ic_mapオアフ島

KoKo Head Caféで行われたローカルシーフードディナーイベント

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

燻製カツオの冷製トーストは、Local I’aのディナーメニューでLee Anne Wongシェフの一押し。

ハワイは海に囲まれた島々で成り立っているので、さぞかし新鮮な地元産のシーフードにあふれていると思いがち。
ところが、Lee Anne Wongシェフによると、ハワイで消費されるシーフードの60%が輸入だそうです。60%って!?変な話ですよね。

カリカリのふりかけがかかった、新鮮なキハダマグロ

Wongシェフは、ハワイ初の地域が支援する水産業“Local I’a”とコラボしたディナーを通し、この問題提起に挑んでいます。“Local I’a”は大型漁船ではない地元の漁師たちと共に、環境に優しくハワイで養殖されたものや、天然のシーフードをレストランや一般消費者に提供しています。“Local I’a”では、シーフードがどこでいつ捕れたのかを追跡できたり、捕った漁師についての情報までもが分かる仕組みになっています。また、仲買人を通さないことで漁師たちには直接利益が入り、地元産業の育成や支援にも貢献しています。

“Local I’a”は主にはレストランにシーフードを卸していますが、私たち一般消費者にも小売りをしていて、オアフ島のファーマーズマーケットや、Koua Market Co-op、Wawimanalo Co-opで購入可能です。加えてLocal I’aのCommunity Supported Fishery(CSF)では、Community Support Agriculture CSA boxで注文するのと同じ要領で商品を注文できるし、ケータリングサービスやポップアップイベントなども行っています。

先日、水産卸売業者とLocal I’aのコラボがココヘッドカフェで行われました。コラボの目的は“Local I’a”をお客さんに知っていただき、問題意識を高めてもらうことにありました。普通の消費者が、もはやスーパーのシーフードに頼ることなく、新鮮なシーフードを“Local I’a”から直接仕入れることが出来るのです。これからもKoKo Head Caféでは、新鮮な地元の材料を使って、ハワイ独自のスタイルに仕上げたお料理を提供し続けます。

ポーチドエッグののった、フエダイのラーメン

Local I’a and Koko Head Café Collab Dinner 当日のメニューはこちら
・燻製カツオの冷製トースト、ロミトマト、シーアスパラガスのフライ、チポトレのアイオリソース
・ポーチドエッグののったフエダイのラーメン、トリュフ・醤油・コンソメ味、アリイマッシュルーム、柚子胡椒
・鰆のコンフィ、ベーコン、パイナップルペッパー
・カウアイ島産の海老、リーキ、ブイヤーベース、ローリエ
・クリスピーカジキおむすび、レモングラス・醤油味、ネギのタルタルソース
・シイラのバスクスタイル、ウルの木のケーキ、森永マカデミアナッツ緑のソース
・甘海老、梅、キュウリ
・キハダマグロ、ゴマ、ふりかけ、ポップコーン

〔原文 Eat local: An ocean-to-table dinner at Koko Head Cafe  BY: MELISSA CHANG〕

PREV

ローカル以外は知らない、ヒロの超穴場【Poke Market】

ローカル以外は知らない、ヒロの超穴場【Poke Market】

NEXT

パニーニとティラミスが超絶美味しい!Velocity ディーラーにカフェがオープン

パニーニとティラミスが超絶美味しい!Velocity ディーラーにカフェがオープン

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP