ic_mapアラモアナ

ホノルルの新しいソフトクリーム・パーラーに行ってみませんか?

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

ソフトクリームとチャコールコーンのお店

5月第2土曜日正午、スリルズ・ソフト・サーブの開店を待っている間、とにかく倒れそうなほど暑かったんです。そんな中、行列は角まで伸びていたのですが、それもそのはず。先着30名にソフトクリームカップが無料で配られていたのです。

場所はPiiki Street沿いのイチリキと同じ建物内

ホノルルに新しいソフトクリームのお店がオープンするのを以前より楽しみにしていたので、4月の初め頃から「スリルズ・ソフト・サーブ」のインスタグラムをフォローしていました。私のデザート好きは友人たちの間でも知れ渡っていて、お気に入りのお店はいくつかあるのですが、この新店舗が新たな選択肢として加わるのかどうかが気になっていたようです。

オープニングに先立って店内写真をいくつか投稿していて、グランドオープニングの週末のみ販売される数量限定バースデーケーキについても書かれていました。

グランドオープニング当日は長蛇の列

店名は、オーナーのRidge Hayashi氏とSandy Bach氏がお店に足を踏み入れた瞬間にお客さんがワクワクして欲しいという思いから名付けたそうです。それに加えて、ソフトクリームのコンセプトも面白いものにしようと思ったそう。彼らはICE HNLも経営していているのですが、そちらのポップアップカフェでは、カラフルでドライアイスの煙がモクモクとしたインスタ映えするドリンクを販売。

店内には数多くのインスタ用グッズが配置

店内にはインスタ映えするグッズで溢れています。ソフトクリームを食べる気分ではなかったとしても、デザートをテーマにしたユニークな看板を見れば、きっと食べたくなりますよ。

メニューは5種類のソフトクリームのカップ($5)とコーン($6)のみと少なめなのですが、毎月1週間だけ週替わりで限定フレーバーを販売するそうなので、常連客でも飽きずにチェックしてみてくださいね。

残念ながら、2種類のフレーバーをミックスすることはまだできないそうなので、1種類に絞るか複数をオーダーするかしかありません。チャコールのコーンは焼いたマシュマロやスプリンクル、シリアルなどのトッピングと同様に$1の追加で選べます。そうそう、スリルズではお支払いはキャッシュのみなのでご注意を。

フォトジェニックなファンフェッティのケーキを連想させるBday Cake

すべてのフレーバーには、色彩が鮮やかだという共通点があります。Bday Cakeは明るいターコイズ、Fruity Pebblesはバブルガムピンク、ubeはラベンダー、Oreoはチャコールグレイ。Oreoは写真映えこそしませんが、味が美味しいのでその分の埋め合わせをしてくれます。Bday Cakeはオープニングイベントの日に行列に並んでまで食べた甲斐がありました。材料がある限り、販売を続けてくれると聞いて本当に嬉しかったです。材料がなくなり次第作らないそうなので、味わってみたい方はお早めに!

Fruity Pebbles―撮影:Stephanie Kuroda

Fruity Pebblesは、甘すぎるアイスクリームが苦手な方におすすめです。シリアルで味がマイルドになっていて、色合いもお店独特のピンクの装飾にベストマッチ。Fruity PebblesやTrixのシリアルがソフトクリームの味を引き立てて、スタッフおすすめの商品でもあります。

真っ黒な活性炭のコーンに関しては2回注文しましたが、特に味に影響はありませんでした。バニラアーモンドのバタークリスプに活性炭の粉末を混ぜたものなのですが、典型的なシュガーワッフルのコーンのようではありません。個人的にはアイスクリームはカップでもコーンでも好きですが、もしインスタグラムにアップするならコーンを選びます。

レインボースプリンクルがトッピングされたオレオのソフトクリーム

私はクッキー&クリームが大好物だし、スリルズのオレオフレーバーはアメリカ人が大好きなクッキーと近いものがあるので、ガッカリすることはないでしょう。ウベとヌテラのフレーバーを試すのが楽しみです。

車で行く場合は、建物の後ろ側に小さな駐車場(入口はKona Street)があります。建物内のお店を訪れる場合、75分以内であれば月曜日~金曜日の8a.m.~6p.m.は無料。6p.m.~4a.m.は、月曜日~金曜日であれば1時間$1。週末は一律1時間$1。お店の前に停めるなら、Piikoi Streetにメーターパーキングがいくつかあります。

Instagram

近くのソフトクリームのお店とスリルズでは何が違うのか。以下は、私のランキングとオススメする理由です。決め手は……結局のところ気分ですね。

第1位: アロハ・コンフェックショネリー
ちょっと贅沢をして「自分にご褒美を」という時に訪れます。ここのソフトクリームは$8の価値がありますよ。そんなに早く溶けないしビッグサイズ。

第2位:ソミソミ
お手頃価格な上に高品質なものが食べたい時に訪れるお店。ここのソフトクリームはアラモアナセンター店が最初にオープンした時のものに比べると、溶けるスピードが遅くなりました。行列を避けるために、ピークの時間帯をずらして行くようにしています。

第3位:ギミー・チルズ/スリルズ
インスタグラムに載せるために、派手な色のアイスが食べたい時はスリルズに行きます。あまり早く溶けてしまわないソフトクリームが食べたい時やホットクをはじめとした韓国スイーツを食べたい時にはギミー・チルズに。

番外:チャーミー
ソフトクリームに$16も支払ったことを後悔はしていませんが、上記の5店舗が1マイル圏内にあるのなら、こちらには二度と食べに行かないでしょう。

原文:https://www.frolichawaii.com/stories/just-time-summer-meet-honolulu-s-newest-soft-serve-parlor

BY: KELLI SHIROMA

PREV

《フローリックが厳選》アサイーボウルTOP5を発表!

《フローリックが厳選》アサイーボウルTOP5を発表!

NEXT

ハワイローカルが選ぶ《ポケボウルショップ6選》

ハワイローカルが選ぶ《ポケボウルショップ6選》

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP