ic_mapオアフ島

マカデミアナッツバターがトッピングされた“美味しくてちゃんとしている”アサイーボウル

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

カカオニブものっています。グリーンジュースやスムージーも飲めるChinatownのお店です。

フローリックのインターンをしているLia Mausolfから「マカデミアナッツバターとカカオニブののった巨大なアサイーボウルがチャイナタウンにあるよ」と聞かされて以来、気になってお店“Well+Proper”に行ってきました。すると、アサイーのほかにもたくさんメニューがあるではないですか。

Well + ProperはSmith Street沿い。Marin Towerの公共駐車場の近くです。

Well + Proper は1月にSmith Streetにオープンしていたのですが、女性オーナーのJenelleが一人で営んでいたため、営業時間が不規則でした。現在の営業時間は営業時間は9:30a.m.~3p.m.と定まっています。ただし平日だけですけど。

Jenelleは最初にカナダのバンクーバーで、オーガニックのコールドプレスジュースとグリーンスムージーの販売を始めていました。売上が急激に伸びた頃、彼女はjuice feasts(ジュースによる浄化)を顧客向けに開始。8年後、もっと活躍の場を広げたいとハワイに移住し、事業を拡大しています。

Well + Properのジュース。写真はWell + Properより転載。

お店を探していた3年前、ふさわしい場所がなかなか見つからず、その間ウェブサイトを立ち上げ、ノースショアのプロサーファー達やその他の顧客向けに、ジュースの定期配達を始めていたんですね。そしてようやく昨年、チャイナタウンのこの場所に出会い、店をオープンさせたというわけ。

Jenelleが言うには「世の中には糖分が高く、オーガニックでない低品質の原材料を使ったアサイーボウルがあまりにも多すぎ」。彼女の目標は「アサイーボウルはもっと栄養価を高くできるはずだし、私が最高のアサイーボウルを人々に提供したい」。

Well + Properの内装はこんな感じです。

椅子は4席だけ。ほとんどの顧客はテイクアウトするそうです。

「”Well and Proper”という名前の由来は「私が美味しくて、ちゃんとしたアサイーボウルを作る。」ということから来ているとのこと。

グリーンスムージーのメニューレシピは100種類を超えるそうです。写真はWell + Properより転載。

ジュースクレンジングのほうは、「ジュースの処方箋によっては、配達は1週間に6本だったり18本だったり。」というJenelle。「人によって本当に千差万別。グリーンジュースのメニューは膨大で、ジュースも入れ替えているため、1週間同じジュースを売ることはありません。理想的には、接種する葉野菜は変えた方がいい」のだそうです。私も葉野菜を変えてみようと思います。だけど今回はジュースはパス。だってアサイーボウルを食べに来たのだから。

それぞれのアサイーボウルに名前はありませんが、何種類もの選択肢があります。

アサイーボウルはSサイズ($7.50~9.50)かLサイズ($9.50~13.25)。原材料はオーガニックです。Jenelleが毎日、オーガニック且つグルテンフリーのオート麦から生グラノーラなどを作っています。アサイーボウルに使用するマカデミアナッツバターも、Nut Mylksも、彼女の手作り。

一番人気のアサイーボウルは、バナナ、ブルーベリー、マカデミアナッツバター、苺、生カカオ、マカデミアナッツミルクを使ったものです。

このアサイーブレンドはそんなに甘くありません。特に打ちのめされるように蒸し暑い天気の日には、とてもいいリフレッシュになります。生カカオニブとクリーミーなマカデミアナッツバターのおかげで、酸味も控えめです。新鮮なフルーツも美味しいのですが、私のお気に入りは生のグラノーラ。典型的なグラノーラほどカリカリではありませんが、噛みごたえのあるオート麦の食感と優しいバランスを堪能できます。

Jenelleから「今度はジュースも飲みに来てくださいね」と言われましたが、仕事がらジュースクレンズはあまり私向きではありませんよね。でも、アサイーボウルに関しては、次回すぐにでも来てしまいそうです。

〔原文 Acai bowl with mac nut butter is Well + Proper  BY: KELLI SHIROMA 〕

PREV

【9月29日開催】ポケフェス直前情報!あのテラハのエリックも参加決定!

【9月29日開催】ポケフェス直前情報!あのテラハのエリックも参加決定!

NEXT

ダウンタウンで朝食を食べるならどこ?

ダウンタウンで朝食を食べるならどこ?

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP