ic_mapオアフ島

火・木曜限定のハイウェイ・インのハワイアン家庭料理に癒される

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

火曜日と木曜日には、おじいちゃんのハンバーガーシチューや、“おふくろの味”ロールキャベツに、こんがりと揚げたトゥウィンキーもいただけます。 撮影:MELISSA CHANG

おばあちゃんのお料理に勝るものはありません。それがクリスマスのご馳走であっても、シンプルな一杯のチキンスープであっても、それぞれに食べて育った家庭の味がありますよね。それが、カカアコのハイウェイ・インのトゥトゥズ・キッチン(おばあちゃんのお料理)のコンセプトです。火曜日と木曜日限定で、月替わりの家族料理を楽しめます。ハワイの伝統的な家庭料理を引き継ぐシンプルなお料理で、1回の注文毎に$1が、料理業界に従事している女性のための団体、Les Dames d’Escoffierに寄付されます。

2月の毎週、火曜日と木曜日には、おじいちゃんのスラムガリオン($8)が食べられるのです。これは、トマトベースのひき肉のシチューに、ポルトガルソーセージ、豆、キャベツが入ったものです。調理するのは、元カメハメハ・デー・パレードのパウクィーンでレストランの女主人、Kuuipo Lorenzo。Lorenzoのおじいちゃんが彼女のハンバーガーシチューをスラムガリオンと名付けたのは、このシチューが、彼女と孫たちがスラムのような市場をうろうろしながら集めた食材で作られるからです。美味しくて心のこもったお料理は、ここ最近の寒さにはばっちりですね。このお料理が食べられるのは2月28日まででしたが、これから毎月新しいメニューが登場しますよ。

3月の毎週、火曜日と木曜日の特別メニューは、Kathy Saksのお母さんの合いびき肉のロールキャベツです。味付けは、甘酸っぱいトマトソースに、レーズン、ハチミツ、スパイスなど。元々はロシア人とユダヤ人がコラボしたレシピが始まりなのです。卵の麺の上に乗せられた伝統料理に、さらにひと手間を加えて写真のような料理に(大盛を頼んでみました)。ソースと卵麺だけでも大変美味しい料理です。

 

4月のトゥトゥズ・キッチンの担当は、文字通り飲食ビジネスのために生まれたLori Wongです。バイロンズ・ドライブインを覚えているでしょうか?チャウダー・ハウス、ウォンズ・オカズヤ、オーソンズ。これらは全部、彼女の系列レストランです。ウォンは、チャウダー・ハウスでバレンタインデー向けにトゥウィンキーを天ぷら風に油で揚げ、チョコレートソースをかけて粉砂糖をまぶしました。バイロンズではのちにこれを、オレオバージョンでも作っています。外は揚げたてカリカリの衣、中はフカフカでクリーミー。

トゥトゥズ・キッチンは、今年いっぱいおばあちゃんスタイルの新しい料理を提供するそうです。4半期ごと、これら3種の家庭料理(あるいはコック。実際はおばあちゃんでもなく、むしろ女性でさえないかもしれませんが)を日曜日の晩御飯としても計画中。仲間でお料理を囲んで家族で取り分けるという、そんなスタイルです。もちろん、テーブルの上で丼ぶりやお皿が行ったり来たりします。

さぁ、火曜日と木曜日は、カカアコのハイウェイ・インに出かけて、その月のスペシャル料理をチェックしましょう。もし、どなたか、紹介したい家庭料理のレシピをもっている年配の女性をご存知でしたら、ハイウェイ・インの仲間に声をかけてみてください。あなたのおばあちゃんのパステウシチューや昆布巻きをメニューに載せてみませんか?

Myhighwayinn.com

 

原文:https://www.frolichawaii.com/stories/tutu-style-comfort-dishes-highway-inn

BY: JASON CHIN 

PREV

ハレイワの新しいシェィブアイスの顔となるか、カイマナ・シェイブアイス

ハレイワの新しいシェィブアイスの顔となるか、カイマナ・シェイブアイス

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP