ic_mapオアフ島

「Zippy’s」のもち粉チキンミックスはお店と同じ味が作れるのか?

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

※美食家が選ぶ“気になる商品”を厳しく調査したもので、ハワイ産のスナックの特集、「KaSnack attack!」シリーズから幅広い商品を扱っています。

調査対象:モチコチキンミックス
場所:Zippy’sのレジ付近
価格:$9.95(16oz≒450g)

Q:「Zippy’s」の“モチコチキンミックス”で作ったモチコチキンは、「Zippy’s」のレストランで食べるのと同じくらい美味しくできる?

※「Zippy’s」とは、ハワイの定番チェーンでロコが愛してやまないファミリーレストランです。

週末のポットラックパーティー(持ち寄りパーティー)に向け、「Zippy’s」でパーティー用大皿料理を物色していたときに便利な新商品が売られているのを発見!レジの右側に並んた4つのパッケージで、Aippy’s Pancake Mix、Fried Chichen Fry Mix、Mochiko Chicken Fry Mixとオリジナルの10%ハワイ産コーヒーブレンドです。私はモチコチキンに目がないので、即座にMochiko Chicken Mixを手に取りました!

このミックスはハワイ限定品で、コンパクトなのでアメリカ本土や海外へのお土産にもぴったり。作り方は、1袋当たり16oz(約450g)を3lb(約1.4kg)の鶏肉と混ぜるだけ。値段は$9.95

思わず買ってしまったモチコチキンミックスと鶏肉を買って帰りました。裏面に記載されているレシピによると、1回分で用意する材料は1/3のモチコチキンミックスとキューブ状にカットした鶏肉1lb(約450g)、そしてLサイズの卵が1個だけ。なんてお手軽なんでしょう!

チキンをカットした後、卵と1/3の量のモチコチキンミックス(およそ3/4カップ)を混ぜます。生地はカチカチになると書いてありましたが、嘘じゃなかった!たとえ電話をかけながらだったりテレビを観ながらだとしても、手を休めることなくこねくり回してください。混ぜに、混ぜて、混ぜまくることで、本物の生地が完成します。

次はカットしたチキンを投入。12~24時間漬け込むと書いてありましたが、18時間漬け込んでみました。ここまででの調理行程の実働時間、たったの10分。早くて簡単!

冷蔵庫から出した生地は、いくらか水っぽくなっていました。植物性の油を浅めに注いだ鍋を350℉(約170℃)まで熱します。約170℃に達したら、油が跳ねないように鶏肉をゆっくりと入れましょう。:このとき、あまりたくさん入れ過ぎないように注意してください。

鶏肉を小さくカットしているので、揚がるのにそれほど時間はかかりません。1〜2分できれいなキツネ色に仕上がるので、いくつかカットしてみて中まで火が通っているかどうかを確かめましょう。揚げた鶏肉をペーパータオルの上に乗せて余分な油を吸わせたら、お待ちかねの試食。

A:答えは「YES!」間違いなく本物の味です!!

これは本格的な味。鶏肉はしょっぱ過ぎず、甘すぎず、衣も厚すぎない。これぞまさに本物。自分で言うのもなんですが、レストラン以上かも(笑)。美味しいと感じたのはもしかしたらオーガニックで放なし飼いの鶏肉を使ったからかもしれないし、油が新しかったからかもしれないし、何より自分が食べたいと思った時に作ったからかもしれません。レストランでモチコチキンは定番メニューというわけではありませんが、たまに登場するので訪れた際はチェックしてみてください。

〔原文:What I found at Zippy’s: Mochiko chicken mix  BY: KELLI SHIROMA〕

PREV

懐かしい味のチーズバーガーTOP5

懐かしい味のチーズバーガーTOP5

NEXT

極上レストラン「Vintage Cave Café」ランチが半額で楽しめる!

極上レストラン「Vintage Cave Café」ランチが半額で楽しめる!

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP