ic_mapカウアイ島

「NOM Kauai」の抜群に美味しいアメリカ南部料理をレポート

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

「NOM Kauai」の営業時間は水曜日~月曜日の7:30a.m.~2:30p.m.。ただし売れ切れの場合を除く。

今年のはじめにフードトラックでの営業を終えた「ノム・カウアイ」が、カパア・ショッピングセンター内にレストランをオープン。開店2週間後にはすでに大盛況で、日曜日のブランチにはメニューが売り切れになるほど。そこで再度翌週、行列を避けるために7:30の開店時間に合わせて行ってきました。正解でした!!

レッド×ブラック×ホワイトで統一されたカジュアルな雰囲気の店内。壁はハンバーガーをテーマにしてデコレーションされ、メニューの一部も描かれています。

「NOM Kauai」では、ハワイ産の材料を使ったアメリカ南部料理を一から調理。ここで味わえるのは、巨大でフワフワしたバター風味のビスケットにグレービーソース、カウアイ島の海老にグリッツ(とうもろこしの粉を煮たもの)、そしてカラヘオにあるMedeiros Farmsの牛肉を使ったハンバーガーなどのメニューの数々。

13種類の朝食メニューは、Cheeky Moco(お醤油で蒸し煮された牛のほほ肉)やToasty Elvis(バナナパンのフレンチトースト、ピーナッツバター、ピーカンナッツ、砕いたベーコン付き)などとユニークにネーミングされています。ハンバーガーも11種類ラインナップされていて、どれも終日食べることが可能。

NOMを経営するAlicia Fuquay氏によると、フードトラックでレストランを始めた当初は美味しいお料理を食べた時の音“nom(”むしゃむしゃ食べる”の意味)”から店名を決定したとか。しかし今では、風変わりなハワイ産のオリジナルメニューの“Not On Mainland(本土ではない)”を意味しているのだそうです。

私は2種類のメニューを注文しました。

The Fancy One($18)はミディアムサイズのハンバーガーで、ゴートチーズ、豚バラ、目玉焼き、バターで蒸し煮した玉ネギ、ローストしたニンニクとトマトジャムが付いています。

普段はあまり朝食にハンバーガーを食べることはないのですが、これは大好物の豚バラが入っていて珍しいのでオーダー。一口食べただけで、頼んで大正解だとわかりました。ビッグサイズの豚バラはスモーキー且つオイリーで、ジューシー、そして少し焦げていてほどよくクリスピー。山盛りのゴートチーズに、ドロッと流れる卵とローストしたニンニクが旨味をプラス。このハンバーガーは各々の素材がうまく合わさっていて、それが絶妙なバランスを生んでいます。

The Ultimate($16)はバターミルクチキン、ベーコン、目玉焼き、パイナップルバーボンのバターとメイプルシロップがベルギーワッフルの間に挟まっている一品。

個人的には定番のワッフルチキンが好きですが、NOMのものは究極にゴージャスなサンドイッチの形状。だからといって食べやすいというわけではなく、フォークとナイフが欲しいほどにずっしりと重ためなフォルム。ベルギーワッフルは非常に柔らかく、チキンは完全にキツネ色になるまでこんがりと揚げられています。なんといっても一番のポイントは、パイナップルバーボンのバター。その甘さは、メイプルシロップを上からかけることでさらに引き立ちます。

お腹が一杯で食べる余裕のなかったPB&Jバーガーは、ゴートチーズ、ベーコン、クリーミーなピーナッツバター、バターで蒸し煮した玉ネギ、チリペッパージャム入り。また、Southern Chickは、揚げたバターミルクチキンにチェダーチーズ、目玉焼き、スパイシーソーセージ、グレービーソースが自家製のビスケットの上に乗っています。食べた直後なのに次回は何を食べようかと、帰る前にもう一度メニューをくまなくチェックしてしまいましたよ。NOM on(むしゃむしゃむしゃ……)

https://www.nomkauai.com

〔原文 ONOM Kauai is Southern food you have to try BY: KELLI SHIROMA〕

PREV

スクープ !! 最新&注目のハワイアイスクリーム事情

スクープ !! 最新&注目のハワイアイスクリーム事情

NEXT

エッグベネディクト厳選トップ5を発表!

エッグベネディクト厳選トップ5を発表!

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP