ic_mapオアフ島

新規OPEN!気になる38店舗を一挙ご紹介

フローリック・ハワイ編集部

フローリック・ハワイ編集部

台湾で人気NO.1の新食感かき氷店「アイスモンスター」がワイキキに登場!

台湾のシェイブアイスからフィッシュタコス、ハワイアンプレートにシュークリームまで多彩なラインナップでお届けします。ハワイ料理と日本料理の出店が多く、韓国のホットドッグも上陸。カポレイからカイルア、パールシティーからカカアコに至るまで、話題のレストランが続々とオープンしています。ここではフローリックとして取り上げるに値する、38軒の新しいレストランをご紹介しますが、この数はまさに新記録。クラフトカクテルのバーや食べ放題のコリアンBBQにフライドチキンのチェーン店、コナロブスターロールなど盛りだくさん。すべての情報とともにお店の場所をフードマップにも掲載しました。

 

22 Kailua

ジャンル:カジュアルなコーヒーショップ。夜はお寿司とお鍋のバー。2018年11月下旬オープン。

ブティックを改装した居心地のいいカフェは、Taka Kijima氏の新しいお店。彼はカイムキにある新しい日本風焼き鳥のお店「焼き鳥アンドウ」のオーナーであるTakashi Ando氏と一緒に「コウノトリ」を経営し、現在はDustin Iwabuchi氏と組んで「ハマクアカフェ」も経営しています。どことなく大阪のカフェのような雰囲気で、本格的なプアオーバーと水出しコーヒーを提供。人懐っこいワンちゃんたちもお出迎え。ランチタイムは、おやつにピッタリな日本風の卵サンドと調理パンを、ディナータイムは数種類のお寿司とお鍋を提供しています。

22 Oneawa St., Kailua

 

アリシアズマーケット・ポケエクスプレス

ジャンル:ポケショップ。2018年12月10日オープン。

「ポケエクスプレス」は2018年の火事のあと一度閉店し、現在は60年以上も地元の人たちから愛され続けるアリシアズマーケットと同じ建物にある仮設の店舗で営業中。燻製ローストビーフに加え、メニューを限定してポケも復活すると聞いて、アリシアズのファンが安堵したものです。

場所:267 Mokauea St., Kalihi

 

アサト・ファミリーショップ

ジャンル:シャーベットアイスクリーム。2018年12月オープン。

Neale Asato氏は、クラックシードや地元のみなさんが大好きな昔懐かしい味のアイスクリームの巨匠です。「ビンテージケーブ」や「ライブストック・タバーン」のほか、彼自身のフードトラックでその才能を発揮。写真にあるパステルカラーのシャーベットの噂が口コミで広がり、ダウンタウンでお店をスタートさせました。

場所:1306 Pali Hwy., Downtown

 

バー・メイズ

ジャンル:クラフトカクテルのバー。2019年3月までにオープン。

“ハワイでもっとも予約が取れない店”との異名を持つ人気レストラン「セニア」のChris Kajioka氏の料理の腕前と、Justin Park氏やTomPark氏がバーレザーエプロンで魅せた魔法のようなカクテル技が組み合わさるとなれば、興奮せざるを得ません。BAR MAZE(=マゼは日本語で混ぜるの意味でもあります)は、カカアコの新しい名所になりそうです。

場所:600 Ala Moana Blvd., Kakaako

 

ビアードパパ アラモアナ店

ジャンル:日本のシュークリーム店。2019年1月オープン。

バニラ風味のカスタードが詰まった、空気のように軽いシュークリームのお店「ビアードパパ」がアラモアナにて復活!

場所:1450 Ala Moana Blvd., Ala Moana Center

 

ブラインドオックス

ジャンル:隠れ家的カクテルバー。2019年オープン予定。

新しい隠れ家的なカクテルの店がアルコール販売権を得て、マッドヘンウォーターとカイムキスプレットの間に建築許可が下りたという情報が入りました。引き続き調査中!

場所:3464 Waialae Ave., Kaimuki

 

ダウントゥアース パールリッジセンター店

ジャンル:地元産オーガニックのベジタリアンマーケット。2018年12月1日オープン。

広大なスペースに加えて、新しいダウントゥアースは完全菜食主義のコーナーを拡大。焼きたてのピザにアジアンスタイルのトッピング注文制の丼ぶり、お豆腐を使ったベジタリアン用のお寿司、焼きものなどを取り揃えています。フローリックのKelli Shiromaによると、ホールフーズマーケットクィーンに似ているけれど、もっと地元っぽいそう。常に地元を応援する姿勢は良いですね。

場所:98-211 Pali Momi St., Pearlridge Center

 

フィースト@カフェアナシア

ジャンル:Jon Matsubaraの限定プレートランチ。2018年12月5日オープン。

特ダネ:「ジャン・ジョルジュ・ボンゲリヒテン」や「フロイド・カードーズ」、「アラン・ウオン」や「ピーター・メリマンズ」など数々の名店で働いてきたハワイ出身の男がついに自分のお店を持った時、そのコンセプトは一体どんな感じなのでしょう?

Jon Matsubara氏は、カフェアナシアで平日ランチ限定のお店をオープンしました。バターを絡めたカニのサンドイッチや塩ビーフとクレソンの絶品スープ、海南鶏飯や絶品ハンバーガーステーキなど、テイクアウトしたくなるものばかりです。

場所:2227 S Beretani St, Moiliili

 

Fish Hawaii

ジャンル:新鮮魚介のバー&レストラン。2018年11月オープン。

Gilbert Arangure氏は、もはやハワイの料理界ではかなりの有名人。「ヴィンテージ・ケーブ」ではChris Kajioka氏の元でシェフとして働き、素晴らしいタコス料理を作って多くの食通たちを驚かせました。カカアコの外れで、今勢いのあるLAのコリアンタウンとジョイントを組んだ「チング」のオープンにおいては、Chris Oh氏をサポート。

場所:324 Coral St., Salt at Kakaako

 

フレッシュフィッシュ・ハワイ

ジャンル:ポケ。2018年11月オープン。

特ダネ:「フレッシュフィッシュ・ハワイ」は自分たちで漁を行い、アヒのフィレやポケをトレーラーで販売しています。お腹を空かせたサーファーたちやパイプラインを見学する人たちにはもってこい!

場所:Banzai Pipeline, North Shore

 

ゲン・コリアンBBQ

ジャンル:食べ放題のコリアンBBQ。2019年3月オープン。

特ダネ:このカリフォルニアのチェーン店はオープンする度に行列を作るのですが、パールリッジ店も例外ではないです。食べ放題の「ゲン・コリアンBBQ」はリーズナブルな価格でさまざまな種類のお料理を提供していて、お腹を空かせた地元住民らが日々殺到中。

場所:98-1005 Moanalua Rd., Pearlridge Center Downtown

 

ゴエンダイニング+バー

ジャンル:Roy Yamaguchi氏による最新レストラン。2018年11月オープン。

特ダネ:ハワイカイにある旗艦店の出店以来30年の時を経て、ハワイ料理のシンボルであるRoy Yamaguchi氏が、カイルアタウンの中心にカジュアルなお店をオープン。おつまみや各種カクテルなど幅広いメニューが楽しめ、落ち着いた雰囲気は地元でルームメイトと女子会したい時、アフターファイブに出かけたい新しいお店として、Kelli Shiromaが認定しました。

場所:573 Kailua Rd., Kailua

 

H&T Burgers

ジャンル:照り焼きバーガー、ホットドッグ、ポテト。2018年12月7日オープン。

特ダネ:ウィンドワード地区のシンボルである「H&Tバーガーズ」がコオラウズと提携し、ダウンタウンのパールリッジセンターに新しいコラボ料理のお店をオープンしました。このお店の照り焼きソースの複雑さはまさにアートで、ハンバーガーやビーフ、ホットドッグ、チキン、ポテトと何にでもベストマッチ。鉄板で焼かれたブッチャーペーパーにくるまれたハンバーガーは、どことなく昔懐かしい味わいにほっこりします。

場所:98-1005 Moanaua Rd., Pearlridge Center Downtown

 

ハムクアカフェ

ジャンル:ポケとロブスターロールのフードトラック。2018年11月オープン。

特ダネ:Dustin Iwabuchi氏は、以前ピイコイの居酒屋「コウノトリ」でTaka Kijima氏の右腕として働いていました。閉店して一か月が経ち、カイルアで新たなプロジェクトを立ち上げ、ヌヒアリの駐車場で移動式のカフェ「ハマクアカフェ」をスタート。気になるメニューはコナ産のロブスターロール、ロブスターのビスク、アヒポケボウルなど。近くの「22カイルア」では、KIjima氏と一緒にディナーメニューを考案。お寿司やお鍋など、「コウノトリ」の名物料理が味わえます。

場所:5 Hoolai St., Kailua

 

ハパレストラン

ジャンル:アジアンフュージョンのレストラン。2018年12月オープン。

ハワイカイに「モエナカフェ」をオープンしたのち、シェフのLianna Melo氏はカパフルで新しいレストランを出店する準備をしていました。気になるメニューは、多彩な食が混在するハワイならではのアメリカ+アジアのフュージョン料理。価格帯は$15~$30ほどです。

場所:829 Kapahulu Ave., Kapahulu

 

ハイクラフトキッチン

ジャンル:グルメサンドイッチ。2019年1月オープン。

特ダネ:シェフのCarlog Jorge氏が、ハイクラフトキッチンのために戻ってきました。彼の職人技が光るサンドイッチやカフェ料理をカカアコのアパート、ケアウウレーンで提供。彼は2009年にはカウアイ島のセントレジス・プリンスビルリゾートにレストランをオープンし監修。もっとも最近では、ニューヨークの人気居酒屋「ズマ」も監修しています。

場所:516 Keawe St., Kakaako

 

イルタッポ

ジャンル:イタリアン。2018年11月オープン。

特ダネ:「イルタッポ」は、ラ・フェスタ・イタリアーナで10月にランチのみの慣らし営業を始めました。「ホクラニ・ワイキキ by ヒルトン・グランド・バケーション」のタイムシェアにあるモダンイタリアンで、12月からディナー営業がスタート。サラダやピザ、パスタなど一通りのメニューを提供しているので要チェックです。

場所:2181 Kalakaua Ave., Waikiki

 

アイスモンスター

ジャンル:台湾のスノーアイスとボバミルクティー。2019年1月オープン。

20年近くの間、冷たい綿菓子のようなシェイブアイスでは台湾で一番を誇っているといっても過言ではない「アイスモンスター」。看板メニューのマンゴーシェイブアイスやミルクティーにおいては、3時間もの行列ができるほどの人気チェーン店です。路面店が完成するまでは、「ドンキホーテ」のカヘカ店で屋台販売を行っていたそう。

場所:2255 Kuhio Ave., Hyatt Centric Waikiki

 

リリハ・ベーカリー

ジャンル:朝食・ブランチ・焼き菓子。2019年3月までにオープン。

ココナッツパフとお餅のドーナツで有名な「リリハ・ベーカリー」が、アラモアナセンター内にやってきました!かつてのメイシーズ内・Alan Wongの「パイナップルルーム」があった場所にオープン。炭火焼きのハンバーガー、もしくはバターとシロップがたっぷりで究極にフワフワのホットケーキか?いずれにしろ、店内は常に賑わっています。

場所:1450 Ala Moana Blvd., Ala Moana Center

 

ラブ&ライムズ

ジャンル:ベトナム風のカジュアルレストラン。テイクアウト可。2018年11月オープン。

「ラブ&ライムズ」は爽やかなベトナム風のレストランで、かつてアロハトウフタウンがあった場所にオープン。サイミンやタンパク質を選んでトッピングするサラダ、クラブケーキなどが味わえます。タロイモのチップスに、ソースに漬けられて四角くカットされたアヒがのったポケナチョスが絶品。

場所:735 Iwilei Rd., Dole Cannery Iwilei

 

ラッキーベリー

ジャンル:モダンなラーメン屋さん。2019年6月までにオープン。

チャイナタウンで7年間営業したのち、西側地区にも拡大しようとカマカナアリイに新店舗を計画中。非常に濃厚なラーメンであるBelly Bowlは、豚骨スープに漬かった骨豚バラ・ベーコン・ソーセージから旨味を引き出しているのが特徴です。名物のバオパンは西側地区の住民たちにも人気となるでしょう。

場所:91-5431 Kapolei Pkwy., Ka Makana Ali

 

ミョンランンホットドッグ・ハワイ

ミョランホットドッグより

ジャンル:串刺しの韓国風ホットドッグ。2018年11月23日オープン。

フローリックのおやつ好き、Lee Tonouchiのブログに登場した韓国でもっともアツイ屋台料理「ミョンランホットドッグ」がアラモアナのマカイマーケットのフードコートにハワイ一号店をオープン。油で揚げられたソーセージに、とろけるモッツァレラチーズ。ポテトかライスケーキがついてくる場合もありますが、来店したらおそらくユニークな薬味をトッピンしたくなるでしょう。

場所:1450 Ala Moana Blvd., Ala Moana Center Makai Market

 

ミノリクラフト・ジャパニーズタバーン

ジャンル:地元の食材のみを扱う居酒屋。2019年2月オープン。

塚田農場がブランドを刷新し、ミノリクラフト・ジャパニーズタバーンとして生まれ変わります。最新のインスタグラムによると、居酒屋メニューの大半は残り、地元の農場や業者からの食材を強調しているわけではなさそう。私は塚田の斬新な手法が大好きだったので、ミノリがあまり迷走して欲しくないですね。

場所:1731 Kalakaua Ave., Ala Moana

 

ニウバケット&ヌードル

ジャンル:ベトナム料理レストラン。2018年11月オープン。

カジュアルなバインミーとライスプレートのお店が、コーク通り周辺のタワマン族のためにオープンしました。メニューにこれといって目新しさはありませんが、明らかにこの地区の需要に応えています。

場所:709 Cooke St., Kakaako

 

パイアフィッシュマーケット・ワイキキ

ジャンル:シーフードレストラン。2018年12月オープン。

マウイ島で人気のパイアフィッシュマーケットが2店舗目をオープンしたのは、ワイキキでもっとも人気のクヒオ通り。新鮮魚介のプレートやフィシュタコス、炭火焼きのハンバーガーやパスタなど、ボリューミィなメニューの数々が味わえます。

場所:2299 Kuhio Ave., Waikiki

 

ピザプレス

ジャンル:ピザとビール。2018年12月14日オープン。

南カリフォルニアからパールハイランドセンターに「ピザプレス」がやってきました。早く焼けてカスタマイズできるピザのお店で、州内で計画されている数店舗のうちの第一号店です。ハワイ産やアメリカ産のクラフトビールもタップから楽しめるので、ぜひ足を運んでみてください。

場所:1000 Kamehameha Hwy., Pearl City

 

レイジングケーンズ・チキンフィンガーズ

ジャンル:ルイジアナのチキンフィンガーチェーン店。2018年12月11日オープン。

レイジングケーンがハワイにやってくる日をずっと夢見ていました。数年前にこのチェーン店のことを知ってから、お店秘伝のソースでバスケット一杯のチキンフィンガーを食べたくて仕方がなかったのです。そして、ついに夢が叶いました!! 1店舗目はモアナにあるハワイ大学の近くにオープン。2店舗目は2019年にミリラニタウンセンターにオープンの予定です。

場所:2615 S. King St., University

 

リアル・ア・ガストロパブ

ジャンル:ガストロパブ。2019年3月オープン。

特ダネ:カカアコは、ハワイのクラフトビールのメッカ。小さなブリューワリーから缶詰工場、そしてタップルームに至るまで何でも揃っていて、泡好きの人にはたまらない場所です。「リアル・ア・ガストロパブ」は元々、ビール愛好家たちのたまり場だったのですが、マルカイマーケットの倉庫の工事の前に閉店。満を持して、ケアヴェ通りとハレカウウィラ通りの角にオープン!

場所:502 Keawe St., Kakaako

 

ザ・リップル・オブ・スマイル

ジャンル:ベトナム料理レストラン。2018年12月オープン。

特ダネ:「フランキーフレッシュ」と「ファットグリーク」がかつて建っていた角なのですが、雨期のスコールの時にハノイのフレンチクォーターの路地裏の長屋で雨宿りをしたくなるような雰囲気の店内。ハワイのローカルからも高評価のお店です。

場所:3040 Waialae Ave., Kaimuki

 

ソウルキンパ

ジャンル:韓国風巻き寿司。2018年11月オープン。

当店は以前、ボア寿司があった場所にオープンしました。キンパのLサイズかSサイズに、魚のすり身のスープ、おにぎりがいくつかという、シンプルなメニュー構成です。キンパは軽いおやつに向いていますが、ランチを素早く済ませたい時にも最適!

場所:1111 Bishop St., #4, Remington College Downtown campus

 

ショーティーズ・アイランドカフェ

ジャンル:地元風のカフェ。プレートランチのお店。2018年11月オープン。

当店がオープンしたのは、30年以上もの間「モカジャバカフェ」が建っていた場所。フローリックのブロガーである、Gregg Hoshidaが事前に下見をして、ロコモコを絶賛していました。サイミンやカリカリのコーンビーフ、ハナマルカフェのフライドチキンなど、他のメニューに関しては調査が必要ですね。

場所:1200 Ala Moana Blvd.,215, Ward Village

 

スパイシーインディアンチック

ジャンル:インド料理レストラン。2018年11月オープン。

ノースショアでタコスやエビ以外のお店は非常に珍しい。次回ハレイワに行ったらぜひ、「スパイシーインディアンチック」でロティやカレーを味わってみたいです。インディアンスタイルのブリートーも堪能できるとなると、今すぐ車に乗って出かけたくなりますね。

場所:66-235 Kamehameha Hwy., Haleiwa

 

ザ・ヒバチ

ジャンル:ポケとプレートランチのお店。2019年4月オープン。

特ダネ:カイルア店は新鮮なポケや良質のワインセレクションで知られていますが、軽食が味わえるお店がカカアコのケアウホレーンのコンドミニアムにやってきます。場所は「アンクルボーズ」、「リアル・ア・ガストロパブ」、「HIクラフトキッチン」らの並び。店内ではもちろん、テイクアウトして家で調理することも可能!

場所:502 Keawe St., Kakaako

 

タイニーピラミッド イウィレイ店

ジャンル:焼き菓子・ランチ・ディナー。2018年11月オープン。

以前、ジェントリーパシフィックデザインセンターがあった場所に隠れているのは、ガラスケースの中で宝石のように輝くお菓子の数々。パティシエのPraseuth Luangkhot氏はJJやチョコレートピラミッドで有名ですが、カイムキにあった「JJ’sビストロ」がリース契約の終了から閉店してから、新たな場所でお店をオープンしました。娘のNata氏が経営を任されていて、ラオスやフランスの古い建物のテイストを取り入れた魅力的なレストランです。

場所:560 N Nimitz Hwy., Na Lama Kukui Iwilei

 

アンクルズ・フィシュマーケット

ジャンル:シーフードとプレートランチのレストラン。2018年12月オープン。

人気シーフードレストラン「アンクルズ・フィッシュマーケット」が、12月初旬にパールリッジ東側に面した2階に2号店をオープン。州最大規模の魚卸業者がオーナーであるアンクルズは、新鮮なシーフードを幅広く新しい店内で提供しています。

場所:98-1005 Moanalua Rd., Pearlridge Center Downtown

 

ヤヤズ・バイ・アンクルボーズ

ジャンル:地元のたまり場、アペタイザー。

特ダネ:ワイキキからカイムキへ向かう途中、カパフル通りの中央あたりに位置する「アンクルボーズ」が、カカオカに地元密着型のお店をオープン。ボカロタチーズのパンにタイ風に味付けされたアサリなどが味わえます。アペタイザ―が一番人気で、大勢で取り分けて堪能するのがこの店流。

場所:502 Keawe St., Kakaako

 

ヤングス・フィッシュ・マーケット

ジャンル:ハワイ料理。2019年6月までにオープン予定。

特ダネ:長年カリヒで営業してきたお店が、カポレイコモンズに2店舗目をオープン。つまり、美味しいラウラウ弁当やカルーアポークやピピカウラなどが、西部地区の住民でも食べられるようになったのです!空港に向かう途中に冷凍のラウラウがお土産に買えるのも便利ですよね。

場所:4450 Kapolei Pkwy., Kapolei Commons

〔原文 38 new & coming restaurants: Foodmap December 2018 BY: THOMAS OBUNGEN〕

PREV

「グレース・イン・グロウラーズ」がホームレス支援の家を購入するため店を拡張

「グレース・イン・グロウラーズ」がホームレス支援の家を購入するため店を拡張

NEXT

ドンキ発!ポンドのメガおにぎり、本当に食べたい?!

ドンキ発!ポンドのメガおにぎり、本当に食べたい?!

AREA NEWS同じエリアの記事

TOP