ic_mapオアフ島

フローリックが選ぶ《チョコチップクッキーTOP 5》

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

先日の国際チョコレートチップデーにちなんで、編集部が本当におすすめしたいクッキーをご紹介します。

チョコレートチップクッキーの世界も移り変わりが激しく、昨年流行っていたクッキーが今年では古いものとなり、また新しいものにとって代わります。

2年前の国際チョコレートチップデーに、12種類のお気に入りクッキーを特集しました。以降、「CCクッキーズ&クリーム」をはじめとしたいくつかのベーカリーは閉店あるいは移転し、中にはもう食べられなくなったクッキーもあります(「ピギー・スモールズ」の塩チョコレートクッキーや「スクラッチ・キッチン」のコンポストクッキーなど)。しかし、新しい流行も発見!

2019年の国際チョコレートチップデーを祝して、ほっぺたが落ちるほど美味しいチョコレートチップクッキーを新たにリストアップしました。基準は以下のとおりです。

  • 全体的な味
  • 中毒性:もう一度食べたいか?
  • チョコレートの濃度:高いほど良し
  • クッキーの食感:柔らかく、噛みごたえのあるものが好き
  • 場所:オアフ島で入手可能

今回のランキングで試したチョコレートクッキーたち

  • 「オレーナ・バイ・シェフ・ロンサイモン」 チョコレートチップクッキー
  • 「ニコズ・ピア38」 チョコレートチャンククッキー
  • 「ザ・グリルズ・フー・ベイク・ネクストドア」 チョコレートチップ・マカデミアナッツクッキー
  • 「ステージ・カフェ」 オートミール・チョコレートチップクッキー
  • 「コーヒー・ギャラリー・ハレイワ」 チョコレートチップクッキー
  • 「ピギーズ・スモールズ」 塩チョコレ―トチップクッキー(製造中止)
  • 「スクラッチ・キッチンズ」コンポストクッキー(製造中止) 
  • 「CCクッキーズ&クリーム」(閉店)
  • 「スイート・メアリーズ・ハワイ」 グルテンフリー・チョコレートチップクッキー
  • 「アロア・ベイクハウス」 チョコレートチップクッキー
  • 「カラパワイ・カフェ」 塩チョコレートチップクッキー

クッキーモンスターの皆さんは、引き続きランキングをご覧ください。

特典:ご自分で焼きたいという方は、パティシエでフローリックのブロガーでもあるEd Moritaの「チョコレートチップクッキーの美味しい焼き方」をご覧ください。Edはマウイ島のレオダズ・キッチン&パイ・ショップの総監督パティシエです。私は彼のクッキーをまだ食べたことがないのですが、オアフ島で彼がクッキーを焼く際には、毎回カルトのような行列できるそうです。

 

特別賞:「オリジン・ハワイ」のチョコレートチップ・ローズ・カルダモンクッキー$3

「オリジン・ハワイ」のチョコレートチップクッキーには、カルダモンとローズが使用。

ワイカネのベーカリー「オリジン・ハワイ」を初めて聞いたのは、私がケーキやデザートが大好きだと知っているフローリック同僚のThomas Obungenからです。彼が「ワイカネまで出かける価値があるよ」と言うので信用してみることに……。

「オリジン・ハワイ」はフレンチスタイルのベーカリーで、カヌレ・スコーン・クッキーなどを味わうことができます。 ローズとカルダモンの入ったチョコレートチップは、昔ながらのチョコレートチップとは異なりますが、乾燥したバラの花弁のような食感が加わり、カルダモンが味に複雑さをプラス。甘く、ハーブの風味が大地を感じさせ、その香りは神秘的かつ魅惑的な後味を残します。

ランキングとは一切関係ありませんが、チョコレートがお好きであればティラミスクッキー($3)もぜひ食べてみてください。チョコレートチップではなくブラウニーに似たクッキーですが、中心部分にエスプレッソのクリームが入っていて、本物のティラミスより美味しさが上回っているかも……!?

48-449 Haupoa St.・Waikane・239-8535

 

第五位:「バーガーズ・オン・ビショップ」のキャンプファイヤークッキー$3

売り切れ必至なので、キャンプファイヤークッキーを食べたければ早めに来店するようにしましょう。

病みつきになるほどの美味しさを誇るキャンプファイヤークッキーは、ランチタイムの混雑前に行かないと売り切れてしまうことが多数。

昔ながらのスモアを少しオシャレにした感じで、ダークチョコレートチップ・マシュマロ・グラハムクラッカー・マカデミアナッツ・ミルクチョコレートの塊が入っています。ネバネバしたマシュマロが主役で、大きめのミルクチョコレート片とダークチョコレートの織りなすハーモニーが絶妙。また、グラハムクラッカーがベースとなっているのが特徴的で、リストの中でもっともクリスピーな本品ですが、ねっとりしたマシュマロの食感がうまくバランスをとっています。

アドバイス:本品を味わう際には、電子レンジで20秒熱すると実際のキャンプファイヤーの味に近づけます。また、カリカリ食感のマカデミアナッツ入りクッキーがなければ、特注することも可能。

745 Fort St.・Downtown・586-2000

 

第四位:「フォーティーキャロッツ」のチョコレートチップクッキー$2.50

「フォーティーキャロッツ」のチョコレートチップクッキーは、こんなにビッグサイズで1個$2.50とお買い得。

「フォーティーキャロッツ」でソフトクリームを買おうとしていた時に目が留まったのが、ディスプレーの中にあった巨大なクッキー。そう、目移りしてしまったのです!巨大なクッキーの中にはそれと同様に巨大なミルクチョコレートチップが。ソフトクリームを食べるのをやめて、こちらを注文することにしました。

オーマイガットの連続です!この分厚く、噛みごたえのある怪物は、クッキーの最高峰と言っても過言ではありません。一口食べるごとに、たっぷりのチョコレート片を感じることができ、いったん食べ始めたらノンストップ!現在では、「フォーティーキャロッツ」にソフトクリームを食べに出かけ、クッキーを持ち帰っています。そのうち、ブルーミングデールから出られなくなりそうですね。

アドバイス;日によって味が変わる場合もありますので、チョコレートチップを食べたい場合は事前に電話で問い合わせましょう。最終焼きがあり時間は4:30PM頃です。

1450 Ala Moana Blvd.・Ala Moana・800-3638

 

第三位:「b.パティスリー/コナ・コーヒー・パーベヤーズ」のチョコレートチップクッキー$4

チョコレートチップがとろける、焼きたてホヤホヤが買えたらラッキーです。

友人が、チョコレートチップクッキーを教えてくれるまでは、こちらに出かける際のお目当ては「b.パティスリー」の看板商品であるコーイン・アマンでした。今では両方を買っています!このクッキーは毎日購入可能で、シーソルトとダークチョコレートチップを使用。薄いのに柔らかくて噛みごたえもあり、午後の強壮剤として完璧です。特に、チョコレートチップがとけて流れ出るほど焼きたてのものを入手できたら最高ですね。

インターナショナル・マーケット・プレイス・2330 Kalakaua Ave.・Waikiki・450-2364

 

第二位:「カハラホテル&リゾート」のチョコレートチップとダブルチョコレートチップクッキー

ザ・カハラ・ホテル&リゾートのレストラン「ホクズ」のサンデーブランチ・ビュッフェのデザートテーブル。

このチョコレートチップクッキーは、しっとりしていてバターの風味も良く、チョコレートチップもふんだんに入っているのが特徴。まさに、保守派にとっては理想的なクッキーと言えるでしょう。ダブルチョコレートクッキーはよりココアの風味が強く、ホワイトチョコレートチップがふんだんに入っていて、まるでブラウニーのよう。

ホクズプルメリア・ビーチ・ハウスのブランチ・ビュッフェ、および水曜日のランチカレービュッフェ、木曜日のカマアイナ・ビュッフェで味わうことができます。ご宿泊するというラッキーな方であれば、ルームサービスでも注文可能。宿泊でもなく、ブランチやランチのビュッフェにも行かないという方は、ホテルのダイニング予約でお持ち帰りするか、食後のデザートとしてお願いすることもできます。

5000 Kahala Ave.・Kahala・739-8888

 

第一位(同率):「アロハ・コンフェクショナリー」のトリプルチョコレートクッキー、$3.50

昔ながらのチョコレートチップクッキーを「アロハ・コンフェクショナリー」風にアレンジしています。

私は、ちょっと贅沢をしたい時にインスタ映えするソフトクリームを食べに「アロハ・コンフェクショナリー」に行くのですが、こちらのクッキーも侮れません!私のお気に入りはトリプルチョコレ―トクッキー($3.95)です。ホワイト・ダーク・ミルクチョコレートという3種類の贅沢な味わいで、分厚く重たいのが特徴。噛むごとに異なるチョコレートの味をぜひお楽しみください。

1450 Ala Moana Blvd.・Ala Moana

 

第一位(同率):「クッキーコーナー」のクルミ入りダブルチョコレートチップ

昔ながらのセミスイートチョコレートチップクッキーと、チョコレートチップとクルミのダブルチョコレートクッキー。

これまで、数多くのクッキーを食べてきましたが、私の中では「クッキーコーナー」のクッキーは特別なんです。それは思い出の味。ママとお買い物に出かけたとき、良い子にしていたらチョコレートクッキーを買ってもらえたのです。

年々、クッキーのサイズは小さくなっていますが、味は変わっていません。昔ながらのチョコレートチップはホロホロ食感で、噛みごたえ抜群。中に入っているギラデリの大きなチョコレートは存在感大!一方、ダブルチョコレートの方はクルミのカリカリ感を効かせた、西洋キャンディのファッジのような質感に心地良い食感を与えています。

クッキーは重さにもよりますが、一個$1.70前後。少々お値段が高くなってしまっても、いつも大きめのサイズを注文しています。

原文:https://www.frolichawaii.com/stories/best-chocolate-chip-cookies-our-top-5

BY: KELLI SHIROMA

PREV

《スパム15種類》食べ比べてランキングしてみた

《スパム15種類》食べ比べてランキングしてみた

NEXT

モケズ・ブレッド&ブレックファーストがカイムキにオープン!

モケズ・ブレッド&ブレックファーストがカイムキにオープン!

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP