ic_mapウインドワード

ウインドワードにお気に入りの料理を発見!

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

カネオヘからカイルア、エンチャンテッド・レイクまで。食べに行く価値のあるお料理をご紹介します。

2〜3か月前に引っ越してくる以前は、カイルアと言えば「Cinnamon’s」や「Boots & Kimo’s」、高校のテニス時代は「Kailua Racquet Club」くらいしか知りませんでした。それ以外はほとんど知らないし、「K-town」もテリトリー外。

ウインドワードにやってくる住民たちはあまり挑戦をしないというか、個性を嫌っているみたいで、立ち並ぶ家々がすべてそっくり!どれも同じような家ばかりで、しまいには自分の家がどれかわからず迷子になるほど(笑)。パリ通りを運転するのは難しいし、道に慣れるまでには相当時間がかかったけれど、美味しい食べものを探すのとても簡単!!

ということで、ここからは近所のお気に入りの食べものをご紹介します。

 

「Uncle Glenns Hawaiian Food」Common Kings dog($10.99)

巨大なCommon Kings dogにはピクルスとベーコン、ガーリックマヨネーズ、BBQソース、オニオンリングとカルーアポークがトッピング。

Uncle Glenns Hawaiian Food(以前はHale Pops)」は、カメハメハ・ハイウェイのマウカ側にあるあまり目立たないピンク色のお店。ハワイアンスタイルのプレートランチで有名ですが、実はオアフ島随一のホットドッグ店でもあるんです。14インチのアンガス牛の頑強なホットドッグは、ローストしたフレンチロールに上にのっていてかなりのボリューム。

最初お店に訪れた時にCommon Kingsを食べて以来ずっと、これがお持ち帰りの定番となりました。カルーアポークと燻製の香りがすべてですが、トッピングがさらにこのホットドッグをレベルアップさせています。カリカリに揚がったオニオンリングの歯ごたえは、このホットドッグ最大のポイント。

ハーフサイズのS($7.99)も注文可能ですが、私は常にレギュラーサイズをオーダー。半分だけ食べて、半分を残しておこうとするのですが、美味しくて我慢できずにいつも全部食べてしまうんですよね。

Uncle Glenns Hawaiian Food・45-726 Kam. Hwy・247-7127

 

「Over Easy」Potato n’ eggs($14)

エッグベネディクトをお店風にアレンジしたもの。私はいつも$2プラスしてアボカドをトッピングします。

私が初めて「Over Easy」を訪れたのは、土曜日のブランチでした。お店からわずか6分のところに住んでいるので、仕事前の朝ごはんを食べに行ったりもします。行列に並ぶことはもうありません。

注文するメニューは、毎回決まって同じもの。なぜなら、ただただこれがものすごく美味しいから。半熟卵が2つ、濃厚なジャガイモのピューレ、トマトジャムにベーコンビッツ。これらすべてが厚切りのフランスパンの上にトッピングされています。エッグベネディクトと違うところは、オランディーズソースがかかっていないところ。伝統的なソースの代わりに、ポテトピューレを使っているところが「Over Easy」風。ジャガイモが優しく、クリーミーで濃厚。ミックスグリーンが口の中をすっきりさせてくれて、言うことなしの一皿です。

Over Easy・418 Kuulei Rd. ・260-1732

 

「Morning Brew」Peanut butter stack($4.45)

Peanut butter stackは、チョコレートケーキとチョコレートのフロスティング、ピーナッツバター、キャラメル、トッフィーにピーナッツで作られています。

大多数はここにコーヒーを飲みに行きますが、私はスイーツを求めて来店。特にpeanut butter stackは、ハワイ島で見つけたピーナッツバターのデザートの中でトップクラスです。

このフルサイズを見たら、コスパに納得。キャラメルとピーナッツバターとチョコレートケーキとチョコレートフロスティングが層になっていて、カリカリのピーナッツをトッピング。カリカリとクリームの組み合わせは、人気のデザートの定番ですね。それがたとえ朝の食事だとしても、そんなことは気にせずにガッツリ完食。

当店はカカアコにお店をオープンしましたが、私が行くのは近所のカフェのような雰囲気でリラックスできる、ここカイルア店です。

Morning Brew・600 Kailua Rd.・Kailua・262-7770

 

「The Hibachi」Spicy oyster sauce ahi poke(時価)

お店で一番人気のポケ「スパイシー牡蠣ソースのアヒ」

カイルアで育った私のルームメイトによると、彼女のポケのお気に入り店はここ「The Hibachi」だそうです。1週間に2度出かけてみて、その理由が分かりました。

「The Hibachi」はデリですが、新鮮なポケや生のままマリネされたお肉、注文してから焼いてくれる串などが食べられるのと同時に、酒屋でもあります。私はまだお肉の串は試したことがないのですが、アラカルトでもプレートでも注文可能。いつもポケを注文していましたが、何を選んでも間違いなし!メニューに使われる新鮮な魚は、毎日地元の漁師から届けられています。ポケ丼はミニサイズとレギュラーサイズがあって、白い酢飯かサラダ盛りかを選択。もちろんアラカルトでの注文もOK!時々アラカルトで注文し、3〜4種類を食べ比べしています。

わさび醤油のアヒやスパイシータイバジル、わさびマヨネーズとサーモンのポケまで、幅広い選択肢が。わさびマヨネーズの辛い後味も好きなのですが、私がいつも注文するのはspicy ahi source ahi。辛さはちょうどいい感じで、舌がしびれるほどではありません。

The Hibachi・515 Kailua Rd. ・Kailua・263-7980

 

「Masa & Joyce Okazuya」オリジナルのプレートを作りましょう(時価)

たくさん並ぶおかずの中から選んだ、ずっしりと重い私のプレート$12

例えば、道を挟んでちょうど向かいにある24 Hour Fitness Kaneoheで汗を流した直後、めちゃくちゃお腹が空いている時に「okazuya」を訪れるのはやめましょう。

つい美味しそうなお料理の数々に目移りしてしまい、その結果カロリーも値段も非常に高くついてしまうから。私は「okazuya」に頻繁には通わないようにしていますが、それでも「Masa & Joyce」のお料理はとても新鮮で安心。ときどき無性に立ち寄りたくなって、新しいメニューを食べるのが楽しみなんです。

「Masa & Joyce」はハワイスタイルのプレートやプレートランチで有名ですが、私はいつも寿司やおむすび、ポケやおかずの中から好きなものを選んで、オリジナルプレートを完成。では、私のお気に入りをご紹介しますね。ガーリックカツむすびは、鶏肉がジューシーかつカリカリに揚げてあります。チキンカツはその場でスライスしてくれ、ソースは濃厚で芳醇。ハッシュも好きです。アヒパテはテリヤキ風味で柔らかく、わさびスパイシーアヒロールはスパイシーツナが大好物だという方に超おすすめ。

どうでしょう?頻繁に「okazuya」に行かない理由がお分かりいただけたでしょうか?万が一、カネオヘでお腹を空かせていたとしたら、ぜひ気になるおかずを好きなだけ買ってみて。

Masa & Joyce ・45-582 Kam. Hwy.・Kaneohe・235-6129

 

「The Beet Box Café」Cacao bowl($9)

アサイー、バナナ、生カカオがアーモンドミルクとブレンドされ、グルテンフリーのヘンプシードグラノーラ、バナナ、アーモンド、カカオニブとハチミツがかかっています。

ハレイワにあるヴィーガン料理のお店が、3月の終わりにカイルアに2店舗目をオープンしました。以前「Agnes Portuguese Bakery」があった場所です。

ここは、朝食メニューと共にアサイーが終日食べることができて、メニューのラインナップは豊富。たくさんのメニューの中から選択できるランチタイムに行くのがおすすめ!私がいつも食べるのはもちろん、ハワイ島のアサイーボウル、the cacao bowlです。

このアサイーボウルは、なめらかな口当たりとフローズンヨーグルトのような食感が特徴。クランチカカオニブがふんだんにトッピングされているのも嬉しい。もし、普通のほろ苦いブラジルのアサイーがお好みであれば不向きでしょうが、軽食やおやつをガッツリ食べたい時にはおすすめしたい一品です。暑い夏の間には、ここのマンモス級のアサイーボウルを食べ過ぎてしまわないように我慢するのが大変。

The Beet Box Café・46 Hoolai St.・Kailua・262-5000

 

「Niko’s Kailua」Lawrenceシェフのangry ahi dip($12)

秘伝のスパイス・トマト・ピーマンがアヒのコンフィとミックスされていて、自家製のワンタンチップス付き。

「Nico’s Kailua」の多くのお料理はPier 38の店舗のものと似ていますが、カイルア店でしか食べられないものもいくつかあります。そのうちの1つが、Normanシェフの信じられないほど美味しいポケナチョス($14)とLawrenceシェフのangry ahi dip。

“angry(怒っている)”という単語に怖がらなくても大丈夫。味のアクセントは比較的マイルドで、アヒのコフィはクリーミーで美味しくなめらか。私と同じように、ボウルから直接スプーンで食べる人も多いかもしれません。

気を付けなければならないのがワンタンチップス。チップスはディップに付けても付けなくても美味しくて、クセになる味。あまりに美味しいからって、メイン料理がそろう前にポケボウルを全部食べてしまわないように注意しましょう。(人のことは言えませんけど)。

Nico’s Pier 38 Kailua・970 N. Kalaheo Ave. ・263-3787

 

「Yamas Mediterranean Cuisine」バクラバ・アラモード($7)

Yamasの看板デザート。アラモードで注文して、もっと甘さを満喫しましょう。

無性にギリシャ料理が食べたい時におすすめなのが、ここYamasです。私がいつも注文するのは、ジャイロかチキンのスブラキ($12)。というのも、どちらにも大好物のクリーミーなザジキソースがかかっているから。デザートはいつもこれと決めていて、デザートを食べるためだけにエンチャンテッド・レイクのレストランまでやってきます。

自家製のバクラバは繊細でサクサクとした生地が何層にも重ねられ、砕いたピーカンナッツと香り豊かなシナモンがトッピング。一番美味しいのは底の部分で、大量のハチミツがポイントです。プレーンのバクラバは$5ですが、いつもそこにバニラアイスを追加。このデザートは美味しいギリシャのご馳走の締めとしてふさわしく、きっと満足してもらえるはず。

Yamas Mediterranean Cuisine・1020 Keolu Dr.・Enchanted Lake・263-4075

 

「Maui Mike’s」Maui Wowie melt($8.59)

お肉にチェダーチーズとハニーマスタードがかかったもの。$1追加でケイジャンポテトに変更可。

「Maui Mike’s」のメニュー数が少ないからといって、お料理を選ぶのが簡単なわけではありません。ロティサリーチキンを食べたい気分ならチキンを1/4か1/2、細く刻んだ胸肉にしてもいいし、お祭りのご馳走のように一羽まるまるをホールで注文するのもOK。もしサンドイッチをオーダーしたい場合は、Maui Wowie meltを注文するべき。すべてのコンボに選べるサイドメニューと自家製のディップソースがついてきます(ソースの種類は、牧場の燻製BBQ・スイートBBQ・ハワイ島風テリヤキ・ハニーマスタード)。

鶏の胸肉はしっとりしていて、トロけたチェダーチーズがてんこ盛り。パンは柔らかく厚みがあって、シンプルでありながらもこの上ない組み合わせに満足感を得られます。ソースはハニーマスタードが一番人気ですがそれではありがちな味になってしまうので、スイートBBQソースを選び甘くて香り高い完全無欠なサンドイッチを作ってみては?後味の甘さがトロけるチーズの塩気と調和して、きっと気に入ってもらえるはず。

Maui Mike’s Kailua ・Enchanted Lake Center・1020 Keolu Dr.・261-5900

 

〔原文 My new hood: Fave food finds in Windward Oahu BY: KELLI SHIROMA 〕

PREV

みんな大好き!ハワイの昔懐かしい味が楽しめる食堂 8選

みんな大好き!ハワイの昔懐かしい味が楽しめる食堂 8選

NEXT

ハワイ島。ここに行って、見て、食べる!

ハワイ島。ここに行って、見て、食べる!

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP