ic_mapハワイ島

感動!太平洋で最も宇宙に近い場所のマジックアワー

山下 マヌー

スマートリップハワイ キュレーター&編集長

山下 マヌー

「ハワイに雪が積もる」と聞いて「え?!」と驚くか、それともそうでないかによって、その人のハワイへの理解度が図れたりします。フローリックを読んでいる方ならおそらく驚かれることはないと思います。ところが「では実際にハワイの雪を見たことはありますか?」と聞くと、多くの人が「まだないんです。どのくらい積もるんですか?」と答える人が少なくありません。そこでこちら。こんなに積もるんです。

雪面に寄ってみるとこんな感じです。根雪ではなく、根雪の上に更に積もっている様子がわかります。撮影したのは4年ほど前の1月26日。真冬です。

場所はハワイ島マウナケア山頂付近。標高約4000mあたり(頂上は4205㍍)。地球上から見ることのできる約3分の2の星を観測できるということで、日本の昴を始めとする各国の天文台が設置されていて、その様子はまるで宇宙基地?

こちらは世界を代表する宇宙研究機関、NASAの天文台。

看板にいくつもの穴があるのがわかりますか?このあたりは風が強い日が多いため、看板が風で飛ばされないようにと考え出された、宇宙観測基地最先端エリアにおけるアナログな工夫です。

あれ?なにやら雪の斜面に人影のようなものが見えます。いったいなにをしているのでしょう?ズームで寄ってみます、すると・・・!

なんと、スキー板を肩に担いで登っているではありませんか!しかも周りにはすでにスキーで滑ったシュプールの跡が何本も。4000メートルという、ただでさえ高山病になってしまうような場所で板を担ぎスキーブーツで斜面を登るというのは、相当なツワモノかモノ好きかスキーが死ぬほど大好きなのか、もしくはヒマな人。いったいどんな人なのでしょう?正解は「ヒマな人」、でした。観測のため交代で観測所に長期間寝泊まりしているらしいのですが、「星の出ていない昼間はとくにやることがない日が多いので」。にしてもそれでスキーですか?!

だんだん太陽が傾いてきました。標高4205㍍、太平洋で最も高い場所=最も宇宙に近づける場所を夕日がピンク色に染めていきます。

この時期のこの場所でのマジックアワー、ハワイの他のどの場所で見るより感動的だと思います。

宇宙に最も近い場所で見る感動のマジックアワー、あなたは誰と見に行きますか?

PREV

【ヨコハマ】日本に最も近いビーチで涙する?!

【ヨコハマ】日本に最も近いビーチで涙する?!

NEXT

ハナから先、“クラドライブ”を走る

ハナから先、“クラドライブ”を走る

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP