【躍動感溢れる大地】北海道ニセコの魅力を存分に知るための観光スポット

amanaimages

ふきだし公園

@wwlskyがシェアした投稿

出典: Instagram

「ふきだし公園」は羊蹄山の伏流水が絶え間なく流れ出る公園です。公園内にはいくつもの湧水口があり、羊蹄山で何十年にもわたり濾過されたミネラルたっぷりの自然水を無料で汲むことができます。旧環境庁選定の名水百選に選ばれており、多くの人が大量のポリタンクを持って訪れます。近くには道の駅「名水の郷きょうごく」があり、三角ステージ、売店、遊具、バーベキューハウスなどの施設が整備されるなど、多様な楽しみ方ができる公園です。

開園日・開園時間:通年
問い合わせ先:TEL京極町役場企画振興課 0136-42-2111

出典:GoogleMap
アクセス:京極バスターミナルから徒歩で15分
公式HP:公式HPはこちらから

五色温泉旅館

出典: Instagram

ニセコと岩内を結ぶ通称「ニセコパノラマライン(道道66号線)」沿いにある野趣あふれる温泉。ニセコアンヌプリと、イワオヌプリに挟まれた標高560mの山間にあり、周辺は原生林に囲まれています。泉質は含食塩・石膏-酸性硫黄泉で、白濁して強い硫黄臭のため、タオルなどに匂いが残ります。お部屋は全部で10室。10畳の和室が7部屋とツインの洋室が3部屋用意されているので、日本人はもちろん外国人の方でもくつろぐことができます。人里離れた山奥の宿なので豪華さはありませんが、朝食・夕食共にシンプルながらおいしいく、特に炊きたてのご飯は米どころだけに格別です。

営業日・営業時間:通年
問い合わせ先:TEL 0136-58-2707

出典:GoogleMap
アクセス:倶知安市街地より約14km ニセコ・蘭越市街地より約20km
公式HP:公式HPはこちらから

ニセコ昆布温泉 ホテル甘露の森

出典: Instagram

「ニセコ昆布温泉 ホテル甘露の森」はニセコ昆布温泉にあるリゾート型の温泉ホテルです。ホテル名の「甘露」は、昭和天皇も召し上がった昆布温泉にある羊蹄山の伏流水「甘露水」からきています。ホテルはニセコの森の中に佇み、さわやかな風を受けて、鳥のさえずりを聞くことができます。泉質は、炭酸水素塩泉、硫黄泉、硫酸塩泉、塩化物泉で、森に包まれているかのような「森の天空露天風呂」が自慢です。また、フィットネスルームやハワイアンマッサージロミロミなどのリラクゼーションルームもありますので、美容と健康にも最適です。都会の喧騒を忘れ、贅沢な時間を過ごしてみませんか?

営業日・営業時間:通年
問い合わせ先:TEL 0136-58-3800

出典:GoogleMap 
アクセス:JR函館本線 ニセコ駅から車で約10分
公式HP:公式HPはこちらから


ニセコバルーン

HARUさん(@momotuke)がシェアした投稿

出典: Instagram

「ニセコバルーン」は6~9月にかけて、早朝と夕方に乗ることができる観光熱気球です。バーナーの音と共にバルーンが丸みを帯び、少しずつ空中に浮かびだすと冒険心が掻き立てられます。バスケットの入り口を空けて乗り込むと、ゆっくりと地上約30mの高さまで上昇。羊蹄山やニセコ連邦、空気が澄んだ日には遠く太平洋や日本海まで見渡すことができる雄大なパノラマは一生忘れられない景色となることでしょう。日常ではできない体験をお楽しみください。

営業日・営業時間:6月〜9月 早朝フライトAM 6:30~7:00 夕方フライトPM 16:30~17:00
問い合わせ先:TEL 0136-55-8128

出典:GoogleMap
アクセス:JR函館本線 ニセコ駅から車で約10分
公式HP:公式HPはこちらから


茶房ヌプリ

IMMIさん(@popopomipo)がシェアした投稿

出典: Instagram

「茶房ヌプリ」はJRニセコ駅構内にある喫茶店です。シックな内装の店内にはジャズが流れ、列車が到着するまで落ち着いた時間を過ごすことができます。人気メニューは自家焙煎のコーヒーや香り高いハーブティー、そしてチーズケーキ。そのほかにはヌプリカレーが評判です。香辛料以外のコメ、野菜、肉などはすべてニセコ産を使用しており、地元の味を求めて多くのお客さんが訪れます。アクセスもいいので一度立ち寄ってみましょう。

関連ランキング:喫茶店 | ニセコ駅

出典: 食べログ

このまとめに関するキーワード