【初心者にオススメ!】東京から行ける関東の日帰り登山スポット【初級編】

2016年1月1日から“山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日”として、新たなに8月11日が「山の日」と定められました。

最近では、ブームに若者も加わって“登山”が再燃してきています。
緑が多く清々しい気分を感じながら山を登っていくのは、とっても気持ちがいいものです。

しかし、これから登山を始めてみようと思っている方々は、「どの登山スポットにいけばいいの?」と思ってしまうのではないですか?
そんな方々のために、今回は初心者でも気軽に登ることができる、東京から行ける関東近郊のの日帰り登山スポットをご紹介したいと思います!

初心者必見!登山に必須の持ち物リスト

登山用品は種類がとても多く、高機能なものを集めだしたらお金がたくさんかかってしまいます。

登山に必要な服装やグッズは、登るレベルや場所によっても違うので、初心者の方はいきなりアイテムを購入するのではなく、上手く代用をしていきましょう。

<登山に必須のアイテム>

・バックパック、リュック
体にフィットしていて動きやすいものを選びましょう。

・雨具
ビニール製の雨カッパは湿度も遮断してしまうので、なるべく防水透湿性の高いウェアを用意しましょう。

・地図
山は上級者でも迷うことがある危険な場所です。必ず事前に地図を用意しましょう。

・タオル
歩行中には必ず汗をかきます。救急の場合にも活用できることがあるので、必ず持ちましょう。

・ビニール袋
着替えを入れたり、お尻の下に敷くシートとして代用したりと、何かと役立ってくれます。

・食べもの、水筒
登山のエネルギー消費量はかなり大きいので、必ず手軽に食べられるような軽食を用意しましょう。また、水分補給は絶対に欠かすことができないので、水筒も必須です。なければ、ペットボトルの飲料水でも大丈夫です。

では、ここからは初心者にオススメの山をご紹介していきます。

高尾山(東京)

出典:Instagram

言わずと知れた人気の日帰り登山スポット“高尾山”。
新宿から京王線で約50分ほどと、都心近くにも関わらず、豊かな自然が残ったここは、年間約260万人以上が訪れており、その登山者数は世界一です。

出典:Instagram

コースも難易度別に数種類あるので、好みのルートを選んで歩いてもいいし、ケーブルカーやリフトを利用しても登山を楽しむことができます。
初心者が最初に登る山としては、とてもオススメです。

標高:599m
歩行距離:片道3.8km
所要時間の目安:片道1時間30分
最寄り駅:京王線高尾山口駅

鋸山(千葉県)

出典:Instagram

千葉県鋸南町と富津市の境界線にある“鋸山”は、江戸時代から昭和まで続いた採石場跡が今も残る山です。
標高は大したことありませんが、石を切り出して運んだという車力道のコースは6kmもあり、その道を行く中でさまざまな風景を楽しむことができます。

@uni16blackyが投稿した写真

出典:Instagram

頂上付近の絶壁から切り立った場所にある通称「地獄のぞき」や日本寺の「百式観音」など見どころもいっぱいです。
ロープウェイで登ったり、海岸線付近を登るコースもあるので、何度でも挑戦できる初心者にもオススメの山です。

標高:329m
歩行距離:片道1.2km
所要時間の目安:片道30分
最寄り駅:内房線浜金谷駅

御岳山(東京都)

Rumiさん(@hanauta63)が投稿した写真

出典:Instagram

都内にも関わらず、ほとんど手付かずの自然が残っているとても貴重な登山スポット“御岳山”。
山頂まで一気にケーブルカーで登れるという手軽さもあり、初心者に人気の場所です。

@yuu.7810が投稿した写真

出典:Instagram

七代の滝や天狗岩、ロックガーデン、綾広の滝、天狗の腰かけ杉など、自然のままの見どころが多い御岳山は、まさに東京の“秘境”。緑が多く、苔むした岩を眺める楽しみもあるこの場所には、時を忘れる美しさがあります。

標高:929m
歩行距離:片道12km
所要時間の目安:片道2時間
最寄り駅:青梅線御嶽駅


関東地方にも緑が色濃く残っている場所はたくさんあります。
普段の忙しい生活から抜けだして、気持ちのいい景色の中で喧騒を忘れた時間を過ごすのもいいかもしれませんね。
今回ご紹介した山は、本当に気軽に登ることができる初心者にもオススメの場所です。思い立ったときにでも、ぜひ登ってみてください!

このまとめに関するキーワード