【地中海の魅惑の島】オーシャンブルーが美しい”マルタ”でスペシャルな旅行を!

みなさんは”マルタ”という国を知っていますか?
マルタとはヨーロッパにある小さな島国!ヨーロッパには魅力的な国がたくさんありますが、マルタ共和国はヨーロッパ人も旅行先に選ぶほど地中海を本当に楽しめる場所だと言われています。
まだまだマイナーなマルタですが、その魅力を知ればあなたもきっと行きたくなってしまうでしょう!


マルタ共和国

出典: Instagram

地中海に浮かぶ小さな国マルタ共和国。欧州連合の最南端の島なのです。
小さいながらも歴史の詰まった島で、マルタには世界最古と言われている神殿遺跡群がいくつも存在します。
また、16世紀には、転々と本拠地を移してきた聖ヨハネ騎士団がここマルタに居を定め、宿敵だったオスマントルコ軍を迎え討つために、強固な城塞都市を建設して島全体を城塞化しました。当時の最新技術を駆使して建設された城塞都市は、今でもその姿をそのまま残しています。
公用語は英語で、治安もよく、留学先としても人気の国です。

マルタには唯一の空港であるマルタ国際空港があり、ローマなどを乗り継いで14時間~35時間で到着します。
五日間の滞在で8万~が相場ですが、マルタは物価が安く、焼き立てパンも40円足らずで買えてしまうほどなんです!


マルタの首都バレッタ

出典: Instagram

マルタの首都バレッタは世界遺産に登録されています。美しい石造りの家々や教会、城壁などが調和し、まるで海上に浮かぶ城塞都市のようです。
見どころが多く、バレッタで一日中観光することもできますが、特にオススメなのは「聖ヨハネ大聖堂」「アッパーバラッカガーデン」です。

聖ヨハネ大聖堂

出典: Instagram

外観は街並みに合ったシンプルな教会ですが、中へ入ると驚くほど豪華絢爛な金の内装!外側とのギャップも合わせて圧倒される教会なんです!
床の大理石に刻まれた墓標の美しいモザイク画も必見です。入口で日本語の音声案内も借りられますよ。

アッパーバラッカガーデン

出典: Instagram

「アッパーバラッカガーデン」はバレッタの港を一望できる高台にある美しい公園です。
特に夕暮れどきの景色は素晴らしく、マルタストーンとよばれるクリーム色の石で創られた街並みに、夕日が当たった風景はまさに絶景!猫も多くのどかな公園なので、お散歩にぴったりです。

古都イムディーナ

出典: Instagram

まるで昔の映画のワンシーンのような情緒ある街並みが広がるのは「静寂の街」と呼ばれる古都イムディーナ。
中世の雰囲気が漂うのんびりとした街なので、徒歩でゆっくり観光するのがおススメです。小さな街なので一時間ほどで観光できます。
またイムディーナには、マルタで一番美味しいと言われるケーキが食べられるカフェがあります。高台の近くにある「フォンタネッラ」というカフェで、テラス席からマルタの町並みを眺めながら食べるケーキは最高に美味しいんです!おすすめはチョコレートケーキとレモンケーキ。ボリュームはありますが、甘すぎないのでペロリと食べられますよ!

青の洞門

出典: Instagram

マルタはご覧の通り海もとっても綺麗!カプリ島の青の洞窟は有名ですが、マルタの青の洞門はまだあまり知られていないながらも、劣らず美しいんです。
小舟に乗って小さな洞門をいくつもめぐり、光に反射する海水がエメラルド・グリーンやダーク・ブルーに輝き、美しい色彩を楽しむことができます。小さな舟でめぐるので、季節によっては海があれて運休となることがあるので注意してください。
ボートの運行率が高いのは4月-10月の乾季の間で、雨季にあたる冬は運休になる確率が高いそうです。夏場はボート乗り場が海水浴場にもなっているため、泳ぎたい人は水着を着ていきましょう!

巨石神殿群

l o u uさん(@obesemaurice)が投稿した写真

出典: Instagram

マルタの中でも世界遺産が集まるのがこの巨石神殿群です。
なんと神殿の数は30基以上!ほとんどが保存状態が大変良いと知られているそうです。
見学ツアーも充実していて、実際に石に触れることはもちろん、どのようにして神殿が建設されたのか、またどのようにして神殿が発見されたのかを日本語吹き替えでわかりやすく映像から学ぶこともできますよ!

コミノ島

elis@さん(@elisamusai)が投稿した写真

出典: Instagram

マルタが誇る地中海トップクラスの透明度を誇るコミノ島はブルーラグーンと呼ばれています。
とても自然の青さとは思えないという感想を聞くことも多い抜群の透明度を誇るブルーラグーンは、夏にやってくる欧米からの観光客の一番の人気スポットなんだそう!
一日コミノ島で海水浴を楽しみたいという人はコミノ島行きツアーに参加するのがおススメ。旅行期間が限られているため、半日だけブルーラグーンに滞在できれば良いという方は、マルタ島のチェルケウア発のボートで訪れることも可能です。
シュノーケルやダイビングの体験も人気で、小魚が透き通った海でひらひらと舞うように泳いでいる様子が楽しめます。暖かい地域なので10月までは海水浴も楽しめます!


マルタの魅力は伝わりましたか?
ヨーロッパからだと2時間ほどのフライトで行けるので、ヨーロッパ旅行と一緒に訪れるのも良いですね!
最高のバカンスを輝く地中海の秘境、マルタで見つけてみませんか?


【関連記事】


このまとめに関するキーワード

関連記事