ic_mapオアフ島

ハワイのローカルフードを食べよう!

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

2013年に創業72年を誇るハイウェイ・イン、ワイパフがカカアコにオープンした頃でしょうか。あるいは、その翌年にリリハベーカリーがニミッツハイウェイに支店をオープンした頃でしょうか。それ以降特にここ数か月の間で、事態は急展開しています。長い間みんなが食べて育った地元民が集う質素なお店が、新たな場所に次々とお店を展開し始めているのです。

ローカルフードが見直されつつあります。カカアコに続々とオープンしている種々雑多なお店から、街中にオープンする日本料理に特化したお店に至るまで、私達が日々チェックしている全ての流行から選りすぐりのお店をご紹介します。初期の頃まで記憶を紐解いて、旅先からホノルルの空港に戻ってきたら真っ先に向かうお店の数々。中には3世代にわたって知られているお店が今になって成功しているケースもあります。全国区のメディアのおかげか、あるいは照り焼きバーガーやココナッツのシューに並ぶ地元の行列のためか、私たちが大好きな昔ながらのお店が今、脚光を浴びています。

リリハベーカリー、アラモアナ店/ニミッツハイウェイ店

私はリリハで育ったので、いつも同じコックがチーズバーガーを調理し、同じ女性がチョコレート・ドロップを同じレジで打つのを何十年と見てきました。だからヤミーズのオーナー、Peter Kimが1950年代から続くリリハベーカリーを買収し、2台目のレジを導入した時には驚きで卒倒しかけました。その後彼は、ニミッツにリリハベーカリーの広い支店をオープン、さらに2019年3月に、3店目も出店。私が小さいころから知っている小さなお店が、今や、メイシーズ・アラモアナ店で170席を誇る旗艦店をオープンしたのです。

これは一大事です。テスラを視察したり、ジニアス・バーでiPadを使って打ち合わせするついでに、ココナッツのシューを買えるようになったのです。リリハベーカリーは、全米でも最大規模のチェーン店をかかえる、ハワイ州最大のショッピングモールに出店しました。以前にはパイナップルルームがあったところです。ローカルっぽくはありますが、決して質素ではありません。

実際、バターロールや蛍光ピンクのゼリーもあります(なんとゼリーは瓶詰め!)。3月22日のグランドオープニングまでには、ニミッツ店の食事メニューが全をとり揃え、ボバティーやワイン、ビールもいただけるそうです。ちょっと次の写真を見ていただけますか?これが、リリハベーカリーだなんて!

515 N. Kuakini St.・Liliha・531-1651・lilihabakery.com

580 N. Nimitz Hwy・Iwilei・537-2488

Macy’s 3F・1450 Ala Moana Blvd.・Ala Moana・944-4088

 

ヤングス・フィッシュマーケット・カポレイ

これまたリリハで生まれたお店です!ダウンタウンとチャイナタウンの間を走っているトローリーは、ずっと昔はリリハ通りまで走っていました。ヤングス・フィッシュマーケットは1951年にオープンし、現在はカリヒのシティー・スクエアにお店をかかえているのですが、来月、カポレイ・コモンズに2店舗目を出店する予定。カポレイ店ではハワイ料理を提供するだけでなく、オーナーのDaniel Youngによると、ポケの種類と、ポケ丼とお弁当に選べるオカズの種類も増やすそうです。

1286 Kalihi St.・Kalihi・841-4885・youngfishmarket.com

4450 Kapolei Pkwy・Kapolei

 

ボブズ・Bar-B-Que・カポレイ

撮影:Thomas Obungen

1978年にカリヒのディリングガムとワイカミロの角にオープンしたお店で、今でも同じ場所にあるのですが、初めてのフランチャイズ店がカポレイに2月にオープンし、本店同様、カルビやリブコンボ、ヒバチ・チキンを提供しています。工事現場の労働者や、定年退職者、ベビーシッターたちが、ランチタイムにお店の外にまで行列を作っているので、きっとBBQは大人気なのだと思います。

1366 Dillingham Blvd.・Kalihi・842-3663・bobsbarbque.com

91-710 Farrington Hwy・Kapolei・674-9999

 

レインボードライブインパールリッジ店、カリヒ店

レインボーズはGuy Fieriが昨年、レストランとドライブインとバーを兼ね備えたお店をカリヒにオープンする前から賑わっていたのですが、2月にパールリッジに3店舗目をオープンしたと聞いて本当に驚きました。スラッシュフロートや骨なしチキンのぶっかけグレービーソースを食べたくてたまらないファンが少なかったからではなく、レインボーズの前回の拡大計画はそれほどとんがったものではありません。というのも、我々にはカパフルで1961年に創業後、永年親しんできた本店のイメージが根強いから。今回オープンしたレインボーズは、今注目のスポットでフランチャイズ形態。つまり、オアフ島全土でレインボーズが見られるようになるかもしれません。

スラッシュフロート。レインボーズ・ドライブイン。撮影:Lee Tonouchi

3308 Kanaina Ave.・Kapahulu・737-0177・rainbowdrivein.com

1339 N. School St.・Kalihi・784-1163

98-1005 Moanalua Rd.・Pearlridge

 

H&T バーガーズ・パールリッジ

撮影:Lee Tonouchi

レインボー・ドライブインがグレービーソースなら、H&Tはテリヤキソースです。ウィンドワードモールでずっと営業していたお店が、全メニューを揃えコウラウ山脈を超えパールリッジにやってきました。西部の住民が、あの有名なテリヤキバーガーとテリフライ食べられるようになったのです。テリフライは減量サイズで、甘辛いソースが鉄板で焼かれたポテトの上にかかっています。他にも、テリチキンやサンドイッチやテリビーフプレートもありますが、何と言ってもH&Tの自慢はジューシーなテリビーフです。Lee Tonouchiの忘備録よろしく、H&Tのテリマジックにかかったら、ポテトにテリヤキソースをぶっかけましょう。そしてその場合は、フォークをお願いするのをお忘れなく。

46-056 Kamehameha Hwy・Kneohe・235-1311

98-1005 Moanalua Rd.・Aiea・744-0952

 

ヌウアヌ・オカズヤ

撮影:Kelli Shiroma

創業30年のヌウアヌ・オカズヤが昨年の夏、隣地に店舗を拡大し、常連客達が驚きました。店内に飲食スペースを設けたのです。テーブル席が3つにソファが1つですが、2人が入ってやっとだった以前の狭い店内が一新しました。ところで、オカズヤの店舗拡大を最近知ったのですが、実はずっと前から変わってました?ヌウアヌさん、店がどう変わろうとずっと前から貴店のかまぼこや、フライドチキン、アンダギーが大好きですよ。今回、もっと好きになりましたけどね。

1351 Nuuanu Ave.・Downtown・533-6169・nuuauokazuya.com

 

へレナズ・ハワイアンフード

当初Helen Chockは、ファーリントン・ハスクールのそばで、女手一つで綺麗とは言い難いお店で絶品料理を作っていました。その後、Helena’sはスクール通りにある、ペットフードのお店があるのと同じビル内に移転。孫のCraig Katsuyoshiが彼女の後を引き継ぎ、調理とホールを担当しています。それだけでもすごいのですが、その後、お店の前に行列ができるようになりました。300度に熱したオーブンで乾燥させた150パウンドのピピカウラ・リブ、口の中でとろけるラウラウ、イカのルアウ、バターフィッシュのヒレのフライ、ロミサーモンやポイ・・・どれもが灼熱のカリヒの太陽の下で行列に並んでも食べる価値がありますよ。2年前、ヘレナズが壁を取り壊し、食事スペースを隣の部屋まで広げた際には、ひざまづいてピピカウラの神に感謝しました。

1240 N.School St.・Kalihi・845-8044・helenashawaiianfood.com

 

原文:https://www.frolichawaii.com/stories/local-food-back

BY: MARI TAKETA

PREV

メリマンズ・ホノルルがお得なハッピーアワー開始

メリマンズ・ホノルルがお得なハッピーアワー開始

NEXT

リアル・ガストロパブがカカアコにリニューアルOPEN

リアル・ガストロパブがカカアコにリニューアルOPEN

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP