ic_mapカウアイ島

カウアイ島、美味しいものを巡る日帰り旅行

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

最近、家賃が上がったことで旅にお金をかけられなくなってきています。しかし、だからといって家でダラダラ過ごしているわけではありません。お金がないならカウアイ島へ日帰り旅行がオススメです。個人的には前回のカウアイ島を訪れてからは随分と経ちますが、高校時代にはテニスのトーナメントのために出かけたりしていました。でも、この島のことをあまり知らないんですけどね。

今回の旅の目的は2つ。NOM Kauaiというフードトラックから始まったお店と、太平洋のグランドキャニオン(ワイメア渓谷)を見ること。それと美味しいものを見つけること!カウアイ島に頻繁に行く友人から「行く価値がある」「行かなくていい」などに加えてお気に入りの地元料理の情報を仕入れて、カウアイ島に出かけてきました。

1日のスケジュールはこんな感じです。

3:15 a.m. この日最安値の5:16のフライトに合わせて起床。

5:16 a.m. カウアイ島行きのフライトはガラガラで快適。でも座席シートがリクライニングしない。

5:55 a.m. Lihue空港到着後、レンタカーを借りる。まだ暗くて街灯もあまりないので、懐中電灯をもってくるべきだったかも?

Tip Topの有名なマカデミアナッツクッキー

6:30 a.m. 最初の訪問場所 Tip Top Motel Café & Bakery.。落ち着いて気取らない、居心地のいいレストランで有名だということは知っていますが、今回は食事ではなくマカデミアナッツチョコを買いに。レギュラーとチョコレートがかかったものがあるのですが、売れ切れになってしまうことも多いようなので要注意。チョコレートがかかった方(4.25ドル)を2袋買いました。

Tip Top Motel Café $ Bakery・3173 Akahi St・Lihue

6:45 a.m. KappaにあるNOM Kauaiでの朝食まで少し時間があったので、セブンイレブンに立ち寄り、Goteborg musubiを買いました。サラミに似た食感の凹んだ形をしたスモークソーセージを使ったものなのですが、私がセブンイレブンで買って失敗した4つの買い物の中でNo.1かも。ついてないですね。

NOM Kauaiの新しい店舗

7:30 a.m. NOM Kauaiで朝食。フードトラックだったお店が1月の下旬にオープンした路面店です。NOMはハワイの材料で作ったアメリカ南部の料理で有名。先週末、料理が品切れだったというのを聞いて知っていたので早めに到着。もし行かれるなら、スコーンとグレイビーソース、Fancy Burger、Notorious P.I.G.(メイプルシロップのかかった蒸し豚バラがチェダーチーズとハラペーニョのコーンブレッドワッフルにのっているもの)かThe Ultimateを注文してみてください。心地よい香りといい、大きさといい、次の日も食べたいと思うほどです。

The Ultimate($16)の材料は、ベルギーワッフルにバターミルクフライドチキン、ベーコン、目玉焼き、パイナップルとバーボンのペースト。

Fancy One($18)はゴートチーズとベーコンのMサイズバーガー。お休みの日の朝食にもいいですね。

NOM Kauai・4-1101A-4 Kuhio Hwy.・Kapaa

Opaekaa Fallsを見渡す展望台はすぐに見つかります

8:45 a.m 滝をハイキングする時間はないので、Cascading Opaekaa Fallsの展望台に立ち寄ることに。Kapaaから車ですぐ。最高の眺めです。

Opaekaa Falls・Kuamoo Road・Kapaa

9:30 a.m. Kauai Community CollageのFarmers Marketはすでにお買い物バッグをかかえたお客さん達でいっぱい。KCCの前面駐車場で毎週土曜日、9:30 a.m.~1 p.m 開催です。私が真っ先に向かったのはMidnight Bear Breads。数分後、ここのパンを買いに来たお客さんで長蛇の列ができました。

カウアイ島のシュガーローフパイナップル(ホワイトパイナップル)を求めて人だかり

Midnight Bear Breadは元々、ハナペペのベーカリー。午前中には売り切れてしまうことが多いらしいのですが、今回ハナペペに到着するのは午後になってしまいそうです。

いろいろな種類のパンがあり、レーズンとクルミ、タロイモのサワードウ、ローズマリーとハワイアンソルトのバケット、キャラウェイとライ麦・・・

私の前で列に並んでいたフレンドリーな女性がおススメを教えてくれました。彼女を信頼して、ローズマリーとシーソルトの小さなローフパン($4)とローストしたばかりのマカデミアナッツ入りシナモンロール($5)をチョイス。

シナモンロールは次の日までしまい込んでいたのですが、ソフトで噛みごたえもあり、マカデミアナッツの食感がとてもいい感じでした。ローズマリーとシーソルトのローフはサンドイッチに完璧。ソフトなのにしっかりしているので、スライスして何を挟んでも大丈夫。

Kauai Community College・3-1901 Kaumualii Hwy.・Lihue

実際の店舗に行けなくても、CVS にはカウアイ島産のお土産がたくさんそろっています

10:15 a.m. Waimeaまでの長距離ドライブに備えて、Kukui Grove Shopping Centerでトイレ休憩。CVSにはAnahola Granola Bar(チョコレートチップマカデミアナッツが絶対おススメ)やAunty Lilikoiの有名なわさびマスタードの(2オンスの瓶)がありましたよ。因みにこの瓶はTSAの持ち込み検査も大丈夫です。

Kukui Grove Shopping Center・3-2600 Kaumualii Hwy.・Lihue

11:45 a.m. カウアイ島の西側にあるWaimea Canyon State Parkに向けてドライブを開始する時間。山の途中で少し眠くなりましたが、眠気を堪えてこのパノラマビューは見に来た甲斐がありました。

死ぬ前にやるべきこと:太平洋のグランドキャニオンを見るべし

Waimea Canyon State Park・Waimea Canyon Drive・Waimea

カパア、ワイメア、ハナペペにあるPorky’s Cart、営業時間は要チェック

12:30 p.m.:ワイメアバレーから下りてきて、Porky’s Cartに立ち寄り。フードトラックにデカデカとブタの絵が書いてあるのですぐに分かります。

Porky’sは割いた豚肉のホットドッグで有名です。売り上げ人気No.1はメニュー#1のグリルしたパイナップルポークソーセージがトーストしたフレンチロールパンにのり、さらにカルーアポーク(蒸し焼きにした豚肉)とソテーしたスイートオニオンがのっかって、そこに自家製のパイナップルのレリッシュ(ぺイスト状にしたピクルスみたいなもの)とPorky’sソースがかかっているホットドッグ。あえて#2と#3をオーダーしてみましたが、決して#1より劣ってはいないと思います。

#2は牛肉100%のホットドッグで、トーストしたフレンチロールパンに、カルーアポークとソテーしたスイートオニオンがのっていて、自家製のパイナップルレリッシュとPorky’sソースがかかっています

#3はグリルしたチーズサンドイッチです。カルーアポークとソテーしたスイートオニオンがサンドされていて、Porky’sソースがかかっています

Porky’sソースは辛いものと甘いものがありますが、甘い方のソースはとてつもなくいい香りのグリルチーズと相性抜群。うま味が豊富なムンスターチーズとハバーティチーズがのっていて、それが鼻につんとくると同時に甘くとろけます。これは絶対食べるべき一品。

辛い方のソースはホットドッグに合います。特に#1はパイナップルがたくさん入っているので合いそうです。それぞれにドリンクがついて、9ドルでこのボリューム。

旅のヒント:日帰りで離島に行く際にはクーラーバッグを持っていくと重宝しますよ。朝食でまだお腹が減っていなかったのでPorky’sではお持ち帰りで注文。食べ残した分をクーラーバッグに入れることができたしね。

Porky’s Cart・9620 Kaumualii Hwy・Waimea

1 p.m. 同じ地域にあるIshihara Marketは美味しいポケとスナックのお店です。お腹が一杯だったので道を渡ってAunty Lilikoi Passion Fruit Productsをのぞいてみました。Lilikoiファンの皆さま、是非メモをどうぞ:ここではパッションフルーツ関連のものなら何でもそろいます。CVSで見つけた、パッションフルーツわさびマスタードが有名なAunty Lilikoiですが、このフラッグシップストアでは実に様々な商品を取り揃えています。

お店の棚にはパッションフルーツのゼリーやバター、そして、パッションフルーツカイワレBBQソースまで

Ishihara Market・9894 Kahakai Rd.・Waimea

Aunty Lilikoi Passion Fruit Products・9875 Waimea Rd.・Waimea

次に訪れたのは ― ハナペペ、古い趣のある町です

1:30 p.m. Taro Ko Chips Factory(現在は実際の工場はなく、小さな小屋)とHanapepe Swinging Bridgeを訪れる予定だったのですが、残念ながらTaro Koは閉まっていたので、有名な$5のチップスを買えませんでした。小さなお店が並んでいる中、Midnight Bear Breadsを発見。ですが、やはり商品は全て売り切れていました。

Hanapepe Swinging Bridge。高所恐怖症な自分は橋を渡るのに緊張しましたが、想像したほど怖くありませんでした。

Taro Ko Chips Factory・3940 Hanapepe Rd. ・Hanapepe

Hanapepe Swinging Bridge・3857 Hanapepe Rd.・Hanapepe

Lappert’sのKona lava java とHeavenly Hanaのシングル($4.25)はロッキー・ロード(アーモンドとマシュマロが入ったチョコレートアイス)は病みつきになる味

1:45 p.m. もし、Waikikiの近くに住んでいたら、Lappert’sには足しげく通っていたでしょう。ここのアイスクリームは大好きです。お店の場所はすぐに見つかりすでに並んでいいる中学生たちのグループの後ろに並びました。この日は暑かったのでいつもにもまして美味しく感じます。

Lappert’sはカウアイ島に何店舗かありますが、ハナペペのフラッグシップ店を訪れました

Lappert’s Hawaii・1-3555 Kaumualii Hwy・Hanapepe

2:15 p.m. クランチクッキーがそんなに好きじゃなくても、カウアイ島に来てKauai Kookieを素通りすることはできません。サイズは大きくありませんが、有名なグァバマカデミアフレーバー味の箱入りもあります。

お土産にぴったりの一口サイズのクッキー袋

Kauai Kookie・4350 Waialo Rd. Unit 1・Eleele

2:30 p.m. チョコレート好きのみなさんなら、是非Kauai Chocolate Companyへ。溶けてしまうのを心配してたくさんは買って帰りませんでしたが、看板商品のopihiをいくつか買いました。Opihiはショートブレッドクッキーの上に甘いカラメルソースをまとったマカデミアナッツがのっているもので、ミルクチョコレートかダークチョコレートでコーティングされています。

ミルクチョコレートでコーティングされたOpihiキャンディー

Kauai Chocolate Company・4341 Waialo Rd. ・Eleele

Kauai Coffee Companyのガイドなしツアー

2:40 p.m. Kauai Coffee Companyに行く時間なんてないと思っていたのですが、ありました。近かったので行かない手はないですよ。

Kauai Coffeeといえば、アメリカで最も大きなコーヒー農園だということぐらいしか知りませんでしたが、敷地内を自由に散策してブレンドについての説明やブレンドの仕方について学びました。一番良かったのは、全種類のコーヒーブレンドの無制限サンプルができることです。

Kauai Coffee Company・870 Halewili Rd. ・Kalaheo

Sueoka’sに早めの時間に行くならスナックショップがおススメ(建物の外右手にある販売窓口のようなところ)

3:30 p.m. Sueoka’sは地元でも有名なお店です。スナックショップ(ハンバーガーやおにぎりやプレートランチも買うことができます)は閉まっていましたが、店内を一回り。このころには疲れも出始めて、Kauai CoffeeでLサイズのコーヒーを頼まなかったのを後悔。

Sueoka Store・5392 Koloa Rd. ・Koloa

Poipu Beachで一休み

4 p.m. 旅はビーチを見ずには終われません。Poipu Beachは人気のスポットです。Koloaから程近かったので、駐車場に車を停めしばらくまったりとした時間を過ごすことに。天候はうす曇り。

Poipu Beach・1959-2177 Hoone Rd.・Koloa

5:30 p.m. レンタカーの返却時間です。ホノルルへ戻る便は7 p.m.ですが、少し早めに空港に到着。弾丸ツアーの1日でしたが、不思議とリラックスした時間でもありました。たった1日でも景色が変わるのはなかなか趣き深い体験です。次回のカウアイ島旅行では、島の反対側のNa Pali海岸をハイキングしようと思ってます。

〔原文 Day trip: Kauai, das why  BY: KELLI SHIROMA 〕

PREV

ワイキキ(得)日光浴スタイル

ワイキキ(得)日光浴スタイル

NEXT

横断歩道以外での道路横断、罰金130ドル

横断歩道以外での道路横断、罰金130ドル

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP