【伊豆に来たなら行かなきゃ損!】おすすめ!伊豆の穴場“B級スポット”

出典:Instagram

“伊豆”と言えば、美しい海に豊富な海鮮を使ったグルメ、癒やしのひとときを与えてくれる温泉などが魅力的な観光地ですが…。
実はそれ以外にも、意外と知られていない観光地がたくさんあるのです!

今回はそんな伊豆の“B級スポット”をご紹介します!

怪しい博物館村 まぼろし博覧会

出典:Instagram

“キモかわいい”をコンセプトに作られたアホとボケの楽園「まぼろし博覧会」。
この怪しい秘密基地のようなミュージアムでは、「密林にたたずむ大仏と古代文明」や「昭和の時代を通り抜け」、「魔界神社 祭礼のゆうべ」や悪酔い横町(未確認生物)」など、いくつかのゾーンにわかれた不思議な世界の中に入ることができます。

館長:セーラちゃんの頭の中から放出されたおきて破りの品のないネタが刻一刻と展示になって未だに増殖中です。

tommy53さん(@htm0503)が投稿した写真

出典:Instagram



熱川バナナワニ園

Miki Kakimotoさん(@kakimiki)が投稿した写真

出典:Instagram

絶滅の危機に瀕している貴重な世界のワニを15種類(亜種・交配種などを含む)約140頭飼育しており、世界一のコレクション数を誇っている「熱川バナナワニ園」。
園内さまざまな場所には熱帯の花木、果樹などを中心に約9,000種もの植物を展示しており、色鮮やかなハイビスカスやコチョウラン、カトレアのほかに熱帯性スイレンは、1年を通してきれいに咲き誇っています。

ほかにも、日本で唯一ここでしか飼育されていないニシレッサーパンダや世界で3頭しか展示がされていないアマゾンマナティーは、必見の価値ありです!

出典:Instagram



怪しい少年少女博物館

出典:Instagram

明治~大正、昭和より1980年代初期まで、日本人のファッションと風俗についての展示しているのは、懐かしい恥ずかしい昭和の風俗ファッション博物館「怪しい少年少女博物館」。
ここには、明治の鹿鳴館ドレスや戦時中のもんぺ姿、職業婦人服から、戦後、石原裕次郎の太陽族に、イエイエ、サイケ、竹の子族など、あっという間に散ったブームにまつわるファッションや雑貨などが、圧倒的なボリュームで展示されています。

懐かしくって涙が出ちゃうような、昭和の香りたっぷりのおもちゃや看板、ポスター。息をのむ美しさのフィギュアやイラスト、グッズ。骸骨や幽霊、亡霊、ゾンビなんでもありのオカルトの世界など、そこに広がるのは懐かしさとおぞましさが渾然一体となった不思議な世界です。

Karinさん(@_krn_n)が投稿した写真

出典:Instagram



黄金崎クリスタルパーク

出典:Instagram

世界一流の現代ガラス作品を常設展示し、さまざまなテーマの企画展示も常時開催している「黄金崎クリスタルパーク」。
「ミラクルクリスタルワールド」では、色とりどりの光と同じ模様が二度と見られない美しさを持つ万華鏡をお楽しみいただけます。

また、ガラスの魅力を存分に堪能するために、オリジナル作品の制作ができる「体験工房」があり、ステンドグラスやサンドブラスト、フュージングなどのガラスを使った工芸をお気軽に体験することができます。

出典:Instagram



さまざまな魅力あふれる伊豆の“B級スポット”。
旅行中になんとなく空いてしまった時間や何度かこの地を訪れて定番スポットに行き尽くしてしまった方に、ぜひオススメしたい場所です!

誰もが行く定番スポットも魅力的ですが、伊豆を隅々まで堪能したいのならば、こんな穴場スポットも訪れてみては?

【関連記事】