【一度は乗ってみたい!】快適すぎる高級高速バス!価格や乗り心地はどうなの?

出典: Instagram

「高速バス」を利用したことはありますか? 高速バスは途中で各地のパーキングエリアに寄ることが出来たりと旅を楽しくさせる一つでもありますが、腰が痛くなったり狭かったりと難もありますよね。それを解決してくれるのが超高級な高速バスです。とってもリッチな高級バス、実際の乗り心地はどうなのでしょうか?

ドリームスリーパー(東京-大阪のみ)

PD1219さん(@pd1219)が投稿した写真


出典: Instagram

1月18日より走行を開始した”最高の眠りと上質なリラクゼーションを追求した高速バス”がこの「ドリームスリーパーⅡ」。なんと車内は土足禁止になっています。11席すべてが個室なので、リクライニングはもちろん自由にできますよ。

K-FURUYAさん(@sokubell)が投稿した写真


出典: Instagram

ゼログラビティシートという座席の開発はNASAが請け負ったというこだわり。

またアメニティも充実していて、無料Wi-Fiはもちろん、トイレやアロマ、全席にプラズマクラスターや快眠音楽チャンネルがついています。歯ブラシセットやアイマスクなどももらえるんです。

大阪~池袋間を片道18000円で走行します。

ドリームスリーパー詳細ページ

コクーン


出典: Instagram

WILLAR EXPRESSが運行する「コクーン」は、なんと全席斜めに配置されているんです!シェル型のパーテーションで区切られており、横や後ろの人を全く気にする必要がなくなっています。プライベートモニターが搭載されていて、TVや音楽、映画などを楽しむことも。靴を収納するスペースやミラーなど、細かいところまで装備が施されている夜行バスです。

@foo283が投稿した写真


出典: Instagram

2月の平日では、東京から大阪までを約8500円で運行します。

WILLER EXPRESSでは2月17日より、更なる快適性を追求した「リボーン」も運行。東京-大阪間を10800円で運行するこのバスは三方を区切られたシェル構造になっており、コクーンに比べ広い座席になっているんだそうですよ!

リボーン詳細ページ

プレミアムドリーム号

Urai Ryutaさん(@uhauhareuta)が投稿した写真


出典: Instagram

JR西日本バスが運行する「プレミアムドリーム号」では、低反発のシートで長時間の移動も苦にならないつくりになっています。シート幅が60センチと広く、寝返りも打てるんだそう。また、それぞれの座席にマイカーテンがついていて、プライベート空間が保たれています。

YUYUさん(@_yuyu27)が投稿した写真


出典: Instagram

ワンセグ機能付きのテレビもついているので、寝付けなくても安心ですね。

2月の平日の東京-大阪間を11500円で運行しています。

プレミアムドリーム号詳細ページ

マイフローラ(徳島発着のみ)

Hir♡naさん(@mskholic97)が投稿した写真


出典: Instagram

12席のみの「マイフローラ」は木製のパーテーションのカーテンでほぼ完全な個室状態が確保されています。またバス後方には着替えができるスペースも完備!各座席には地上波だけではなくBSが映るテレビも。おしぼりやスリッパも完備しています。シート幅も70センチと広々です。

2月平日で徳島-東京間を12000~13000円で運行しています。

マイフローラ詳細ページ

もはやバスとは思えないつくりのものばかりでしたね!

更に高級志向になっている高速バス業界では、新たな高級バスも登場するかもしれません。今のうちに既存の高級バスをチェックしておいてみてはいかがですか?

【関連記事】

このまとめに関するキーワード