【異文化コミュニケーション!】東京にいながら海外交流できちゃう“ゲストハウス”

旅行客のために用意された安価な宿泊施設“ゲストハウス”。2〜10人部屋のドミトリー(相部屋)がや1人部屋、2人部屋などがあり、値段もさまざまですが、普通にホテルなどに泊まるよりもかなり安く宿泊することができます。

そんな“ゲストハウス”は、最近かなり話題となっており、「旅先で異文化交流ができるから」と宿泊者が増えています!
なんでも、その地域に住んでいるのに、わざわざ近くの“ゲストハウス”に泊まる人もいるのだとか。

そこで今回は、東京にお住いの方でも思わず泊まりに行きたくなるような、オシャレでかわいい“ゲストハウス”をご紹介します!

Nui. HOSTEL × BAR LOUNGE(蔵前)

出典:Instagram

台東区蔵前にある「Nui. HOSTEL × BAR LOUNGE」は、2012年9月にオープンしたばかりのまだ新しいゲストハウスです。
“あらゆる境界線を越えて人々が集える場所を”をコンセプトに掲げ、建物は江戸時代から続くオモチャ屋さんの倉庫を改造して造られています。

1Fはカフェ&バーラウンジとなっており、誰でも気軽に入店でき、宿泊者や近所の方がコーヒーやお酒、ラウンジでの会話を楽しんでいます。
本を読んだりパソコンができるライブラリやキッチンは、共有スペースとして24時間利用可能です。

出典:Instagram

住所:東京都台東区蔵前2-14-13
アクセス:都営地下鉄『蔵前』より徒歩3分
電話:03-6240-9854
料金:1泊2700円〜
チェックイン:16:00〜23:00
チェックアウト:11:00
HP:https://backpackersjapan.co.jp/nuihostel/

ゲストハウス品川宿(北品川)

出典:Instagram

江戸時代賑わった東海道の宿場町“品川宿”の入口に建っている「ゲストハウス品川宿」は、『北品川駅』から徒歩2分、『品川駅』から徒歩12分ほどとアクセスがいいうえに、海外旅行者からは羽田空港へ行きやすいことからとても人気のゲストハウスです。

どこか居心地の良い下町の風情を残す味わいのある北品川の街で、“地域をに根ざしたゲストハウス”を目指しているここでは、地域に文化が色濃く残った“お祭り”などの古き良き東京を体験できます。

タエコさん(@okutae5282)が投稿した写真

出典:Instagram

住所:東京都品川区北品川1-22-16
アクセス:京浜急行電鉄『北品川駅』より徒歩2分
電話:03-6712-9440
料金:1泊3000円〜
チェックイン:16:00 (最終チェックインは22:00)
チェックアウト:〜10:00
HP:http://bp-shinagawashuku.com/jp/

KANGAROO HOTEL(日本堤)

@afangtaoが投稿した写真

出典:Instagram

南千住駅から歩いて10分にあり、ガラス張りとコンクリートがモダンな雰囲気を醸し出すオシャレな外観をした「KANGAROO HOTEL」。3.6畳と狭いながらも趣ある洋室と和室にお手頃価格で泊まることができます。

欧米やアジアなどの世界中から観光客が宿泊しに来るここは、全室個室となっているので、異文化交流を楽しんだ後に自分のプライベートな時間を取って、安心して気を休めて快適に過ごすことができます。

Nacky 👄さん(@nakiieblink)が投稿した写真

出典:Instagram

住所:東京都台東区日本堤1丁目21-11
アクセス:『南千住駅』から徒歩11分
電話:03-3872-8573
料金:1人部屋3600円〜/2人部屋5500円〜
チェックイン:16:00〜21:00
チェックアウト:〜10:00
HP:http://kangaroohotel.jp/index.html

toco.(下谷)

出典:Instagram

築90年の古民家を改装して2010年にオープンした情緒あふれる一軒宿の「toco.」は、大正時代の趣が残る母屋の前に、キレイに整えられた庭があり、日本ならではの景色を楽しむことができます。

世界中から訪れる宿泊客と一般市民がふれあえるように、リビング&バーラウンジも併設してあり、普段の生活なら出会うことのないような自分とは違う日常を持つ人、背景の異なる方を話をする機会があるかもしれません!

出典:Instagram

住所:東京都台東区下谷2-13-21
アクセス:東京メトロ日比谷線『入谷駅』4番出口から徒歩約3分
電話:03-6458-1686
料金:1泊2700円~
チェックイン:16:00〜23:00
チェックアウト:〜11:00
HP:https://retrip.jp/external-link/?content_id=10035811

Retrometro Backpackers(西浅草)

出典:Instagram

一軒家を改装して、2012年3月にオープンした2階建てのこじんまりしたゲストハウス「Retrometro Backpackers」。ガラス越しに中の雰囲気が見える外観になっており、誰でも気軽に入りやすく、また、誰でも優しく迎え入れてくれる場所になっています。

まるで絵本の中にあるリビングのような雰囲気が漂う談話室では、パーティーや飲み会は少ないながらも、東京にいながらにしてのんびりとリラックスできる時間を過ごすことができます。

fanfanさん(@msyifan)が投稿した写真

出典:Instagram

住所:東京都台東区西浅草2-19-1
アクセス:東京メトロ銀座線『田原町駅』から徒歩約6分
電話:03-6322-7447
料金:男女混合ドミトリー1泊2600円/女性専用ドミトリーは1泊3000円
チェックイン:16:30〜22:00
チェックアウト:〜10:00
HP:http://retrometrobackpackers.com/index.html


どのゲストハウスも、ホテルに泊まるよりもかなりリーズナブルな値段で、もしかしたら、まだ見ぬ新しい友人との出会いもついてくるかもしれないという、とっても魅力的なお宿ばかり!
これから東京に旅行を考えている方も、東京に住んでいる方も、ぜひゲストハウスを気軽に訪れて、異文化交流を楽しんでみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

このまとめに関するキーワード