【下町情緒あふれる街をぶらり】歴史ある“谷根千”で食べ歩き散歩をしてみよう!

最近、東京の文京区から台東区にかけて位置している谷中、根津、千駄木が“谷根千”と呼ばれ、下町風情が未だに色濃く残る商店街や神社仏閣、昔ながらのグルメなどが注目を集めています!

歴史と情緒があふれる街並みをしたここには、古き良き時代のままの商店街やお店などが残っており、TV番組や雑誌で紹介される名店もたくさんあります!

今回は、そんな谷根千に点在している絶品の食べ歩きグルメをご紹介します!

果川家(千駄木)

@marukofu0122が投稿した写真

出典:Instagram

千駄木にある小さなたい焼き店『果川家』は、日本でもとても珍しい“回転式一丁焼き”という一匹ずつ丁寧に焼いていくスタイルの韓国たいやきのお店です。
表面はパリパリ中はモチモチの食感がクセになる皮に、甘さ控えめの程よい塩味が絶妙の「つぶあん」とカスタードは甘さ控えめでたまごの風味が香る「カスタード」の2種類が包まれています。

薄皮で軽い口当たりと程よい甘さの味付けと、女性でも1つをペロッと食べられてしまうボリューム感で、餡も尻尾の先までぎっしりと詰まっているので、最後までおいしく頂けちゃいますよ!

関連ランキング:たい焼き・大判焼き | 千駄木駅根津駅東大前駅


谷中 福丸饅頭(千駄木)

ondmnrさん(@ondmnr)が投稿した写真

出典:Instagram

昭和30年に創業した歴史あるまんじゅう店『谷中 福丸饅頭』では、看板商品である10個入り110円の一口まんじゅう「黒糖まんじゅう」やTV・雑誌で話題となっている揚げまんじゅう「かりんとうまんじゅう」が大人気!開店してからすぐに買いに行かないと、売り切れてしまっていることもしばしばあるそうです。

「黒糖まんじゅう」は皮はしっとり、程よい甘さの餡に黒糖のコクと風味がしっかりと効いた味わい、「かりんとうまんじゅう」はカリカリ食感と黒糖の風味が織りなすハーモニーがクセになってしまいます!
また、2013年に新商品として登場した「芋かりんとうまんじゅう」も注目の一品です!

関連ランキング:和菓子 | 千駄木駅日暮里駅西日暮里駅


アトリエ ド フロレンティーナ(谷中)

ebihara manaさん(@ebimn21)が投稿した写真

出典:Instagram

あのレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなどの有名芸術家のパトロンであったと言われるメディチ家の姫が、フランス王の元へ嫁ぐ際に伝えたと言われているフランスの焼き菓子「フロランタン」。クッキー生地にキャラメルでコーティングしたナッツ類をのせて焼き上げるこの焼き菓子を伝統を守りながらもここでしか味わえないフレーバーで届けているのがフロランタン専門店『アトリエ ド フロレンティーナ』です。

北海道産の小麦粉とバターが使用された「フロランタン」は4つにカットされており、軽やかな食感とシンプルな味わいながらも、一度食べたら病みつきになってしまうようなおいしさとなっています!
また、フレーバーも常時8種類以上置いてあり、どれにしようか迷ってしまいそうです。

関連ランキング:洋菓子(その他) | 千駄木駅西日暮里駅日暮里駅



肉のサトー(谷中)

出典: Instagram

メンチカツの火付け役とも言われている、谷中の名を背負った谷中メンチカツがオススメの「肉のサトー」。店頭にはたくさんの有名人のサインもお見受けできます。いわて牛を中心にA5ランクの極上牛肉を使用しているのにも関わらずひとつ200円で味わうことが出来ます。とってもリーズナブル!
肉の旨みとタマネギの甘みがあるのでソースは必要なし。谷中にきたらコレ!といわれているのも納得でしょう。

関連ランキング:コロッケ・フライ | 千駄木駅西日暮里駅日暮里駅

出典: 食べログ

imena(谷中)

出典:Instagram

ナイジェリア語で“ありがとう”の意味を持つスムージー専門店『imena』。このお店は、学生時代から発展途上国の貧困問題に関心を持って度々訪問していたオーナーさんが、ナイジェリアでオープンさせたスムージー店(現在休業中)の2号店として始めました。

ここで提供しているのは、途上国の豊かな土地で育った体にいい素材を使用して作った野菜と果物たっぷりの濃厚フローズンスムージー。この中には、肌に必要なビタミンやミネラルが豊富で美容に絶大な効果があると言われている注目のスーパーフルーツ“バオバブ”も入っています!
また、体にいいだけでなく、一杯毎に複数の途上国にもお金がまわるようになっています。

関連ランキング:ジュースバー | 日暮里駅千駄木駅西日暮里駅


やなかしっぽや(谷中)

出典: Instagram

味も見た目も楽しみたい!という女子のみなさんにオススメなのが「やなかしっぽや」。名前の通り、“猫のしっぽ”がモチーフとなっているドーナツが売られています。商品名も“キキ”や“キャメル”など、猫の名前風になっています。思わず買ってしまう可愛い見た目…。食べ歩きにちょうどいいサイズも嬉しいですよね!

関連ランキング:洋菓子(その他) | 千駄木駅日暮里駅西日暮里駅

出典: 食べログ


下町風情あふれる谷根千を歩き、昔ながらの味から今まさにスポットの当たっている新しいグルメまで楽しめる食べ歩きは、格別のひとときになりそう!
情緒ある光景を楽しみながら、これらのグルメをぜひ食べ歩きしてみてください!

【関連記事】

このまとめに関するキーワード