【美しい海でサーフィンしよう!】宮崎県日向市を訪れたら外せないおススメスポット

出典: pixabay

宮崎県日向(ひゅうが)市は、天然の細島湾という港にも恵まれた自然豊かな市。

日照時間は全国トップレベルで、古くから県のゲートウェイとしての役割を担ってきたところです。

また、サーフィンが有名な土地でもあり、修行をするのにもってこいの場所でもあるのです。

今回はそんな海の綺麗な日向市を観光するのにお勧めのスポットをご紹介します。

米の山展望台

T.KIDERAさん(@kidera1962)が投稿した写真


出典: Instagram

夜景がきれいな展望台からは、自慢の細島湾の光も見ることができます。頂上は木々に視界が遮られてしまうので、駐車場内から見渡すのがおススメ。

昼はなだらかな斜面でパラグライダーも体験できるそう。また道中には古代の人々の山岳信仰、巨石信仰の跡が残っているのも魅力です。

日向岬グリーンパーク


出典: Instagram

米の山ふもとにあるこちらは、かなり穴場的公園として知られています。海に向かって開放的に広がっていて開放感は満点。天気が良ければかなりの絶景が望めます。

家族連れや女子同士で楽しむのも、カップルでのんびりするのにもおすすめな公園です。

願いが叶うクルスの海

日向市では定番の名所。「クルス」とはポルトガル語で十字を意味していて、見てもわかるように十字に切り抜かれているように見える海が神秘的なスポットです。また岩の形状が叶うと言う漢字に見えるので、願いが叶なうという伝説が言い伝えられました。

願いを天に託す象徴として鐘も設置され、デートスポットとして人気になっています。

天領うどん

Miho Itoさん(@1t0m1h0)が投稿した写真


出典: Instagram

日向市民のソウルフードと言われているのが、こちらの天領うどん。日向市内には4店舗存在します。

釜揚げでコシのない細めんが特徴。地元の人はおやつ代わりにでも食べられるんだそう。スープには大量のあげ玉を浮かべます。油抜きがしてあるのでさっぱり頂けます。味も濃すぎず、優しい風味。

〆にはソフトクリームをテイクアウトするのが流儀なんだそうです。日向市を中心とした宮崎県北部の超ローカルフードなので、ここでしか食べられないのです。

サーフィンで町おこし始動!


出典: Instagram

日向市の小倉ヶ浜には、年間多くのサーファーたちが訪れます。サーフィン合宿なども行われるほど。水温が暖かく、一年通して楽しめる質の良い波が特徴です。

そして2016年。日向市では「リラックス・サーフタウン日向」プロジェクトを開始しました。



出典: YouTube

フォトスポットとなるモニュメントを設置したり、移住相談会などを都市で開催する計画をたてているそうです。

今後は2019年までに新たな移住民数200人、サーフィン等の利用客数25万人を目標としています。

そんなサーフィンの街、日向市に足を運んでみてはいかがですか?

【関連記事】