【日本三景】松尾芭蕉も愛した松島のパーフェクトガイド!グルメに観光を楽しもう!

amanaimages

円通院

@_.travels.__がシェアした投稿


出典: Instagram

瑞厳寺からほど近い場所にある寺院「円通院」は、伊達政宗公の嫡孫である光宗公の霊廟がある菩提寺です。こちらは歴史を感じられる茅葺屋根のとても落ち着いたお寺で、中に入ると思わずため息が出るような美しい庭園を見ることができます。白砂で松島の海を、苔で周囲の山を、松島湾にある七福神の島々を仏の庭として表現した「雲外天地の庭」。この庭は「三宝の庭」とも呼ばれ、秋の紅葉をはじめ四季折々の草木とのコラボもまた非常に美しく、何度も足を運びたくなります。

 ■円通院
 -営業時間:4月~11月8:30~17:00、12月~3月9:00~16:00
 -定休日:無休
 ‐拝観料:大人300円、高校生150円、子供(小学生以上)100円、団体割引あり
 -TEL:022-354-3206
 -住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内67
 -アクセス:JR仙石線 松島海岸駅から徒歩5分
 -URL:公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

五大堂


出典: Instagram

松島海岸沿いにある「五大堂」は、松島を訪れたならはずせないスポットのひとつ。平安時代に現在の瑞厳寺を開基の際、大聖不動明王を中心に東方降三世明王・西方大威徳明王・南方軍荼利明王・北方金色夜叉の五大明王像を安置したため、五大堂と呼ばれるようになったそうです。現在の建物は1604年(慶長9年)に伊達政宗公によって桃山建築の粋を尽くして創建されたもの。この五大明王像は、33年に1度御開帳が行われ、次の御開帳は2039年の予定です。軒先にある蟇股(かえるまた)には、方位に従い十二支の彫刻が配してあります。五大堂から見る松島の風景もまた美しいですよ。

 ■五大堂
 -営業時間:8:00~17:00頃まで。季節により閉門時間に変動があるので注意
 -定休日:無休
 -拝観料:無料
 -TEL:022-354-2023(瑞厳寺)
 -住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内111
 -アクセス:JR仙石線松島海岸駅から徒歩7分。中央桟橋のそば。
 -URL:公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

松島 雪竹屋(旧松島独まん)

Akaneさん(@jojocoo57)がシェアした投稿


出典: Instagram

五大堂のすぐ前にある手作りのお煎餅や東北の食品、東北産の可愛らしくも美しい雑貨を販売している「松島雪竹屋」。建物の2階には甘味やお菓子が食べられる松華堂さんがあり、甘いものとしょっぱいもの両方が食べられちゃう幸せがあなたを待っています。お店の角で炭火を使って焼かれた手焼き煎餅は、お米は山形のはえぬき・お醤油は加美町の吟醸醤油・海苔は松島産を使ったこだわりの一品です。お煎餅を焼いてもらっている間、店内でお土産を選ぶも良し、熱々のほうじ茶をすすりながらお煎餅が焼けるのを眺めるのも良し。種類も豊富なので、どれにしようか迷ったらお土産にしてしまいましょう。

 ■松島雪竹屋(旧松島独まん)
 -営業時間:10:00~17:30
 -定休日:火曜日
 -TEL:022-354-2612
 -住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内109
 -アクセス:JR仙石線松島海岸駅から徒歩5分
 -公式facebookはこちらから

関連ランキング:和菓子 | 松島海岸駅松島駅


出典: 食べログ

松島蒲鉾本舗 総本店

joruri joruriさん(@joruri)がシェアした投稿


出典: Instagram

松島海岸前の土産店が軒を連ねる通りに「松島蒲鉾本舗 総本店」はあります。「松かま」の愛称で親しまれているこのお店は創業70余年の老舗です。なんといってもこのお店の特徴は、自分で蒲鉾を焼いて食べられること。笹かまぼこの手焼き体験は1本200円で、店内のあちこちに焼き場があり、熱々の蒲鉾を食べることができるんです。地元の人もおススメするのが、お豆腐揚げかまぼこの「むう」。ふんわりとした食感のあとには大豆のうまみがギュッと感じられます。こちらのお店では揚げたてが食べられますよ。

 ■松島蒲鉾本舗 総本店
 -営業時間:12月~4月9:00~16:00、5月~11月9:00~17:00(日により営業時間の変更あり)
 -定休日:無休
 -TEL:022-354-4016
 -住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内120
 -アクセス:JR仙石線 松島海岸駅徒歩9分
 -URL:公式HPはこちらから

関連ランキング:その他 | 松島海岸駅


出典: 食べログ

観瀾亭・松島博物館

Sugaさん(@suga_hap)がシェアした投稿


出典: Instagram

さざ波を観るという意味の「観瀾」から名付けられた観瀾亭は、豊臣秀吉の伏見桃山城あった茶室を伊達政宗公がもらい受け移築したものです。伊達家伝来の武具や装身具、化粧道具、書画などが陳列された「松島博物館」の敷地内にあるので、大名のお姫様のきらびやかな生活なども目にすることができますよ。観瀾亭では松島の美しい風景を見ながらお抹茶と和菓子をいただくことができますが、食事代とは別に松島博物館の入館料が必要になります。甘味はお抹茶と和菓子がセットで400円~700円。抹茶のほかにも甘酒やコーヒー、ココア、サイダーもあります。

 ■観瀾亭・松島博物館
 -営業時間:8:30~17:30(観瀾亭)
 -定休日:無休
 -入館料:大人200円、高・大学生150円、小・中学生100円(団体割引あり)
 -TEL:022-353-3355(観瀾亭)
 -住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内56
 -アクセス:JR仙石線 松島海岸駅から徒歩4分
 -URL:公式HPはこちらから



出典: GoogleMap

このまとめに関するキーワード