ic_mapハワイ島

ローカル以外は知らない、ヒロの超穴場【Poke Market】

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

Chef Ernie Gray’s Poke MarketのGinger soy poke bowl($10)。スイートポテトサラダ、カニサラダ、ロミトマトがついています。

ハワイ島のヒロは退屈で小さな田舎町だと思われがちですが、実は知る人ぞ知る美食の町です。だけど今回は2,3日しか滞在できず、せっかくいろいろ教えてもらったのに、全ての場所には行けませんでした。(絶対行くべきだとおススメされた場所に行けなくてごめんなさい。この場を借りて謝ります。本当にスケジュールがパンパンだったんです)。

ダウンタウンをドライブしている途中、偶然にもパーキングが空いているのを発見。The Locavore Store(因みに、ここの自家製コンブチャは超おススメ)でスナックを買おうと坂道を少し下ったところに、ハワイコミュニティカレッジのBryan HirataがおススメしていたPoke Marketを発見!

お店はとても小さくて安全のために店内に入るのをやめ、内装の写真を撮るのをあきらめました。人がカウンターギリギリに立っているのがわかります?

Tips:早目の時間帯に行くこと。当日私たちがお店を訪れたのはすでに午後の1:30。ランチタイムの後でその日の商品はほとんどなく、ボウル5杯分くらいのポケしかありませんでした。

Williams夫妻。夫のGrayと彼がヒロに移り住むきっかけとなったMariah。カウンターの後ろには2人のスペースのみ。

正直なところ、実はGrayと会ったのは今回が初めてではないんです。随分前ですが、わたしたちが“Nonstop Honolulu(編集部注:Frolicのコンテンツのひとつ)”を始めたころ、彼は“Sansei Waikiki”の寿司カウンターでシェフをしていました。因みに彼は、Culinary Institute of America(編集部注:略称CIA。アメリカ本土に本部を置く、世界3大料理学校の一つともいわれるプロフェッショナルスクール)で魚について学び、ローカルの味で魚を表現することをよく知っています。

ショーケースに残ったポケでも、Grayは即席でポケボウルを作ってくれます。

時計周りにロミトマトとカニサラダのスパイシーポケ、スイートポテトサラダとカニサラダのハワイアンスタイルポケ、スイートポテトサラダとカニサラダとロミトマトのショウガ醤油ポケ。いずれも$10で白米か玄米か酢飯かを選択し、2種類のサイドメニューが選べます。ポケを2種類欲しい場合は$12。ポケパフェは$9。5種類のポケを詰め合わせしたポケポケパックは$10。1ポンド(約450グラム)だって買うことができますよ!

どのポケもとても新鮮で、ソースのバランスも良く気に入りました。スパイシーポケは一般のスーパーで売っているものより少し辛めですが、刺激が欲しいときにはいいですよ。カニカマのサラダもいい感じ。スイートポテトサラダもユニークで、ほのかな甘さを添えることにより、風味をまとめています。間違いなくハマるここのポケボウル。写真を見てわかる通り、ヒロ湾を見下ろすピクニックにぴったりなサイズです。

今度また来ます。午前10:00の開店時間にね!

〔原文 Hidden gem in Hilo: Poke Market  BY: MELISSA CHANG〕

PREV

シェアバイスクル“biki”でハワイ自由自在

シェアバイスクル“biki”でハワイ自由自在

NEXT

カイムキの穴場。丘の上の公園からワイキキサンセット

カイムキの穴場。丘の上の公園からワイキキサンセット

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP