ic_mapオアフ島

30年の月日を経てロイ・ヤマグチがカイルアに出店、“ゴエン(ご縁)ダイニング”

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

私がイスラエルに旅に出ている間、ハワイでは様々なことが起こっていました。ブルーノ・マーズがアロハスタジアムで歌ったり、レストランウィークやハワイ国際フィルムフェスティバルが開催され、そして地元であるカイルアに、ゴエンダイニング+バーがオープン。ルームメイトからメニューの写真と一緒に、“次の女子会はここね!”といったメッセージが届きました。

ゴエンダイニング+バーは、ラウハラショップス内。かつてメイシーズがあった場所にオープンしました。いまのところ、レストランの看板はありません。他のRoy’sと違ってカジュアルな雰囲気です。

もし、聞かされていなければ、ここがロイ・ヤマグチの最新のレストランだとは想像も出来なかったと思います。ロイのレストランの歴史は相当古く、ハワイ全土やアメリカ本土にも出店しています。ロイズ・ハワイをはじめ、ヤマグチの比較的新しいレストランであるイーティングハウス1849などは、特別な機会にちょっと贅沢して出かける場所だと思っていました。

ところが、今回OPENしたゴーエンの活気ある雰囲気は他の店とは全くの別もの。流行最先端でカジュアル。モダンで気取らない雰囲気です。ゴーエンは、アフターファイブに軽く立ち寄るお店の候補として完璧。女子会にも最初のデートにもぴったりだと思います。しかも価格も抑え気味。みんなでシェアできるプレートもたくさん。2〜3回ほど数人のグループで行けば、全メニューを制覇できると思います。

重要な情報:予約をしましょう。水曜日の早目のディナーの予約をしようと先週の月曜日に電話しましたが、一番早い時間でも7:30p.m.からしか予約できませんでした。土曜日にいたっては、友人が予約できたのは8:30から。実際にお店に行ってみると、レストランだけでなくバーの席まで満席でした。

屋外のテラス席と室内の席があり、2階には16人~の予約席もあります。

クラフトカクテルから始めることにしましょう。一杯ずつ注文毎に作られ、それぞれに面白い名前が付けられています。私たちが選んだのはマイタイに似たRip Tai’d($13)と、Roy’s Prosecco Superiore($13)というアカのスパークリングワインです。

Rip Tai’dは2種類のパンチが効いています:最初は強く感じますが、後味はすっきりといい感じ。

参考までに:ディナーのメニューは日替わりです。生鮮食材やその他ハワイ産の食材の入荷状況により変わります。

マッシュルームのフライバスケット($9)はトリュフ風味のアイオリソースとパプリカのペーストがついています。

少なくともフライバスケットを1つは注文してください。もし、3人以上なら2つかな。マッシュルームのフライは肉厚で見事なまでにカリカリです。脂ものを食べ過ぎるという罪悪感を感じそうになったときには「これは揚げ物ですが、あくまで野菜」ということを思い出せば大丈夫です。私はクリーミーなトリュフ風味のアイオリソースが好きですが、トマトが好きな方はパプリカのペーストがきっとたまらないでしょう。私たちがいただいたものの中で、こちらの料理が一番のお気に入りになり、絶賛しながら帰路につきました。

 

チキンのバオ($11)は、モチコチキンと、コショウの効いたアイオリソースにキムチがはさまっています。

私はバオが大好きなので、パンと鶏肉の割合が、例え2:1かそれ以上だったとしても楽しくいただけました。鶏肉は柔らかく香りも良くて、キムチが良いスパイスになっています。

 

サーモン($23)にはいい匂いのするカルビソースがかかっていて、ヒジキごはんにカリカリに揚げたニンニクと菜心がついています。

メインに注文した3皿の中で私の一番のお気に入りはこのサーモンです。サーモンを注文して美味しくないということはあまりないと思いますが、このいい匂いのするカルビソースのおかげで一味違うレベルになっています。カリカリのニンニクとヒジキも、対照的な食感でいいですね。

 

フェットチーネ($19)は、アリイのマッシュルームにシャキシャキのケール、出汁の効いたクリームとイクラが使われています。

パスタにイクラ?これは完全に日本風のパスタですが、驚くほどうまく合っています。危うくルームメイトのお皿を奪ってしまいそうになりました。うま味と出汁の効いたクリームに、プチプチとした食感のイクラが面白いアクセントになっていて。シャキシャキ食感のケールがトッピングされているのもいいですね。

 

Point Break Poke($22)は、カンパチ、サーモン、うなぎ、アヒポケ、オゴ、マウイオニオン、お漬物がのったカラフルな盛り合わせです。

Point Break pokeボウルは暫くオーダーしなくてもいいかな。新鮮でしたが、チラシ寿司を食べたくてたまらなくなった時に注文したいと思います。

 

デザートの分のお腹も空けておいてください。4種類の全てが魅力的だったのですが、現在自制心を鍛えているところなので、3人で2種類を注文することにしました。

Goen Halo($8)は、ウベのフランにお餅、コンデンスミルク、ウベのアイスクリーム、フレッシュフルーツ、バターミルクのパンナコッタに、ハイビスカスのアイスが混ざっています。

Goen Haloはフレッシュなフルーツのデザートがお好きな方におススメ。このデザートにはたくさんのgoen(ご縁)が入っています。私はウベが苦手なのですが、様々な食感や香りを楽しめました

チョコレートケーキ($8)には、クリームチーズのクッキー生地、クッキー片、ぶぶあられ、マシュマロアイスクリームがのっています。そう、あられです。

“クリームチーズクッキーの生地”と聞いて、チョコレートケーキに即決。それは軽くフワフワで、濃厚なチョコレートの香りが、デザート天国へと誘ってくれます。もし、甘く美味しいマシュマロアイスクリームがもう少し大きかったなら、さらに素晴らしいデザートになるのになと思いました。

間違いなく近いうちにまた行くと思いますします。ディナーでもランチでも。もし、ブランチも営業しているなら確実に行きたいところです。

予約をおススメします。

〔原文 Goen Dining: After 30 years, Roy Yamaguchi opens in Kailua BY: KELLI SHIROMA〕

PREV

高級レストランシェフ、ジョンマツバラによるランチスポットがOPEN!

高級レストランシェフ、ジョンマツバラによるランチスポットがOPEN!

NEXT

インスタグラムで注目されたホリデーシーズンのスイーツ TOP8

インスタグラムで注目されたホリデーシーズンのスイーツ TOP8

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP