【次世代カプセルホテル】成田空港の”9hours(ナインアワーズ)”は格安なのに快適!

出典: Instagram

快眠を追求したカプセルホテル”9hours(ナインアワーズ)”をご存知ですか?格安でデザインは近未来的。女性一人でも安心して泊まれるつくりになっています。早朝便を利用される方にもおすすめの成田空港にある”9hours”をご紹介します!

9hours(ナインアワーズ)

あきさん(@milkyway_stars)が投稿した写真


出典: Instagram

9hoursとは成田空港内のカプセルホテル。空港第2ビル駅よりカプセルホテルという看板の表示通り進んでいくと9hoursが見えてくるでしょう。

入って正面のカウンターから、右が女性専用、左が男性専用と分かれているので女性も安心して泊まることができますね。ちなみに9hoursという名前ではありますが、チェックインが12時から、チェックアウトが10時までとなっているので最大12時間も泊まることができるんです。

maaariさん(@marinrin._.23s)が投稿した写真


出典: Instagram

料金は60日前の早期予約で3900円。通常だと4900円になっています。空港内のカフェ・ド・クリエの朝食付きになると5440円です。また9時~18時の間は1時間1500円(のち30分毎500円)で仮眠、1000円でシャワーのみの利用もできます。

近未来的なデザイン

@mashu0830が投稿した写真


出典: Instagram

角のまるい部屋が連なっている様子はまるで宇宙船のようですよね。旅行前から旅行が始まっているような気分になれてしまいます。

法律でカプセルの入り口は密封できないので、区切りはブラインドになっています。カプセル内はシングルベットほどの広さがあり、川のせせらぎのようなBGMも流れています。

ロッカーやシャワーにも充実のサービス

Takumi Yoshidaさん(@taqumi)が投稿した写真


出典: Instagram

旅行者のためにかなり広いロッカーが作られ、荷物を預けると同時にウェアに着替えることができます。チェックイン時にウェア、タオル、歯ブラシ、スリッパが受け取れます。

またシャワールームはかなりの数が用意されているので順番アンチのようなことはほとんどありません。9hoursのロゴが入ったこだわりのシャンプー、コンディショナー、ボディソープを使うことができるのです。

可愛くわかりやすいミニマルアイコン

trivagoさん(@trivago)が投稿した写真


出典: Instagram

シンプルで洗練された様子なのは、館内に文字がほとんどないから。外国人の利用も想定されている9hoursで案内してくれるのは、分かりやすいミニマルアイコンたちなんです!

実はこの9hoursがあるのは成田空港だけでなく、第一号である京都、仙台、そして2017年3月22日には新大久保に第4号店がオープンします。

宿泊に特化した洗練された空間を提供してくれる9hours。

ぜひ遠出の予定がある際には利用してみてくださいね!

【関連記事】

このまとめに関するキーワード