがでしたか?次の旅行は、ステキな写真をのこしてくださいね!



このまとめに関するキーワード