ic_mapカウアイ島

カウアイ島一の贅沢な豪邸に遊びに行く

山下 マヌー

スマートリップ・ハワイ編集長

山下 マヌー

搾取する側とされる側がはっきり別れていたプランテーション時代。当時の搾取する側の豪邸と、所有していたプランテーションを復元したのが、キロハナプランテーションエステート。

 

2,300,016,000平方フィートというスーパー巨大なこの家が完成すると、「当時カウアイ島で最も贅沢な作りの家となった」と言われていますが、おそらく「当時」だけでなく、「現在」に至るまでそれは変わっていないと思います。

修復された家には現在ギフトショップ、バー、レストランがテナントとして入居しています。カウアイ島の有名なラム、コロアラムカンパニーもこの敷地の一角に。

 

カウアイ島でラム作りが始まったのは約200年前。サトウキビがこの島に伝わったことがきっかけでした。その当時とほぼ同じスタイルと伝統を受け継いできたのが、島で唯一のラム製造会社のコロアラム。

 

蒸溜所は別の場所にあります。ここではコロアラムの直営ショップと試飲ができるティスティングルームがあり、大人は5種類のラムが無料で試飲できるんです。

 

敷地へは誰でも無料で入れます。広大で手入れの行き届いた庭に建つメインの屋敷に入れば、「いったいどれだけ儲けたんだゲイロード!」と叫びたくなります。

 

23,000エーカーという広大な敷地を走っているのは、当時(1939年ディーゼル)の車両を復活させた鉄道。

 

有料で乗車可能。列車に乗ってプランテーション内を回るツアーです。

 

テナントの一つ“ゲイロード・レストラン”はかなりセレブ感高め・・・なのですが、アヒポケ(14ドル)チキンシーザーサラダ(9ドル)ほかの前菜に加え、メインのビーフショートリブ(14ドル)、本日の魚料理(18ドル)など、この雰囲気では考えられないお値打ち価格!

 

ラナイにも席が用意されていますよ。いやぁ、素晴らしいです。いい意味でここがハワイだということを忘れてしまいそうです。にしてもこの景観の中で食べることを考えたら、決して高くない、いや安いくらいだと思います。

 

レストランと反対のウィングにはラウンジがあります。こちらも一見するとお高めな雰囲気。しかしレストラン同様、リーズナブル。ハッピーアワーならビールが4ドル、マイタイは2ドルオフとお手頃価格でセレブ感を味わえます。

 

オアフでは絶対体験できないこの環境でのディナー。ていうより、ワイキキが高すぎるんだと思います。ホノルルからひとっ飛び。往復約2時間足らずの距離のカウアイです。日帰りディナーのためだけでも来る価値アリだと思います。大切な人との記念日ハワイのサプライスには相当な効果もありですよ。

PREV

ハワイ島コーヒー農園、当時の日本人の暮らしぶりを伝える内田ファーム

ハワイ島コーヒー農園、当時の日本人の暮らしぶりを伝える内田ファーム

NEXT

カップルに絶対オススメ、カウアイ島ゴージャスホテル

カップルに絶対オススメ、カウアイ島ゴージャスホテル

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP