ic_mapハワイ島

ハワイ島。ここに行って、見て、食べる!

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

ハワイ島には驚くほど美味しい場所が。いま、私たちの支援を必要としています。

近年、ヒロやハマクアコーストに点在する町など、ハワイ島がますます好きになってきました。のんびりした時間や雄大な牧場、そして、心地良くくつろげる天候……。まるで、羊のいないニュージーランドといった感じ。プナの一角では火山による被害が今なお続く厳しい現実もありますが、一方でハワイ島の旅はこれまでになく素晴らしいものに。

ハワイ島で暮らす人々にとって、今まさに私たちの助けが必要とされています。それは、島全体が危機に瀕しているような間違った情報が国家規模のニュースにおいて流れ、それにより少なからず現地で商売をしている人々が被害を被っているそう。ハワイ島は安全でみなさんの訪問を歓迎しているということを、ここで明記しておきます。先週末の小旅行で防塵マスクを用意して行ったのですが、カウに向かうハイウェイ11では、貿易風のおかげで空気は澄んでいました。マウナ・ロアの坂での眺めはほぼクリアで、この世のものとは思えない絶景。冗談ではなく、本当に息を飲むほどでした。

旅行は無理だというみなさん、ハワイ島産のコーヒーはもちろん、バニラやハチミツ、島で作られた衣料品に至るまでこちらのサイトからハワイ島の商品をたくさんお求めいただけます。もし、ハワイ島に行けるというラッキーな方々は、私が見たり経験したり、食べたりしたものをぜひご覧ください。

曲がりくねった絶景ルート、一車線の橋、マナで覆われた滝の眺めなどは、一瞬ここに住もうかと考えたくらいの美しさ。道中で食べた、ono grindz(ハワイ語で”美味しいもの”の意)をいくつか写真に撮りましたのでご紹介しますね。

 

Nori’s Saimin & Snacks

Kinoole Streetにある当店はこの上なく快適で、ハワイ島で最初に訪れるのにベストマッチ。うま味の効いたエビと昆布の出汁がベースのサイミンスープは、金曜日の夜のリラクスタイムに最適です。チャーシューに辛いマスタードを少しのせて、ズルズルと音を立てていただきましょう!古風なサイミンのお店にしてはメニューが充実しています。しかし、迷う必要はありません。私のおすすめは、$10.95のサイミンバーガーコンボ。お帰りの際にはお土産にクマの形をしたリーヒンのグミ($1.95)を、そしてチョコレートとモチのパン($9)もお忘れなく。

Nori’s Saimin & Snacks・688 Kinoole St. Ste.・Hilo・935-9133

 

Kawamoto Store

ヒロにあるおかず屋さんで、日本食のテイクアウト用ランチのお店。店前の行列は、まるで親戚の集まりかのようです。海苔チキンとおむすびを待っている間、20年前に高校の卒業式に来てくれたお兄ちゃんの前妻の叔父さん(遠戚すぎる!?)とばったり出くわす……というそんな雰囲気。カウまでの長距離ドライブ出発前に、ここの列に並んで順番を待っている間そんなことを感じたりしていました。買い方は簡単!箱の大きさと数、ライスかおむすびかを選ぶだけ。あとは、細切れ肉のパテ・煮物・天ぷら・フライドチキンをどっさりと山のように盛りましょう。お店の人が上手にパッキングしてくれますよ。ランチを箱から出すと、まるでクリスマスがもう一回やってきた感じでワクワクします。写真のセットは$8でした。

Kawamoto Store・784 Kailaua Ave.・Hilo・935-8209

 

Kau Coffee Mill

ハワイ火山国立公園へドライブする際、世界で一番大きな火山であるマウナ・ロアの坂の途中で絶景に出会えるでしょう。海抜約5,000フィートの頂上付近でカウ地区に入るのですが、このあたりはハワイ島最南端で世界でも有数のコーヒーの産地です。カフェイン中毒としては、カウに行ってパハラにある「Kau Coffee Mill」に立ち寄らない手はありません。何千ものコーヒーの木が植えられた美しい土地で、ビジターセンターでは敷地内で育てられたコーヒーを無料で試飲できます。水洗処理法式の異なる各種フレーバーのコーヒーを試せるのですが、私の一番のお気に入りは賞を獲得したナチュラルダークコーヒー。リッチで香ばしいココアべースに、チェリーと苺の香りがアクセントになっています。1ポンド$44と明らかに高級品なのですが、我慢できずに購入しました。

Kau Coffee Mill Estate・96-2694 Wood Valley Rd.・Pahala・928-0550

 

Two Ladies Kitchen

ハワイの有名なアーティストであるジグ・ゼーンのアロハシャツを除いて、ヒロのお土産で一番有名なのはおそらく当店のお餅じゃないでしょうか。人気の苺大福は私好みではありませんが、サターンピーチやポハベリー(食用ほおずき)、梨やブドウといったジューシーな季節ごとの商品は絶品。今回の訪問で私がハマったのは、スパイシージンジャーとスイートピーナッツバターの詰まったお餅です。結局$50分もの商品を購入し、お持ち帰りしてしまいました。

Two Ladies Kitchen・274 Kilauea Ave.・Hilo・961-4766

 

毎年恒例!第6回Hilo Brewfest

思いつきで『Hilo Brewfest』に参加してみたのですが、これが正解。このお祭りは、ヒロのロータリークラブがヒロの飲食店と地元ハワイ産や国産のクラフトビールの醸造所などと一緒に6年間続けている、由緒あるビールの祭典です。場所はヒロ湾に面したWainaku Experience Center。私が到着した頃にはもう食べ物はほとんど残っていませんでしたが、かろうじてカイルアや「ラニカイ・ブリューイング・カンパニー」、「オラ・ブリュー」、「ビッグ・アイランド・ブリューハウス」などのビールを飲むことができました。その日の午後は、お気に入りテントでビール8種類とおつまみを軽く食べたら、ヤシの木の下でお昼寝(moi moi)です。

Hilo Brewfest・6月下旬

 

 

Moon & Turtle

カリカリのチャウファン $24

どの町にも特別な日に行くストランがあるとしたら、ヒロの場合はここ「Moon & Turtle」です。堅苦しいレストランとはまったく違って、ヒロのスタイルを感じることができる大皿料理。ここでは、ハワイ島の旅をより楽しいものにしてくれる絶品料理の数々を味わえるでしょう。

中身がぎっしりと詰まった手のひらサイズの餃子($7)には、こんがり揚げられ辛口のクリームがかっています。カリカリのチャウファン($24)は割いたビーフのグレービーソースで食べるのですが、ついつい食べ過ぎてしまうほどの美味しさ。看板メニューの刺身の燻製($14)は不思議と牛肉の燻製を連想させる味で、あの味が脳裏から離れません。オーナーシェフのMark Pomaski氏は、以前はワイキキの「Roy’s」やニューヨークの「Nobu」でおもにお寿司を担当していましたが、地元ヒロに戻り「Moon & Turtle」をオープン。可能性あふれる彼の才能のおかげで、ヒロにまた素晴らしいお店が一軒増えました。メニューは頻繁に変わるので、リピーターの舌を飽きさせません。

Moon & Turtle・51 Kalakaua St.・Hilo・961-0599

 

Conscious Culture Café

さきほど紹介した『Hilo Brewfest』のテントの中には、「Big Island Booch」とその系列のカフェである「Conscious Culture」も。そのネーミングから、化学調味料や添加物を一切使わないヴィーガン料理のレストランじゃないかと想像された方、正解です!

ところが、どういうわけか牛肉のハンバーガーも何種類か販売されているではありませんか。しかもこれが今まで私がハワイ島で食べたものの中でもトップクラスの美味しさだったので、これまたハマってしまいました。このカフェには窒素ガスを加えた水出しコーヒー($5)があるということで、空港までの途中に立ち寄ることに。ところがお腹が空いていたため、テンペ(お肉の代用品として使われることが多い大豆の発酵食品)のアボカドタコス($14)の誘惑に負けてしまい、そちらをオーダー。玄米と香りの良いブラックビーンズで山盛りになったプレートは予想以上のボリューム。タコスがまた素晴らしいんです!チョリソーのような味付けのテンペは、私が期待したスパイスは使っておらず代替品でしたが、週末にあまり健康的とはいえない食事をしていた私にはピッタリでした。クルティドクラウト(ザワークラフトに似たキャベツのピクルス)がクリーミーなアボカドにいい酸味を与えていて、シャキシャキとしたもやしが食感を豊かにしています。ガーリックのザワークラフトは、家に持って帰りたいと思ったくらいの美味しさ。とにかく、食材が素晴らしかったです!

Conscious Culture Café・110 Keawe St.・Hilo・498-4779

 

〔原文 Go, see, eat: Big Island BY: THOMAS OBUNGEN 〕

PREV

ウインドワードにお気に入りの料理を発見!

ウインドワードにお気に入りの料理を発見!

NEXT

ワイキキでもっともユニークなレストラン「パリハワイ」

ワイキキでもっともユニークなレストラン「パリハワイ」

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP