ic_mapハワイ全域

《スパム15種類》食べ比べてランキングしてみた

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

15種類ものスパムを食べ比べてみました。トップの座をゲットしたのはどれでしょう?

オアフ島・ワイキキで開催されるイベント「ワイキキ・スパムジャム」は終わりましたが、私のようなスパム大好き人間にとっては毎日がスパムデーです。今回は、15種類ものスパムを食べ比べしてみて、最下位からトップまでを赤裸々にランキング!全種類のスパムを置いている危篤なお店はほとんどありませんが、「フードランド」や「ドン・キホーテ」にはほとんどの商品が揃っていました。

こんなにたくさんの種類を試すのには相当な時間がかかりましたが、とにかく楽しかったです!! 記事をご覧いただいて、自分好みのスパムが何位にランクインしているかをチェックしてみましょう。

 

No.15:テリヤキ

これは私にとってもっとも残念なスパムでした。本当は、セブン・イレブンに行けばいつもテリヤキスパム・ムスビを買うほどのテリヤキ味好きな私。しかし、この缶に入ったテリヤキスパムは大陸向けの味付けになっていて、つまりめちゃくちゃ甘いんです。シュガースパムと呼んでもいいほど。私はテリヤキスパム好きを公言していますが、このテリヤキスパムは例外です。

 

No.14:ポルトガル・ソーセージ

こちらのスパムは、食べる前から期待をしていました。なぜなら、ヨーロッパに精通する多くの友人達が“ポルトガル・ソーセージを食べたくて仕方がないのに、なかなか見つからない”と口を揃えて言うからです。ところが、残念なことに食感があまりにも違っていて、ポルトガル・ソーセージの味がまったく感じられません。

まるで、誰かが噛み砕いたものを口から出したのを食べているような感じ。ポルトガル・ソーセージ好きの娘もこう言い放ちました。“これは気持ち悪い”と。

 

No.13:ブラックペッパー

本商品は、残念ながら「ホーメルフーズ」の食品科学者たちのアイディアが尽きたことを証明しているような味。おそらく“スパム自体が塩っぽいし、塩に合うのは……?胡椒だ!じゃあ胡椒味を作ろう!”といった状況が想像できてしまい……。このスパムを美味しいと思ったことは一度もありませんが、改めて美味しくなかったです(涙)。

 

No.12:ターキー

本商品は、豚肉100%ではない唯一のスパムではないでしょうか。きっと、豚肉を食べられない人向けに作られたのだと思います。食感が少し変わっていて、粗過ぎる感じ。口の中に奇妙な後味が残るので、他に食べられるスパムがない場合の選択肢のひとつですかね。

 

No.11:ライト

常々、この商品は皮肉めいているなと思っています。なぜなら、“健康的”なスパムを売り出そうとしているから(笑)。これは25%塩分カットのスパムに似ていて、カロリーも低めで脂肪分はなんと半分!その代わり、味も半分しかしません。私なら、味を犠牲にするくらいなら量で加減しますね。つまり、このスパムを一切れ食べる代わりに、通常のスパムを半分にします。みなさんがこの味を楽しめるなら別ですが……。

 

No.10:チーズ

こちらのスパムはチーズ入りを謳っていますが、チーズの味はほとんど感じません。もし、スパムとチーズを一緒に食べるのがお好きなら、スパムの上にご自身でスライスチーズを乗せる方が美味しく味わえるでしょう。

 

No.9:チョリソー

どんな種類のチョリソーを想定しているのかが分かりませんでした。スパイシーなチョリソーなのか、甘いチョリソーなのか……。こちらの商品はその両方を求めているようで、“一兎を追うものは二兎を得ず”的な感じであまり美味しい味に仕上がっていません。

 

No.8:ヒッコリースモーク

内心、これは恐ろしいしい商品だと思っていました。というのも、個人的には燻製味を付加するための人工的な液体を使った料理が大嫌いだからです。ですが、こちらの商品は思ったより悪くはありません。良くも悪くもないといった印象。

 

No.7:ベーコン

ベーコンをイメージしてはいけません。あくまでも、スパムのベーコン味です。これを食べることで、改めてベーコン味が好きなんだなぁと再認識しました。赤身の部分の食感や、焼いた時にカリカリになる黄色い脂身の部分もたまりません。このスパムも気に入りましたが、結局のところ本物のベーコンが食べたくなりました(笑)。

 

No.6:ハラペーニョ

実際にハラペーニョが入っていて感動しました!期待以上にスパイシーです。

 

No.5:ホット&スパイシー

辛み成分の素は、唐辛子とパプリカです。最初はまったく辛さを感じませんでしたが、数秒後に辛さがやってきます。私にとっては充分な香辛料が入っていると思いましたが、「Hawaii News Now」のGrace Leeにあげたところ、“全然辛くないわ”と言うので、“あなたは韓国人だからだね。”と返しておきました(笑)。

 

No.4:クラシック

元祖スパム、クラシックタイプです!何も改善する余地はないと思っていましたが、間違っていました!#1をご覧ください。

 

No.3:トチーノ

デザートのシェフで友人のXana Starrがこれをかなり欲しがっていました。彼女曰く、“ついに、フィリピン人のためのスパムが登場したの!”と。トチーノはスパニッシュベーコンに似ていて、フィリピンではトチーノ版は非常に人気があるのだとか。

昔は塩分とのバランスを調整するために、少量の砂糖を加えてから焼いていたそう。この風味は祖父のプランテーションスタイルのスパムを思い出しますが、本商品は祖父の時代のものより美味しい!良い商品です。

 

No.2:ガーリック

全種類の中でトップクラスに美味しく、贅沢なスパムステーキと言っても過言ではないでしょう。ガーリックがスパムの味を各段に引き上げていて、別次元のものとなっています。

 

No.1:25%塩分カット

これまで一度も試そうとも思ったことがなかったのに、このスパムは目からウロコでした!このランキングの仕事がきても、編集長さえもが、“塩分カットとライトは食べる必要なし!”と言っていたほど。しかし、せっかくのチャンスなので私はぜひ試してみたいと思いました。

プロ並みに料理上手な友人がいつも自分のスパム・ムスビを自慢するのに、秘訣は頑なに教えてくれなかったのです。ところがある日、そんなうぬぼれ屋の彼女がこのスパムが好きだと漏らしたので、“なるほど〜!秘密の材料はコレだ”と判明(笑)。

このスパムとほかのものとを食べ比べる前まで、普通のスパムがどれだけしょっぱいのかに気づきませんでした。普通のスパムは塩分が強すぎてスパムの味が隠れてしまっていますが、この25%塩分カット版は普通のスパムよりスパム本来の味が味わえること間違いなし!

原文:https://www.frolichawaii.com/stories/broke-da-mouth-da-spam-power-rankings

BY: LEE A. TONOUCHI

PREV

《フローリックが厳選》ジャンル別レストラン&料理トップ5

《フローリックが厳選》ジャンル別レストラン&料理トップ5

NEXT

《フローリックが厳選》チョコチップクッキーTOP 5

《フローリックが厳選》チョコチップクッキーTOP 5

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP