【東京の穴場で”秋”を感じよう】2016年!都内の”紅葉狩り”隠れ名所6選

涼しくなりやっと秋が近づいてきました。
秋雨を抜け肌寒くなればもう紅葉が美しい季節です。
週末にふらっと立ち寄れる、都内の穴場”紅葉狩り”スポットをご紹介します!

殿ヶ谷戸庭園(国分寺)

Kazuさん(@katz.310)が投稿した写真

出典: Instagram

国分寺駅から徒歩二分のところにある広大な庭園は、国の指定文化財です。
庭園の中でも次郎弁天の池では、水面に落ちた紅葉の中で泳ぐ金魚、そして青い空とカラフルで美しい景色を楽しむことができます。

神林 澄さん(@koedo_kamba)が投稿した写真

出典: Instagram

紅葉亭という休憩所では、椅子に座ってゆっくりと紅葉が楽しめます。名前の通り一番の紅葉スポットと言っていいでしょう。見ごろは11月下旬からになります。



九品仏浄眞寺(自由が丘)

LCさん(@catcher816)が投稿した写真

出典: Instagram

自由が丘から10分程度歩いてところにあるお寺です。まるで京都と言わせしめる紅葉が楽しめます!
門を一足くぐれば、グリーン、イエロー、オレンジ、レッドのグラデーションが迎えてくれます。360度どこを見ても美しい紅葉のトンネルです。
中には青い頭の仏像がいたり、石庭があったりと紅葉以外にも見ごたえは十分です。



六義園(駒込)

anemone_69さん(@powf)が投稿した写真

出典: Instagram

駒込にある六義園では、ライトアップされた紅葉を観賞することができます。
西洋風のお庭はそれだけでもとってもすてきですが、ライトアップされるとさらにロマンチックで、デートにもぴったりです!
今年のライトアップは11月19日~12月7日です。休日は入場に1時間ほどかかる場合もあるので、平日に行くのがおススメです。



清澄庭園(清澄白河)

にごさん(@typ250)が投稿した写真

出典: Instagram

清澄白河駅から徒歩3分のところにある清澄庭園は、落ち着いた雰囲気でのんびり紅葉を楽しめる穴場スポットと言われています!
一周20分くらいで回れてしまう小さな公園なので、お散歩にもぴったり。石の道も見どころで、池の周りにある石の道に散る紅葉を見ながら園内を歩き回るのがおススメです!こじんまりとした日本庭園を楽しみたい方におススメです。



高幡不動(日野)

KAORUさん(@kaoru_lily0718)が投稿した写真

出典: Instagram

高幡不動駅から歩いて10分のところにある高幡不動尊金剛寺。秋にはもみじ祭りが開催されます!
そびえたつ五重塔の周りの紅葉が赤く染まり、ハイキングコースでは低所から木々を見上げるのも醍醐味です。五重塔には提灯がともされ、ライトアップも。期間は11月18日~11月30日までです。

出典: Instagram

11月22日と23日の二日間、高幡不動の街を上げてもみじ灯路が行われます。商店街を中心に照明を落とし、通りを灯ろうで飾ります。商店街は光の道となり、幻想的な晩秋を味わうことができるでしょう。



小金井公園(小金井)

Mai♪さん(@mai1130s)が投稿した写真

出典: Instagram

芝生や弓道場、テニスコートやSLの展示などもある広大な公園でも紅葉を楽しむことができます。約3000本のケヤキはたくさんの葉を落とすので、紅葉の絨毯の上でのびのびと秋と紅葉を満喫できるので家族連れにもおススメです。
江戸たてもの園ではライトアップも行われます。建物からともされるあたたかな光が漏れ、あたりを鮮やかに染めるのです…!



一面に真っ赤というだけでなく、様々な種類の紅葉のグラデーションも楽しめる今年の紅葉。
大切な人と紅葉狩りに出かけてみてはいかがですか?


【関連記事】



このまとめに関するキーワード