【南房総最大級のイルミネーション】千葉県の東京ドイツ村で光の村を大冒険しよう

出典: Instagram

千葉県にある東京ドイツ村をご存知ですか?

そこは、ディズニーランドの1.5倍という広大なテーマパーク。今年の11月には累計入場者数1000万人を突破しました。

そんな広大な土地を利用して行われるWinter Illuminationのテーマは大冒険。ぐるりと我々を囲む豪華な光と音はとっても豪華です!

東京ドイツ村

 

Airi 21さん(@ailee___729)が投稿した写真


出典: Instagram

東京ドイツ村といっても場所は千葉県袖ケ浦市。

車だと、館山自動車道姉崎袖ケ浦ICより約3キロのところにあります。入場料と駐車料が同じになっていて、一台一律2000円です。

車以外の場合は、JR千葉駅より高速バスか袖ケ浦駅より路線バスになります。その際の入場料は一人当たり400円。

開園時間は9:30で、イルミネーションは2017年3月31日まで行っており、通常は17:00閉園ですが期間中は19:30に閉園です。

豊富なアトラクション

misakoさん(@bouquet_1016)が投稿した写真


出典: Instagram

東京ドイツ村には15個のアトラクションがあります。観覧車やボート、バイキングなどの乗り物のほか、アーチェリーやおもしろ自転車、ゴルフなどの体験型のあトラクションも。

ドッグランも併設されているので、わんちゃんとも楽しむことができます。しかしイルミネーションがされている多くのエリアではわんちゃんが同伴できないので注意してください。

LEDは250万個。南房総最大級のイルミネーション

 

kato maikoさん(@maikyooo_)が投稿した写真


出典: Instagram

見渡す限りの光のアート。これはぜひ観覧車などの高所から拝見したい!

ドイツ村のイルミネーションは立体感を大事にしているので、見下ろすことでより3Dをより体感できるのです。

元祖!イルミネーションのトンネル

 

Mayukoさん(@mako1236)が投稿した写真


出典: Instagram

このイルミネーションのトンネルはドイツ村が元祖だと言われています。レインボーに輝くトンネルはかなり長く、どれだけ先を見通してもまだキラキラ。しかも一本道ではなく、途中で道が分かれていたりとまさに大冒険。ドキドキしちゃいます。

光る動物たちとの触れ合い

suzuka👑さん(@suzuka_x)が投稿した写真


出典: Instagram

広大なドイツ村では本当に様々な世界に分かれているんです。

その一つがこちらの動物たちの世界。光るブルーの上で上品にたたずむ白鳥や、親子のペンギン、ホッキョクグマ、大きなサイ、水飲み鳥までいます。

光のお花畑

 

あゆさん(@uy_a929)が投稿した写真


出典: Instagram

可愛らしく並ぶ光るお花畑には、何やら大きいたまごが。もしかしたら先ほどの光る生き物たちはこのたまごから生まれたのかもしれませんね!

園内の色々なところに色とりどりの花壇が並んでいます。お気に入りの色のお花は見つかるでしょうか?

光と音のショータイム

 

Mariko.Yさん(@m_r_jda)が投稿した動画


出典: Instagram

ショーというだけあってかなり動きのあるイルミネーションが見られます!園内ではシャボン玉も浮かび、様々な光を映して舞っています。

青空エールの主題歌なども担当している「Whiteeeen」がコラボレーションし、クリスマスらしい雰囲気を作ってくれています。

ドイツビールを飲みながら


出典: Instagram

ドイツ村ならではの魅力はやはりドイツビール。ヘニンガーやピルスナーなど、全種類飲み切れるのか?!というほど種類の豊富なビールが楽しめます!寒い体を温めるのにもいいですね。

ドイツ村独特のセンスで行われるイルミネーション。

毎年テーマをがらりと変えているので、毎年訪れているという方も多くいます。

ぜひ今年からの冬の定番スポットにしてみてはいかがですか?