ic_mapワイキキ

アラワイ運河を散歩してみる

山下 マヌー

スマートリップハワイ キュレーター&編集長

山下 マヌー

ワイキキから山に向かった先にあるアラワイ運河。その存在を知っていても車で通り過ぎるだけがほとんどでした。ハワイ歴も相当数を数えてきたというのに、いまだ運河沿いを歩いたこともないということに気付き、一体どうなっているんだろうと、朝の散歩に出かけてみました。

通常朝の散歩といえば朝焼けに染まる空を背景に歩く・・・というイメージです。実際「ハワイで朝の散歩」という類のブログを読めば、その殆どが「朝の太陽が眩しい〜」的な言葉が溢れています。自分もそんな素晴らしい朝焼けの中の散歩に出かけるつもりでした。が、寝坊しました。本来、太陽が昇ってくる素晴らしい光景を見られたであろうダイヤモンドヘッド方面の空の色は、全く普通。

朝焼けに染まるアラワイ運河を見ることができず、がっかり。ふと見るとそんな自分を慰めてくれるのかのようにベンチ。「せっかく来たんだからとりあえず座ってけば」と背中で誘ってくれているかのようなベンチに腰掛けて顔を見上げると、対岸にアラワイゴルフ場。朝焼けタイムは終わっていたとはいえ、まだ8時ちょっと過ぎです。しかも平日ですよ。にもかかわらず駐車場はご覧のようにほぼ満車。「世界一混んでいるゴルフ場」と呼ばれているのにも納得です。

一方こちらの川沿いのウォーキングコースには思い思いの姿で散歩する人たちが行き交います。仲良し夫婦のお父さんはハワイの朝散歩で革靴とチノパンスタイル。「散歩にしてはキッチリしすぎ」と感じますか?でもいいんです。ハワイですから、好きにすればそれでいいんです!

逆にこちらのお姉さんのスタイル、普通に考えたら散歩スタイルじゃないですよ。ハワイの大都会ワイキキは東京でいえば新宿もしくは渋谷?てことは、神田川あたりを水着で散歩しているようなもので、しかし実際にはそんなことできませんよ。だけどハワイですから。ここではありなんです。

もちろん、アラワイ運河にふさわしいスタイルの人々もちゃんといます。朝のアラワイで真っ当なスタイルと言えば、やっぱりジョギングスタイル?

ベンチに座っているのにも飽きたので歩いてみます。おお!ところどころ階段があって川の水面まで降りられるようになっていたとは知りませんでした!「No Swiming」「No fishing」とありますが、正直、水は決してきれいとはいえなく、泳ぐのも釣りもしないです。

おっと!なんだ、なんだ、なんなんだこいつ!?いきなりバサバサと音を立てて降り立ってきやがった。なんか見たことあるタイプなんだけど、名前思い出せず・・・。

にしてもかなり人馴れしているというか、人懐っこいというか。すり足でピョコピョコスリスリ、こんなに近くまで近寄ってきて。手ぶらな自分にはあげる餌もパンもなく、申し訳ないです。

そろそろ陽が高くなってきたので、撤収。アラワイ運河を後にホテル街へと戻ります。

ここでアラワイ運河のハナタカミニ知識。ハワイ語で「ワイ」というのは水。ワイキキのワイも同じですね。「アラ」は路という意味。ということでアラワイ=水路というような意味ですね。ということは、アラワイ運河=水路運河?というのはちょっと変かもしれませんね。

PREV

すでに懐かしい?旧インターナショナルマーケットがあった風景

すでに懐かしい?旧インターナショナルマーケットがあった風景

NEXT

超スーパーリッチ、ポートロックエリアの隠れビーチパーク

超スーパーリッチ、ポートロックエリアの隠れビーチパーク

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP